アフィリエイト

【壮絶】アフィリエイトとgoogleアルゴリズムの恐ろしい関係とは?

投稿日:2018年3月15日 更新日:

アフィリエイトとgoogleアルゴリズムのおそろしい関係

「人間万事塞翁が馬」

千葉名人です!

今回は「アフィリエイトとgoogleアルゴリズム」についてのお話です。

 

アフィリエイトの報酬は不安定

アフィリエイトの報酬は不安定で毎月報告してたのですが、今後は不定期にさせてください。

 

報酬が伸び悩んでる中、googleが変動しまくっている状態でこれが想像以上に精神的にきつすぎる・・・

 

とにかく、アフィリエイトはgoogleのアルゴリズムの変化で大きく売上が左右されます。非常に不安定な収入と言えます。

現在まで、なんとかおかげさまで、順調に報酬は長期では伸びてきてるのですが安定感はありません。

 

当初の目標の50万円発生はクリアできたのですが、ここまでくるまでフラフラ状態になっちゃいました。

 

特に2017年12月6日のgoogleアルゴリズムの変化は強烈でした。メインサイトはどこかに消えて、報酬が半分以下になって青ざめました。

 

本当に、アフィリエイトやってるとgoogleのアルゴリズム変動が精神的にキツイものです。

 

サイトアフィリエイト初心者の頃は、稼げてる人が羨ましいだけでアフィリエイトとgoogleのアルゴリズムについて理解してませんでした。

でも、実際にそこそこ稼げるようになってくると毎日報酬が発生するのが当たり前みたいな感覚になってきます。

 

報酬が発生しないと精神がブルーになってツライという状態になります。アフィリエイト報酬中毒者状態です。

 

そこで、googleが大変動してサイトがやられちゃうともう頭がおかしくなる。怖い!!!

 

 

googleで規制されているジャンルが増えている

これまで、わたくしめは物販アフィリエイトメインで「サプリメント」などの取扱が多かったです。

 

しかし昨今「規制」が厳しくなりgoogleも企業サイトを優遇するようになってきてしまいました。

 

検索クエリ(キーワード)で、そうなってしまったものと、そうではないものが混在しているという『混沌とした状況』になっております。

 

リアルタイムで、この大波を体験した結果、このキーワードはダメだ。このキーワードは行けるという判断が瞬時にできる能力を体得しました。

 

直感で検索結果をみたらわかります。理論的に説明するのが難しいのは、クエリごとにまったく違うからです。ずーっと監視してきました。

コンパスやGRCだけではなく「生で検索」して生データをずーっと見てきました。

 

他のアフィリエイターの方もいろいろと話してたりするのですが、ものすごく意見がバラバラですよね。

 

クエリごとに傾向がまるで違うので、小手先で攻略法を考えていると今後はさらに疲弊すると思います。

 

 

ホワイトハットSEOサイトがやられた

googleの「パンダアップデート」とか、「ペンギンアップデート」の時、オレの手持ちサイトはグングン順位UPしてアクセスが増えていったんです。

だから、googleの変動大歓迎だったんですよ。それが、2017年12月6日のgoogleのアルゴリズム変動だけは違ったんですよ。

 

ホワイトハットサイトをここまで叩き潰すのか・・・と

その後、修正を沢山入れてたりしてるうちに、ある程度アクセスが戻ったサイトが増えてきたのですが、ホワイトハットがブラックハットに理不尽に負けるのは勘弁してほしいです。

真面目にやる人がバカみたいだ・・・

 

これは単純に規制によるgoogleのアルゴリズム変更であって、国の命令だとかgoogleの自主規制だとかの理由はどうでもいいんです。

 

事実として規制してるという部分が重要で、そのリアルを見て正しい判断をしないと潰れるのは自分ですからね。

 

 

2017年12月6日からgoogleは変わった

2017年12月6日以後のgoogleは、その前のgoogleとはかなり違うので、初心者が参入するなら、医療、健康関係のジャンルは避けたほうが良いと思います。

 

今後、金融なども含めて規制の動きが広がっていくと言われています。

 

ジャンルで言えば医療、健康に関わるものと「お金関係」ですね。

 

医療は具体的には「美容整形」などクリニックが提供している医療行為のサービスです。

 

健康サプリ系なら、病気が改善する系や予防できる系などこれも、医療に関係する系は特に避けたほうが良いですね。

最近、ダイエット系のキーワードも動きまくっています。どこが大丈夫とか断言できない状況になっています。これ以上規制されないように、ルールを守ったサイト運営をして風雪を耐え忍ぶしかありません。

 

上記は、規制も「止む得ない」と思うジャンルではあるのですが、googleが一括でアルゴリズムで処理してしまうのも「乱暴すぎないか?」と感じています。

また、医療系に対する国の規制もはっきり言って雑で乱暴なものです。

 

 

ヤブ医者が喜ぶだけ

例えば、ヤブ医者にかかりたくないから、「第三者視点のクチコミ評判サイト」で屈託のない意見が知りたいってオレは思います。

「失敗例」だってあるし「リスク」を事前に知ることができるのは、『第三者の体験談』だったり『ビフォーアフター』ですよね。

 

実際に飲んだらどうなった?「ビフォーアフターが事前に見たい」というのは当然の需要で、そこに嘘がなければ問題ないと思うんですよ。

 

嘘があること自体が問題なわけで、そこを乱暴に「まるごと規制」するって、国民・消費者の目線でもなんでもないと思うんですよね。

 

 

ルフォーとかぶっつけ本番とか恐ろしいですね

例えば、ぶっつけ本番で「ルフォー」とかの整形とかするんでしょうか?

カイジみたいな顎になるのが当たり前の、ヤブ医者にかかっても、国や役所は知らん顔でしょw

 

目頭切開とかだって、ビフォーアフター画像見てると結構切り込みが深すぎて宇宙人みたいになってる人いるじゃないですか・・・

あれで医者は成功だと思って宣伝してたわけですが、あれを見て「やめとこ・・・」って思った女性も沢山いるわけです。

 

他には「レーシック」ってあるじゃないですか。あれも、結構体験談を見て「これやべーじゃん・・・」とか思って踏みとどまった人多いと思うんですよね。

 

レーシックってホリエモンがやたら宣伝してるんですけど、なんで目医者はコンタクトレンズすらせずメガネかけてる先生が多いのか?レーシックすりゃいいじゃん!って思うんですよ。なんでやらないかって、潜在リスクが結構あるってことですよ。

単純に「情報は規制すりゃいいってもんじゃない」ですよ。我々には知る権利がありますからね。

 

結局、海外サイトに日本のユーザーが流出するだけという、アダルト規制と同じことになると思うんですよね。

 

国内規制で日本だけやったところで、海外ではモザイクなし著作権無視のXvidosのようなサイトがゴロゴロしているので、世界と連携してコントロールしないと「日本だけいい子ですね!」みたいになって、結局アダルト産業みたいに自国の首を締めるだけになるのがオチでしょう。

 

でも規制されちゃってるところで無理してがんばってもサイトアフィリエイターとしては報われないし、リスクしかありませんよね?そもそも、医療系なんてCVRも承認率も・・・なジャンルですし。

 

この機に、新しくジャンルを勉強しキャッシュポイントを「新規」に作り増やしていく必要があるということでしょう。

 

-アフィリエイト

Copyright© スーパーサイトアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.