アフィリエイターが本当に仲良くなれない理由

投稿日:2016年11月11日 更新日:

アフィリエイターはキーワードを隠すしかない

 

アフィリエイターって、表面的に仲良くできても本当にコラボでサイトを運営したり出来ないケースが大半なんですよね。

どうしてか?キーワードがわかっちゃうと、稼げなくなったりリスクが増えるからです。売れてるサイトのキーワードは隠します。

上位表示できていても、見た人は本当に稼げているのかまではわかりません。全部把握しているのはASP側だけになります。

cc0160170659_tp_v

この、キーワードもASPから漏れる可能性があります。

担当者が付くと仲良くなって「売れるキーワードを教えてもらえる」などと平気で言っているアフィカスがいたりします。

「それって、いいのかよ・・・」って思うわけです。それ守秘義務情報として外部漏洩しないで欲しいとオレは思うんですよ。「バカじゃねーの?」って本気で思う。勝手にバラシてんじゃねーぞって。これっておかしいですかね?

 

しかも、同業のアフィリエイターにペラペラと喋るってペラサイトだと壊滅しかねない情報漏洩なんですよね。だからペラサイトは早期に脱却した面があります。

ロングテールSEOなら別に何が売れてるとか外部漏洩しても「取れるもんなら取ってみろ!」って構えられるんでね。

 

このことからわかりますが「これは言えない。あれは教えられない。知られると真似される。」アフィリエイトってそういうことだらけです。

それでなんとか上位表示していたり「売れる案件を隠し持っている」ことが多いわけです。

懇親会なんかも「稼いでいるヤツ」に会ってそれを探りたいだけですよ実際。どれだけ稼いでるかを誇張して見栄の張り合い。そして自信がないから儲け方を教えますセミナーをあわよくば開いたり、集まったカモを金にする方法を考えるわけです。

サイトそのものの価値で勝負している人間とアフィリエイトしか手段がないカスとの歴然とした差がそこにはあるんです。

何度でも言うけど、アフィリエイトはサイト価値のマネタイズの手段の1つでしかなくて目的ではないですからね。そもそもアフィリエイターって言葉自体がおかしい。アドセンサーとかアソシエイターとか言わないと思うんですよ。

ウェブサービスやってる人をアドセンサー言わないですよね。あのウェブサービスの開発者とか管理人って呼ぶでしょ。胸張ってオレはアフィリエイターです!って言えるかって言えば結構はずかちいと思うんですよ。

見苦しいですよ。アフィカスは。

 

その真逆なのが2chまとめの連中

アフィリエイターと真逆で「2chまとめ系」のサイトは「横のつながりが強力」です。

別にキーワードもへったくれも無いし、隠している手法もなにもないから協力してアクセスを交換したりするわけです。

検索エンジンからペナルティを受けても「大丈夫な体制」を仲良く強力して構築しているわけです。

検索エンジンからの流入以外の経路を彼らは確保しており「彼ら独自のアクセス流入経路」を確保しています。

>>ワロタあんてな

「あんてなサイト」なんかが象徴的です。2chまとめ系はあの仲間の輪に入ってる人が勝ちで今から参入してもまぁ遅いし、輪に入れてもらえないと無理なわけです。

 

こうやって検索エンジンとは別の「流入経路を相互で構築」しているわけです。ここが検索エンジンのように膨大なアクセスを相互に確保するわけです。

アフィリエイターの場合は、このようなつながりはなく「世間的に叩かれているアフィカス」とは「大体2chまとめサイト」のことを言っています。

一般的なアフィリエイターはメジャーサイトの運営はしていませんので、かなり日陰の存在なんです。

 

物販アフィリエイトだけで食ってる人はなかなか表に出てこない

最近、表に出てきて発言するアフィリエイターが増えているのですが「影でこっそり稼いでいる人」のほうが圧倒的に多いです。情報販売などをするために表立って出て来る人は増えているように見えますがそれには事情があります。

基本的に物販アフィリエイトは「集客の手法」が全てです。つまり「上位表示ができる方法」をみんな知りたいので、それが売り物になる期間は重宝されます。しかし、それができなくなると「量産しろ!」と言い出すしかないわけです。

 

ペラサイトが上位表示できなくなった後の超量産推奨

量産と言えばペラサイトですが、昔は100サイトで10万とかバックリンクで上位表示で行けたわけです。しかも3ヶ月程度で。

それが今は、その何倍ものサイトを量産してやっと行けるかどうかなわけです。

しかもバックリンク手法がより難しくなったので、使いたくても使えないわけです。単純に「手法として破綻」しているのです。

100で行けた時代は見事な手法ですが、300、500の母数を必要とするなら「もうだれもやらない」ですよ。そんなアホみたいに作って1サイトあたり200円とかじゃ、他の方法のほうが全然単価が上がります。1000サイト作成で月20万程度の売上ならAdSenseのほうがまだマシになる計算です。バカかって話なんですよ。

今後は間違いなく、ページ数の多いサイトが益々有利になります。シリウスなどでペラサイトを量産するよりも「ワードプレス」で記事数を追撃してキーワード強化するほうが効果の高いサイト作成が可能です。

ペラサイトを作っても「狙いのキーワード」が上位表示できない場合は、そのサイトはノーカウントです。無価値です。

しかし、沢山あるページの1つとなる記事追加型のサイトはたとえその記事が失敗してもプラスになります。

つまり廃棄されるコンテンツが減らせます。あまりにダメな記事は削除したほうが良いのですが、その場合でもドメイン代が増えるわけでもないし管理も簡単です。

FTPソフトに登録しているサイト数がドンドン増えていくと、連番を付けて管理しているとは言え、スクロールさせるだけでバカバカしい感じがします。

 

無料テーマも充実したワードプレスが初心者にもカンタンでおすすめ

ワードプレスなら複数ページが今すぐ作れます。ヘテムルサーバーはSSDで非常に反応の早いサーバーです。

このブログもワードプレスで即席で作ったブログです。テーマは無料のスティンガー系を利用しています。SEO効果も抜群です。これ以外の余計なお金がかからないのも魅力です。

初心者の場合もヘテムルならば電話サポートも付いているので安心です。

WordPressが簡単・すぐに使える『レンタルサーバーheteml(ヘテムル)』 

 

 

-未分類

Copyright© スーパーサイトアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.