キュレーションサイトの台頭でアフィリエイトは終わる

投稿日:2016年11月13日 更新日:

DeNAのような上場企業がアフィカスになってる件・・・

DeNAと言えば、モバゲーで有名な上場企業で横浜ベイスターズの親会社です。

そのDeNAが、医療ジャンルや金融、美容ジャンルなどでアフィリエイト記事をキュレーションと呼ばれるパクってリライトするやり方で量産してるわけです。上場企業がパクリリライトとか恥ずかしいことしてると思うのですが、Googleは普通に上位表示してるので、どう考えてもアフィリエイトは今後さらに厳しくなる可能性が高い。

c777_retoronakameratojyosei-thumb-autox1600-14885

ただですね。アフィカスサイトが利益を奪われるからって、アフィカスが必死にキューレーションというゴミサイトを叩く構造は、おまえもアフィカスだろ!ってオレもアフィカスなんですが思うんですよ。

ただ、上場企業がパクってリライトしてキュレーションとか言って三次情報以下の記事を量産している構図はダメすぎると思います。このままでは現実的にキュレーションサイトにアフィリエイトサイトは駆逐されますよね。

今、大規模でやっててビックキーワードも制覇しているサイトは特に厳しくなると思います。どう考えてもジャンルがかぶってるところは100%やられてしまいます。マジで強すぎる。

ここまで完璧にGoogleを攻略するとか・・・ちくしょー!

 

車関連などもキュレーションサイトにやられているみたいで、案件で言うと「車査定」ジャンルで結構、報酬の高い系です。

マジで個人アフィリエイターにはヤバイ流れですね。美容や金融もやられてしまうとマジでキツイ・・・

 

現在はキュレーションサイト事業は赤字らしいのですが、DeNAはずる賢い会社なのでサイトに「ガチャ」を実装するかも知れません。

 

はっきりいってキュレーションサイトに勝てるわけがない!

ぶっちゃけ勝てるわけがない相手だと思います。キュレーションサイトとか強すぎます。やってることが上場企業なのに狡すぎる!

大資本を持っているんだから、雑誌出版社や新聞社のように独自取材で1次情報レベルのコンテンツを発信して欲しいと思うのですが、利益を優先すると「パクってリライト」で量産。効率的ですね・・・

しかし、アフィリエイトって何年に1回のペースで大異変が起こってドンドン厳しくなってますよね。ペンギンとかパンダとか。最近の大変動とか。

ただ、アフィリエイトサイトって「ペラサイト量産」や「専門サイト」「特化サイト」などがあるのですが、やってることは全部「集客」です。

 

欲しい人に売れてる商品を売るのが物販アフィリエイト

物販アフィリエイトは基本的に「欲しいと思っている人に売れる商品を紹介して売上を作る」わけです。

しかし、リピーターからの収益は報酬として得られない。商売で一番旨味があるのはリピートなんです。

だから、アフィリエイトは非常に効率の悪いビジネスだと思っています。「そんなことないわ!」と素人どもに言われるのですが、これは商売をやってる人間なら真っ先に気がつくことですよ。

 

現実の話「フルコミッション営業で売れたら報酬ください!」って頼まれたら「是非お願いします!」ってなりますよ。

アフィリエイターはフルコミッション(出来高報酬)の営業とやってることはまったく同じです。

それくらい、広告主側にとって美味しいビジネスモデルですから。

 

なぜアフィリエイターは突然、収入が激減するのか?

例えば、フリーランスで自分は年間でおよそ5社くらい集客して実際に顧客化するのは1社程度です。それで年額100万円くらいの新しい売上を確保することができます。リピートで同じサービスを何度も何度も同じ会社が頼んでくれるので安定した売上が立つんです。

でも、これアフィリエイトで考えたら5件発生の1件確定で、仮に1万円貰えても、自分が広告主だったらその100倍以上の売上を確保できちゃうわけです。

元々商売やってる人間からしたら、アフィリエイトを専業でやるって選択肢は無いんですよ。あり得ない。不安定すぎる。

 

既存客は毎年2割「売上から減少するもの」と言われていて、実際にそのとおりでした。キッチリ一年単位ではなく、期間が長くなるほどにそれに近い数字になります。

新規開拓は絶対に必要です。

ただ商売として強いのは間違いなく「リピーターからの収益を得られる仕組み」を持ったビジネスモデルです。広告主がその立場です。アフィリエイトで先月まで100万円以上毎月稼いでいた人が「突然稼げなくなる」理由は、リピーターが収益化しないからです。

新規開拓は一回キリの繰り返しなので、いくらリスク分散させても無理ですよ。一番儲かる根っこの部分を抑えているのは広告主ですから。それは新規顧客ではなくリピーターの生み出す収益ですからね。安定します。逆にアフィリエイターはどうしたって不安定になります。

 

 

アフィリエイトは完全放置でも集客できるサイトを作ることで旨味がでる

それでも、アフィリエイトをやるのは「ネットでの新規集客は仕組みを作れば放置で回る」からです。

 

つまり、放置でもちゃんと継続して集客できるサイトやブログを作ってしまえば、そこそこ美味しい商売だと言えます。

ただ、キュレーションサイトみたいなのが出てきて特定ジャンルは食い荒らされて荒野になるかも知れません。

アフィリエイト専業は色々と環境変化があると厳しいですね。

 

ネットの商売は「自分で独自の商売」を持っていると、このような異変があっても痛くも痒くもないんです。

 

実際には、Googleのアルゴリズム変動でモロにダメージを受けているアフィリエイトサイトが多いじゃないですか。

でも、自分独自のサイトの場合、別に上位表示されなくても見込み客レベルで集めてじっくり教育して「自分のサービスに合致する集客」が出来ればいいですから気楽です。

リピーターになれば、内部でフォローする仕組みでカバーすることができます。メールマガジンでも良いので顧客だけと共有できる情報は広く流出することもありません。集客は真似されて、刺激に慣れられるものですので、効果が一定期間後に消えます。チラシやDMなどの集客では常識です。ネットも実際に同じ法則が働きます。

自分独自のサービスを提供している場合、集客が足りないなら「PPC広告」を打てばランディングページに集客できます。

これでも「新規顧客」を獲得することができます。コンテンツ不要ですのでかなりイージーです。リピーターになってくれれば、何百倍以上の売上になります。

 

比較すると、圧倒的にやることは「物販アフィリエイト」のほうが難しいです。正直、物販アフィリエイトは難しいです。かと言って「アフィリエイトで稼げるからスゴイか?」と言えば、長期継続しないなら「あぶく銭」だと思います。

 

今後さらに厳しくなるアフィリエイト

「アフィリエイターとしてそれだけで食べる!」というのは今後ドンドン厳しくなりそうです。ぶっちゃけアフィリエイト報酬だけで食うって不安で無理ですわ。別に収益サイトを持ってサブで稼げれば儲けもの程度の感覚でやるほうが全然良いです。

 

アフィリエイトはサイトの集客力をマネタイズする「1つの手段」でしかないので、自分のサイトに独自の価値をいかに持たせられるか?・・これに注力していくのが良い方向性だと思います。集客をかなりシビアに覚えられるので、商売の導入部としてとても有益な勉強になるのは間違いありません。

自分もアフィリエイトを本格的にはじめてから知った知識がかなり多いです。キーワード選定のズラシはそのまま応用できる分野が広いです。ターゲットをしっかり集められる集客技術ですので、関連キーワード、悩み系キーワードでの集客技術は磨いて損はないです。

 

キュレーションサイトの次の一手「ASP潰し

関連キーワードを「信じられないレベルで奪っている」のが「キュレーションサイト」と呼ばれるクソサイトです。

キュレーションサイトが狙う次の流れとしては「ASP」等を介さずに「ダイレクトに企業と広告契約」を結んで「収益化」することです。

つまり俯瞰で見れば「物販アフィリエイトのASP」にとっても脅威になります。

 

物販アフィリエイトのASPは企業に営業し宣伝しますので、成果報酬と月額報酬を取り付けます。

そして、広くアフィリエイターに商品紹介をアフィリエイトリンクを配布して頼みます。その成果を分前として払うビジネスモデルです。

 

キュレーションサイトは「集客メディアを自前で持ったASP」みたいなものになることでマネタイズを完成させ収益化してきます。現在、Amazonのアソシエイト広告などが貼られているのですが、今後もこれが続くのではなくトラフィックを増やして大きく収益化するわけです。

最初に「キーワードを制圧」して「宣伝して収益化」できればなにをやってもお金が稼げるので、メディアごと自前でやるという発送です。

アフィカスサイトを上場企業がつくったらこうなったということなのですが、まさかパクってリライトして膨大な文字数で上位表示を大量に奪いなんてウジムシみたいなクソな発想はなかったですわ。

文字数がやっぱり多く「内部SEO」も強烈で「外部リンクも無双状態」です。

こなると我々アフィリエイトで金を稼ごうとするものどもに残されたジャンルは限定的になります。

そしてそこにアフィリエイターが集中する流れになるでしょう。悲観的観測ですが「この件で強烈にアフィリエイトビジネスの脆さ」を感じてしまいました。

 

 

今日は育毛サイトの改善施策

キュレーションサイトに滅ぼされるのはイヤなので、かなりズラシた方向のサイト構築を新しく取り組んでいます。今までのアフィリエイトサイトは、はっきり言ってDenAのようなゴミみたいな記事をリライトで量産とか、とにかく無個性なものが多く皆辟易してるわけです。

いまさらWelqみたいなパクリリライトサイトが上位独占したのを見ても、実はゴミ情報が増えてGoogleがこのままだと魅力を失う原因にしかならないわけです。単純に商売で儲けるための情報をばらまいているサイトが上位を独占した場合、消費者の生の声や利益度外視の本当の情報が稀有になります。

その時に、インスタグラムのようなSNSに益々ひとが流れて出ていくことになります。Twitterもそうですが、その中にもアフィカスアカウントや企業アカウントが混ざるのですが、それでも検索エンジンと違って一般人のユーザーが多いので嘘偽りのない生の声が情報として溢れています。

この価値ってGoogleが、営利を形振り構わず求める企業に攻略されると天井知らずで上がるんですよ。例えば、アフィリエイトのランキングなんてアフィリエイターが儲かる順番に順位が付いていますからね。

そんなの信頼できるわけないじゃんって話なんです。医療系の情報だって医者が発信すると別に嘘ついてまで兼ね稼ごうなんて人は少ないはずなんで、キュレーションサイトみたいなクソサイトとちがって信用できるわけです。

とりあえず、医療情報系は専門家が発信した情報を上位表示するべきでそれすら出来ないならGoogleなんてもうだれも使わなくなるんじゃないんですかね?

SNSはTwitter、インスタグラム、Facebookが人気ですが、Facebookは凋落傾向が一番強く、インスタグラムは若者にも今一番人気があります。

ちょっと前までは無料ブログでみんな情報発信してたわけです。アメブロの芸能人みたいに、「これからご飯いくよ♪」とか「今日は雨でした(´ε` )」とかどうでもいい情報を発信してがんばっていたわけです。

そうです、SNSも大半の情報はゴミなんですよ。でも、ゴミの中に利益度外視のガチの声があるから貴重なんです。●●ログとかも、最近、お金で操作されてるとニュースになりました。そういうものです。

今日は育毛サイトの育毛剤が売れていたので、ページ追加をして水平展開でランキングサイトを作ることにしました。

 

隙間を、突っつく関連キーワードロングテール戦略でがんばります。

 

 

>> 物販アフィリエイトでWordPressでアホの方に稼ぎまくる方法を教えています

 

-未分類

Copyright© スーパーサイトアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.