コンテンツマーケティング集客とウェブセールスライティングのコツ

投稿日:2016年10月26日 更新日:

コンテンツマーケティング集客とウェブセールスライティングのコツ

どうも「千葉名人」です。

 

物販アフィリエイトの関連キーワードやロングテールキーワードでの集客。

 

そして、クロスセルとアップセルのテクニックの手法を公開しました。

 

今回は、「集客するコンテンツ」と

セールスするコンテンツ」を

完全に分離する方法」です。

 

これにより「コンテンツマーケティング集客」と

ウェブセールスライティング」が成立します。

 

コンテンツマーケティング集客とウェブセールスライティング

まず、この2つを「ごちゃまぜ」にしていると、コンテンツの作成段階で迷います。

結果が思うように出ません。

要は上位表示できない状態が延々と続き、見込み客の集客ができません。

 

そして、「物販アフィリエイト」でも稼げない根本的な原因となります。

 

ウェブサイトでの集客は、物販アフィリエイトに限らず、すべて集客です。

 

集客した結果、ターゲットに対して「セールスライティング」によってモノやサービスが売れます。

 

まずは集客できなければ、セールスライティングもなにも無いわけです。

 

順番と優先順位は圧倒的に集客

コンテンツマーケティング集客とはネットで、商品やサービスのターゲットにコンテンツによって集客することです。

 

具体的には、ターゲットが検索するキーワードを検索エンジンで上位表示させることです。

 

大半の人は、集客のコンテンツと、セールス(販売)のためのコンテンツをごっちゃにしています。

明確に分離して戦略を立てなければなりません。

 

 

上位表示できなければ検索エンジン経由の新規集客はできない

このブログはワードプレスです。

 

物販アフィリエイトをバックエンドにした、集客とマネタイズに関しての情報発信をしています。

 

ターゲットは「初心者でこれから、物販アフィリエイトに挑戦し報酬を得る」という意志を持った方です。

 

物販アフィリエイトは、企業サイトの集客から販売の一連の流れよりも「もっとハードルの高い難しい挑戦」です。

 

私は、何年も自社サイトに集客し自社サービスとオリジナル商品を販売してきました。

これは物販アフィリエイトより、実はカンタンでした。

 

それだけ、物販アフィリエイトの集客はシビアです。

理由は、ライバルが異常に多いためです。

強いのではなく、とにかく数が多いのです。

 

ライバルのサイトの中身をみたら、大したことないサイトのほうが多いです。

 

しかし、とにかく数が多いので「検索エンジン」の検索順位で同じようなことをしている限り埋没してしまうわけです。

 

物販アフィリエイトで稼ぐために、そこから脱却して集客する必要があります。

1にも2にも集客です。

 

 

ズラシのテクニックを使うことで、レッドオーシャンをブルーオーシャンにする

そこで、ターゲットを集めるために、関連キーワードでズラして集客する方法などをご紹介しました。

基本的に、これとロングテールキーワードと呼ばれる、関連キーワードに連鎖して生まれるキーワードでの集客がメインになります。

コンテンツの内容は「教えるコンテンツ」です。

 

教えるコンテンツを無料で提供します。

 

フロントエンドは、無料のコンテンツでこれで集客するのが基本戦略となります。

 

よく化粧品などで「お試し無料」のものがあります。

あれは見込み客の情報を集めるために行われています。

 

その上で、見込み客に対して商品提供を行うことで、最初に損して後から収益を生み出すという仕組みです。

インターネットの場合、情報が価値そのものになります。

つまり商品です。

 

このブログなら、文字や画像や動画が商品です。

価値のあるものを、無料で公開し提供しています。

 

その価値を高めて、もっと役に立つ情報を提供しようと試行錯誤しています。

メールなどのリストを集める方法がもっとも実は強烈な方法なのですが、このようなブログの場合は検索結果にダイレクトに反映されます。

しっかりとキーワード設定をして記事を量産していけば、見込み客を自動で集めることができます。

 

それだけで、ものすごい価値があることなので、無料で提供することができます。

ケチケチせずに、出せる情報はバンバン提供して他のサイトで出し惜しみしてたり、ちゃんと教えてくれてないことをバンバンわかりやすく教えます。

この「教えるコンテンツ」で教育することで、喜ばれて成長して貰ってお客さんになってもらうことができます。

 

だから、「教えるコンテンツ」を記事投稿で「拡充」させることが「集客活動」そのものになります。

 

これは物販アフィリエイトをバックエンドにしたサイト運営だけに限定されません。

あらゆる分野のサイトに応用することが可能です。

 

エンターテイメント系のサイトは、人を集めやすいのですが、悩み系などの属性をもった集客が不得手です。

「教えるコンテンツ」のサイトは手作業が多くなる上にアクセスのボリュームは少ないです。

 

しかし、希少なターゲットを集めることができるので、付加価値の高い集客が可能なのです。

 

具体例で、説明するとエンターテイメントサイトで「バストアップしたい女性」を集めることは困難です。

しかし、バストアップする方法を教えているサイトには、「バストアップしたい女性」が集まってきます。

専門性の高いサイトにしてテーマを絞ることで、ターゲットを絞った集客が可能です。

 

そして、そのターゲットにバストアップする方法として、バストアップサプリメント。

豊胸ブラジャー。美容クリニックなどを紹介することができます。

あらゆる分野の物販アフィリエイトに応用できます。

 

ターゲットは絞るほど良いです。つまりサイトのジャンルは絞るほど良いです。

他の話題の記事は入れないようにして、徹底してそのジャンルだけに特化します。

バストアップする方法を教えるサイトで、「育毛する方法」のコンテンツが出てくるとサイトの価値がさがります。

 

 

ニッチジャンルの自社サービス、商品のほうが集客は楽だった

自社サイトのオリジナル商品やサービスの場合、類似商品やサービスが少なく知名度も低いので、ターゲットの母数が少なく、ニッチなキーワードを攻めれば集客できます。

 

上位表示がカンタンなキーワードを攻略すれば集客が成立します。

そして、これがポイントなのですが、リピーターを作ります

 

年間10人集めて、2人の顧客ができれば、年500万円超の売上が成立する計算で商売をしてきました。

 

新規集客がたったこれだけで、良いので気楽です。

リピーターが何度も同じサービスを利用してくれるからできます。

物販アフィリエイトの広告主が報酬を多めに払えるのも、購入客がリピーターになる前提だからです。

 

一番難しいのは、「新規集客」なので、それだけの価値があるのです。

 

フルコミッションの成果報酬で「新規集客します!」言えば、どこの会社も「お願いできるのですか!?」と涙目で喜びます。

それくらい、新規集客は「価値があり難しい」ことなのです。

 

逆に言えば、ものすごいチャンスが「集客」にはあります。

 

 

物販アフィリエイトは新規集客だけが報酬になる

その応用で「物販アフィリエイト」をはじめたら、ライバルが多いので簡単に上位表示による集客ができませんでした。

PPC広告は基本的に禁止されている案件が多く、商標関連は特に入札単価が高くなっています。

なかなか採算が取れません。

 

企業サイトのコンテンツマーケティングの場合、PPC広告などを打って自社のランディングページに集客し、ウェブセールスライティングで勝負できます。

 

セールスライティングは、言うほど難しくありません。

 

それは、もう教科書通り練習して頑張れば、ある程度のものは作成できるようになれます。

外注しても、ランディングページはそこそこのものを依頼で作ってもらうことができます。

 

クエストフォーミュラなどが有名ですが、実際そんなに難しくありません。

フォーマットに当てはめて、作れば良いだけです。

 

つまりセールス、ランディングページを作ってサービスやものを売ることは簡単です。

 

 

いろいろと力説しているコンサルタントが多いのですが、なによりも「上位表示」して集客する方法が重要です。

どうやって上位表示し集客するのですか?

これにちゃんと答えてくださいと、問い詰めてください。大半はお茶を濁しますので。

 

あらゆる手法は「上位表示できないのが最大の問題」になります。

集客が一番重要で、ネットの検索流入の集客はキーワードの検索順位「上位表示」です。

 

 

 

一番難しいのは集客=キーワードの検索順位「上位表示」

コンテンツマーケティング集客が最も難しく、これが原因でウェブからターゲットを集客できずに、みな苦しんでいるわけです。

これは一朝一夕ではいかない面がどうしてもあるわけです。

 

物販アフィリエイトのアフィリエイターの最大の役割は集客です。

 

物販アフィリエイトが、なぜ難しいのか?

 

なぜ、物販アフィリエイトは稼げない人が9割超なのか?

答えが集客が難しいからです。

 

一番難しい、集客が最も重要な仕事だからです。

 

フルコミッションの営業ですので、商品が売れなければ報酬ゼロです。

 

商品を購入する可能性の高い「見込み客や今すぐ客」を、ネットでコンテンツで集客する。

 

そのためのサイトを構築する必要があります。

 

ものを売るのが仕事ではないのです。

 

集客するのが仕事です。

 

コンテンツでターゲットを集客することが最重要な仕事なのです。

 

 

コンテンツマーケティング集客とウェブセールスライティングを分割する

そこで、集客とセールスを明確に分割することが大切になります。

 

LP(ランディングページ)はセールスライティングの専用のセクターです。

 

その他のコンテンツページは集客専用のコンテンツマーケティングセクターです。

 

それは集客だけに専念します。

集客だけを目的にしたコンテンツにします。

そこでは売りこまず集客だけに特化します

 

集客とセールスのセクターを分けなければ、両方失敗する

これを明確に分けて意識しないと「どっちつかずのサイト」構造になってしまいます。

 

集客に成功し「ターゲットを集められている」のであれば、あとはなんとかなります。

とにかく集客が第一です。

 

狙っているキーワードで上位表示する

ことは勿論「ロングテールキーワード」を散りばめ

細かく確実に集客」しましょう。

 

目的別にコンテンツを完全に「腑分け」する「意識」を持つだけで、成果はまったく違ってきます。

 

今後は少しずつ意識してみてください。

 

よくわからないなら、とにかく、ターゲットの集客だけに集中してみましょう。

 

セールスは後回しで大丈夫です。

とにかく「集客」あってのセールスです。

 

先に集客だけに「集中特化」してください。

 

 

集客コンテンツがサイトの資産であり最大の価値である

集客用のコンテンツ部分が多ければ多いほど見込み客を集められます

良いコンテンツは何度もアクセスされて同じ人がリピートしてくれるようになります。

 

購買キーワードが上位表示される要素になり

いきなり購入するお客様」を呼び込む「呼び水」にもなります。

 

割合として、1:9 でコンテンツによる集客が 9 です

 

販売のための要素が1かそれ以下の割合が良いと考えています。

 

そして、このような集客専門のコンテンツ。

 

購入する可能性のある見込み客。

 

今スグ、購入しそうな見込み客を呼び込むコンテンツを「膨大」に増やしていけば、見込み客のアクセスが増え「見込み客の集客数」が増大します

 

これは、無制限です。

その状態を作ることを、物販アフィリエイトでも最大目標とすることが勝利への最短ルートです。

 

 

集客コンテンツの重要性は全ての企業サイトに共通する原理である

これは、アフィリエイトに限定されないことです。

企業サイトを運営している方はショッピングカートやLP(ランディングページ)に誘導するためのコンテンツを充実させましょう。

 

その場合、「購入客も含めたフォロー」をサイトで行う必要があります。

メールで行うことで、外部から見えない形でのフォローを行う方法も有効です。

接触頻度を保っていくことで、リピーターを育てることができます。

 

そして、ネット上でもっとも重要な「新規顧客」の開拓を「サイトが自動」で行う「コンテンツ」を構築する必要があります。

 

それにもっとも有効な方法はページ数の多い

益な情報を満載したサイトの構築です。

外部SEOではなく、内部SEO。

 

流行り廃りのあるソーシャルではなく、延々と続いているウェブ上での検索流入にフォーカスします。

有名人がツイートしてくれて、一時的にアクセスが増大する現象は半日程度で終了します。

ツイートも外部リンクの一種なので、長期でもプラス要素になりますが、ツイートやFBのいいねを意識したコンテンツ作りは避けます。

 

そうではなく、10年後、20年後も廃れない、腐らないコンテンツだけを作っていきます。

すると、やがてサイトを放置してもアクセスは減るどころか「自動」で増え続けます。

 

もし、メールのリストを集める仕組みを仕掛ければ、自動で見込み客を集客し続ける仕組みが作れます。

 

 

ネット集客で無視できない「キーワード選定」

検索エンジンはサイトのtitleキーワードを重視します。

ページのtitleタグの中に入るキーワードであり、h1,h2以下のタグにも重要要素として入ります。

 

検索エンジンは「ページの中身の、メインキーワード」をチェックし順位を相対で決定し「検索結果」に反映しています。

 

ターゲットが選ぶキーワードを見つけ、素早くコンテンツにして集積することが、ネット集客の鍵になります。

 

この最低限のSEOを軽視した企業サイトが多いので、アクセスが集まらないし集客もできないのです。

 

これを軽視し、ただ「有益な情報」を満載したサイトを作っても、なかなか見込み客を狙って集めることが難しいのが現状です。

 

上記のように、

集客を目的としたページ

セールスを目的としたページ

この2つを明確に分けて、それぞれの目的に特化したページコンテンツを作成することが大切です。

 

その上で、見込み客を集めることができるキーワードを「上位表示」できる戦略を身に着けましょう。

 

ビックキーワードも奪いに行くぞ!

今後、我々はビックキーワードも含めて、徐々に力を付けつつ狙って奪い取りに行きます。

 

その間も、しっかりと「スモールキーワード」で上位を着実に確保し稼ぎます。

速攻で稼ぎ「マネタイズ」していきつつ「大きなインパクト」を市場に与えやがて「爆益」を生み出す「成長戦略」です。

 

ワードプレスは、コンテンツを蓄積しサイトそのものを成長させることに適したシステムです。

 

初心者も、ワードプレスであれば安価に簡単にはじめることができます。

 

ブログもあなたも「徐々に成長」し、やがては「巨人」を倒す段階に至ります。

 

集客戦略には複数のアプローチがあり、アクセスを爆発させる手法も存在します。

 

アクセス数よりも、集客したターゲットの質が重視されるのが、物販アフィリエイトです

しかし、その言葉に甘えてはならないというのが、私の信念であります。

 

 

質を高めながら集客のボリュームを最大化する

集客の質を高めながらさらに集客することを目指すべきだという考えであります。

同時運営しているワードプレスサイトでは、アクセスを爆発させる研究とテストを繰り返してきました。

 

別に運営しているウェブサービスを今月中にリリースします。月間1000万PV超を目指したサイトです。

 

以下は、Google Analyticsによる同時接続300人超のリアルタイムサマリーの画面です。

 

300access

 

理論が成立していれば、ネットでは確実に戦略は「炸裂」するようになっています。

 

この手法を物販アフィリエイトにも応用したら、とてつもないことになるのは必然であります。

 

以下の記事もご参考ください

>> 信頼なしで売る方法

>> 関連キーワードを調べる方法と見本サイト暴露!

>> 物販アフィリエイトで稼げない!衝撃の理由を暴露!!

>> 検索順位チェックツールと見本の公開

 

-未分類

Copyright© スーパーサイトアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.