アフィリエイトが儲からない原因を全部ぶっちゃけ曝露!

投稿日:

アフィリエイト 儲からない

こんにちは 千葉名人です!

今回は

物販アフィリエイトが儲からない理由

についてのお話です。

 

物販アフィリエイトが儲からない人は全体の95%

 

アフィリエイトはパソコンがあれば誰でも始められるので、沢山の人が参入してきます。

とても参入障壁の低い商売です。

アフィリエイターの95%は月に1万円未満しか儲けられていないという統計がありました。

 

どういう調査をしているのか、自分がそのアンケートに参加したわけでもないので信憑性はわからないのですが、実際それくらい儲からないものだと何年も思っていました。

 

世間一般的にアフィリエイトは儲からないと思ってる人はかなり多い

例えば、わたくしめもA8ネットはかなり昔から登録していました。

そして、アフィリエイトの基礎知識なしで月間30万PV程度のブログに広告を配置して、アフィリエイトをしました。

何一つ売れませんでした。何一つです。

 

だから「AdSense最強だわー」とページビュー至上主義者になったのですが、アボセンスが怖くなって「アフィリエイトって本当に稼げないのか?」と調べるようになりました。

そして、スーパーアフィリエイターと呼ばれる月に100万円以上稼いでいる人にお金を払ってコンサルを受けてペラサイトを量産しました。

3ヶ月がむしゃらに作業したけど全然稼げずに「やっぱり、アフィリエイトは儲からないじゃんかよwwwwwwwwwwww」と泣き叫びました。

その時の怒りから生まれたのがこのブログだったりします。

 

アフィリエイトで稼いでいる人は嘘をついていると思っていた

だから、アフィリエイトで稼いでいる人なんて嘘を付いていると思っていました。ASPも、インチキ会社で自己アフィリエイトで利益を出しているだけだと思っていました。

実際に、アフィリエイターではない友人と話をしてたら、「あんなの儲からないし、自己アフィリエイトする人をカモに儲けてるだけでしょ?」と真顔で言ってました。

自分も少し前までそう思っていました。

 

アフィリエイトで儲からない理由

☑ ターゲットを絞って集客する

アフィリエイト案件を使うことでプラスになる見込み客(ターゲット)を絞って、その人達を集客しなければなりません。

AdSenseの場合は人があつまればなんでもOKなので、野次馬みたいなターゲットをとにかく集める刺激的なコンテンツや、トレンドブログのような短期間で爆発的に人が集まるものを次々と投稿するとお金になります。しかし、物販アフィリエイトの場合はそれでは、全然儲からないです。

だからアクセス数はそれなりに必要なのですが、AdSenseなら5000ユニーク程度集めて1万円とかでも、物販アフィリエイトなら一人来て1万円稼げたりします。

集客の質が重要になります。そのためのコンテンツとキーワード選定。案件選定が必要になります。そこそこ覚えるまで時間がかかるので、簡単にすぐに稼げるようになれません。

 

☑ 送客専用のキラーページが必要

ブログでも、なにかを紹介してアフィリエイト報酬につなげる場合は、キラーページが必要です。

ランディングページ(LP)と呼ぶ場合もありますが、アフィリエイトでお客さんを広告主に送客するための専門のページを用意します。

ペラサイトの場合は、この送客ページに商品紹介とコンテンツがトップページにすべて入っています。凝縮されているのでペラサイトは上位表示されたら今でも強いです。その上位表示が難しいので、ページ数の多いサイトでコンテンツを積み上げて時間をかけて、ドメインパワーをアップさせて、なんどもリピートアクセスしてくれるユーザーを増やす方法をこのブログでは推奨しています。

ページ数の多いブログは、広くロングテールキーワードと呼ばれる、ライバルの少ないキーワードでサイトに人を集めて、ターゲットにマッチングするコンテンツで吸い上げて、教育してからキラーページに集めて送客したりします。

AdSenseはとにかく、アクセスを集めることがポイントになるので特に上記のような工夫やノウハウは必要ありません。

この最低限の基本がわからないと、アフィリエイト広告をページにただ貼り付けてもなにも売れないので全然稼げないことになります。

これを知りませんでした。これをスーパーアフィリエイターがお金を払ったら「重要ですよ」と教えてくれたわけです。実際に稼いでる人が言ってるんだから、そうなんだろうと信じてがんばりました。実際そうだったのですが、こんどは稼げるまで時間がやたらかかりました。

 

☑ とにかく時間がかかる→続けられなくなる

サイトを作ってもなかなかgoogleなどの検索エンジンに評価されるまで時間がかかります。三ヶ月、半年、一年後になってやっとアクセスが伸びてくるサイトもかなりあります

その間、儲からないのでやめるひとが続出します。継続していけば、成長していけて売れる可能性が伸び続けるので、稼げるようになれる可能性が増えます。

→ 成果がでないと人間は続けるのが苦しくなっちゃいます。

だから早い段階で売れる人はラッキーです。

それでも、そこから伸びずにさらに挫折する人がその後に無数に出てきます。最初の三ヶ月から半年の期間に複数の挫折要因が襲ってくるのを体感しました。

三ヶ月以内に「なにか売れてくれると、その後も続けられて稼げるようになれる」というパターンが多いと思います。

 

早いと1ヶ月。長くて3ヶ月前後で挫折する人が大半

早いと1ヶ月。頑張っても3ヶ月前後で挫折する人がメチャクチャ多いとスーパーアフィリエイターの先生が言っていました。

わたくしめは4ヶ月目くらいのタイミングで挫折しました。そこからブランクがあって、その後、奇跡の復活を果たしました。

 

それもラッキーだっただけで、後から先に作ったサイトから売れて報酬が出てきたからです。

その時はアフィリエイト作業ができないくらいガッカリして絶望していました。

その詳細はこのブログに全部記録してるので、気になる場合はチラ見しといてください。

 

アフィリエイトは稼げるまで時間がかかるので副業スタートが良い

サラリーマンが会社やめていきなり専業でやるのはやめたほうがいいです。稼げるようになれる人は、本当に全体のごくわずかだと思います。

やればやるほど思うのは、結構、運要素もあるということです。

 

また副業でやって、沢山稼げてからフリーランスになるパターンなら心に余裕がある状態で作業できるので長く続けやすいと思います。

追い込まれた精神状態で、火事場のクソ力で頑張るというのも1つの手なのですが、とにかく売れるサイトが育つまで時間がかかります。

 

だから、最初から無理に飛ばして作業しまくると期待値が高いほど「燃え尽きちゃう可能性のほうが高い」と思います。

初心者ほど、作業を少しセーブしたほうがいいかも知れません。高い集中レベルで継続できると成長速度が早いと思います。

かといってサボるのはダメなんですけどね。実際、ほとんど作業せずにサボってしまう人が大半らしいのでw

 

売れるサイトを作るのは「針の穴」を通すように難しい

売れる案件→ 売れるキーワード→ 売れる構文→ 高いCVR→ 7割以上の承認率(採算が取れる承認率)→(連日売れる)

これが、物販アフィリエイト成功の方程式です。

 

やればやるほど、これは非常に難しく、数を無茶苦茶こなして偶発的にハマるのを期待するほうが効率がいいと今の段階では思っています。

そうしていると、新しい成功パターンや売れる構文。以外なキーワードでの売れるケースが増えていきます。

そのデータを検証して、売れたパターンだけ残して失敗したパターンを排除していくと、自然と独自手法が確率できます。

 

ただし、しっかりとリサーチして考えてその上で作るのが難しい記事や、キーワードで送客するなどの思考を放棄しないことが大切です。

作業そのものは雑に。しかし、その根本にある思考は根拠がある状態。アクセスが伸びたらサイトを清書して仕上げる。これがいいと思います。

 

それと、リサーチがとても重要です。ジャンルに詳しくなってターゲットに詳しくなると、なにがポイントか明確になるので需要が見えてきます。

 

期待値を下げて「売れたらラッキー」程度からスタートしましょう

すごく地道に毎日作業を1時間でも続けて「売れたらラッキー!」みたいな感覚で最初はスタートするといいです。

そして売れまくってきたら独立。もしくはそのまま副業でやれば良いと思います。

例えば、時々12時間ぶっ続けで作業するより、地道に毎日1時間でも継続していくほうが強いです。

 

空気を吸うように淡々と地道に続けていけば、稼げる可能性はUPし続けます。

これだけは間違いないと思います。

 

 

-未分類

Copyright© スーパーサイトアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.