WordPress

【即効】クロームの301リダイレクトキャッシュのループを止める方法

投稿日:

googleChrome(グーグル・クローム)は、301リダイレクトを自動で記憶(キャッシュ)し、次のリダイレクトまでの時間を短縮しようとする仕組みになっています。

例えば、301リダイレクトの設定をgoogleのクローム(Chrome)で確かめながら操作していると間違ったキャッシュもそのまま残ります。

 

301リダイレクトの設定が「1回」でうまくいった場合は良いのですが、間違った場合にリダイレクトがループしたりリダイレクト先を変更しても修正が反映されません。

 

そこで、即効でクロームの自動リダイレクトのキャッシュをクリアする方法をご紹介します。

 

 

クロームの301リダイレクトキャッシュ・ループを止める

クロームにキャッシュが残ることで発生する問題を解決するためには、クロームのキャッシュをクリアしてあげる必要があります。

 

普通は「クッキー」ごと削除する方法で「キャッシュ」をクリアします。

しかし、それは面倒です。

千葉名人

もっと簡単にリダイレクトのキャッシュだけを今すぐクリア(削除)する方法があります。

 

クロームのリダイレクトのキャッシュをクリアする方法

クロームのリダイレクトのキャッシュを削除(クリア)する方法です。

 

☑ キーボードの「Ctrl + Shift + i を同時に押します。

※ MacはCtrl =コマンド

 

すると、Google Chrome(クローム)の画面が、Google Developer Tools(グーグルデベロッパーツール)画面になります。

 

クロームの301リダイレクトキャッシュのループを止める方法

その状態で、ブラウザの「更新ボタン」をマウスの右クリックします。

すると、メニューが表示されます。

 

そのメニューの中にある『キャッシュの消去とハードの再読込』をクリックするだけで、301リダイレクトのキャッシュがクリアできます。

 

千葉名人

このGoogle Developer Tools(グーグルデベロッパーツール)画面は、htmlやCSSのソースコードの解析にも便利です。

 

今回の使い方も覚えておくと重宝します。

 

>>【独自ドメイン】wwwあり、なしを301リダイレクトで統一する裏技はこちら

 

-WordPress
-

Copyright© スーパーサイトアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.