WordPress アフィリエイト アフィリエイトの始め方

サイトアフィリエイトとブログアフィリエイトの違い!ブロガーが稼げない理由を暴露!!

投稿日:2018年7月4日 更新日:

サイトアフィリエイト ブログアフィリエイト 違い

「千里の道も一歩から」

千葉名人です!

 

今回は「サイトアフィリエイトとブログアフィリエイトの違い」について解説します。

 

それぞれの特徴とメリットデメリットを知りましょう。

まったくと言っていいほど性質が異なります。

 

 

ブログアフィリエイトとは?

ブログアフィリエイトとは、ブログ形式でお金を稼ぐアフィリエイトサイトのことを言います。

そのようなサイトで稼ぐ人をブロガーと呼びます。

 

ブロガー本人や、キャラクターが登場し、ほとんど一人称文章で構成された内容になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「あたしが使ったナイトブラジャーは付け心地がよく、ロケットおっぱいになったねと言われるようになった理由は実はこれなんです」のような、書いている本人がそのまま喋ってる文章で商品紹介が行われます。

 

ただし、書いている本人と集まったファンの属性にマッチングした「案件」でなければ紹介するのが難しい面があるので、AdSense(アドセンス)などで収益化するページが多くなる傾向があります。

 

ブログアフィリエイトの場合、基本としてその人そのものの「ファン」を作る必要があります。

 

ファンが、その人を信頼するので、商品やサービスをアフィリエイト経由で購入します。

千葉名人

ブログアフィリエイトで食っている人をブロガーと呼びます。

 

 

ブロガーはYouTuberに近い

ブロガーはイメージとしてYouTuberに近いと言えます。更新頻度が重要で、ブロガーのブログには毎日記事を読みたいファンが集まります。だから、すごいブロガーは1日5記事以上投稿してたりします。

投稿頻度が高くなるほどファンとの接触頻度が上がり信頼関係が強化されていきます。

 

 

ブロガーは更新頻度が重要

人気のYouTuberは毎日動画を定期的に決まった時間に投稿します。これは接触頻度を維持しないと、視聴者が減るからです。

見る側も習慣になるのでリピーターが習慣として動画を視聴します。同じ人が何度も同じ人の動画を見るから膨大な再生数が構築されていきます。

 

これと同じことを「ブロガー」もやっています。

 

 

ザイオンス効果

ザイオンス効果と呼ばれるもので、人間は接触する頻度が高いほどその人のことが好きになります。

毎日見てると「どうでも良かった人」が好きになっちゃう効果です。

嫌いになると見たくなくなるのですが、そこそこ好きなら「大好き」になっちゃうという効果があります。いわゆる「ファン」になる効果です。

 

ブロガーはこまめにツイートしたり、ブログを更新することで常にファンと接触するようにする必要があります。

そうしないと、徐々にファンに忘れられてしまいます。

 

 

 

ブログアフィリエイトのデメリット

ブログアフィリエイトのデメリットは、とにかく更新頻度が重要なので「ファン」を維持するのが大変だということです。

ユーチューバーは毎日動画を投稿する人が、スーパーメジャーになる傾向が強いのですが、ブロガーも同じです。

 

しかし、「サイトアフィリエイト」よりも「自分が興味のあること」を軸に、記事を書くことができるので「記事作成」そのものはサイトアフィリエイトより楽しいと感じる人が多いです。

 

 

 

更新頻度が下がるとアクセスも売上も減る

毎日更新する必要があると思ったほうが良いです。特に最初の半年、1年はがんばって更新し続けるものだと思います。

人気のブロガーは何年たっても、毎日記事を投稿し続けています。

千葉名人

それくらいの熱意と根気強い人に向いているということです。私は熱しやすく冷めやすいタイプですぐに飽きちゃうタイプなので、最高でも3年くらい更新し続けたブログが1つあるだけです。

他は放置してしまい、アクセスも減っちゃいました。情熱が冷めると高い更新頻度を維持するのは困難になります。

 

1年更新しつづけたブログが月間30万PVまで行ったのですが、放置して半年したら1万PVまで激減しました。

 

 

 

ブロガー本人が体験できないサービスや商品は紹介できない

サイトアフィリエイトの場合は商品、サービス、ターゲットをリサーチして情報をわかりやすくまとめることで、付加価値の高い記事を作ることができます。

そこから案件紹介できます。

 

しかし、ブログアフィリエイトの場合は、本人が体験できないサービスはミスマッチになってしまい紹介できないケースがあります。

 

千葉名人

例えば、YouTuberの筋肉ムキムキの男性が「金剛筋シャツ」を紹介するのは良いのですが、「バストアップサプリ」を紹介したら変態扱いされかねません。ファンが逃げてしまう可能性もあります。

なにより付いているファンが購入するターゲットでない場合はミスマッチになりますので、紹介できる案件が限られます。

 

 

 

売れるものが「ファンの属性」に限定されやすい

唐突に、ゲーム実況で人気のユーチューバーが「このサプリで痩せました!」と紹介しても、「いいからゲームやってよ!」と思われてしまうだけで膨大な視聴者がいてもほとんど売れません。

 

ゲーム実況に付いているファンは「ゲーム関連」の案件を購入する可能性がありますが、他のジャンルはあまり興味がない人が大半ということです。

これは他のケースでもそのまま言えます。

 

そしてブロガーもユーチューバーとかなり似ているので、このようなマッチングの狭さがつきまといます。

千葉名人

やるなら最初から、絞ったジャンルで徹底してそのバックエンドだけを売る形やAdSenseなどで収益化したり、固定費が貰える案件を契約するなどになります。

 

 

 

記事内容が雑記型になりやすい

ブログアフィリエイトは、その人のフィルターを通して書くのでネタが徐々に切れてきます。そして、どうでもいい内容の記事が混ざってくることがあります。

雑記のようなカテゴリーが無数に増える傾倒の記事がサイトに増えると、なかなか狙っているターゲットを集めづらくなります。

 

人が集まったとしても「関連記事」が無関係な内容だったりするので、内部リンクからコンバージョンが専門サイトと比較し難しくなるデメリットがあります。

千葉名人

サイトアフィリエイトの場合、これとは真逆にターゲットを「購買する人」だけに絞り込み、「売れるキーワード」だけを狙います。つまり『売れる流れ』のみに特化したサイトを構築します。

 

 

実際にやってみると売るのが難しい

ブロガーは本人そのものが最も注目されるので、バックエンド(マネタイズする商品やサービス)に流す場合は直接的に売るのが難しい面があります。

ステップメールなど、ブログとは別のクロージングの流れを作成し、丁寧に「属性」を振り分けて、段階的にコンバージョンに持っていかないと、なかなか稼ぐのは厳しいです。

これは「サイトアフィリエイト」と比較して強く感じます。

 

千葉名人

ブログアフィリエイトは、だれでも勉強しなくても今すぐできます。

しかし、やるのはカンタンですが、そこから「案件」を紹介してコンバージョンするのは非常に確率が低くなります。

よほど、そのブロガーのファンの属性が「売り物を欲しがっている状態」の層でない限り、収益化が難しい面があります。

 

例外として、稼ぎたい系のブロガーがいます。

 

「この方法でこんなに稼げました!」などの情報は、お金を稼ぎたいターゲットに突き刺さります。

バックエンドは主に情報商材などになります。

 

 

 

サイトアフィリエイトとは?

サイトアフィリエイトとは、ASP案件を売るためにターゲットに専門特化したサイトを言います。

ペラサイトやミニサイト。専門サイト、ポータルサイトなど複数の規模と形態があります。

 

※ ここで言う「サイトアフィリエイト」は、「アフィリエイト案件を売るために特化した専門サイト」のことです。

形態はWordPressのブログでもhtmlで構築したサイトでもどちらでも良いです。初心者の方には「WordPress(ブログ)でのサイトアフィリエイト」をおすすめしています。

 

千葉名人

「サイトアフィリエイト」では「ブログアフィリエイト」よりも、サイトを分散させる人が多いです。

ターゲットごとに専門的に「特化したサイト」を作るので、取り組むジャンルの数だけ「サイト数」が増えるためです。

 

 

 

サイトアフィリエイトのデメリット

サイトアフィリエイトは、そもそもが難しいです。

狙っているキーワードのライバルが強いと、検索エンジンの上位に表示できないのが一番の難関です。

 

また「やっていて楽しく感じない作業」が、ブログアフィリエイトよりも圧倒的に多いです。

 

自分が興味がないことを調べて勉強し「リサーチ」して、ターゲットが求める情報を提供するのがメインコンテンツになります。

そういう内容だから「稼ぎやすい」とも言えます。稼げないならそもそもやらない仕事です。

 

千葉名人

サイトアフィリエイトの記事内容は、基本的に「需要があるけど供給がないもの」が適しています。

その後、供給があって稼げるけど競争が激しい「レッドオーシャンにも挑む」という流れです。

 

 

ペラサイトはホワイトハットでは厳しい

またペラサイトなど誰でも作れるものは、ライバルが異常に多く、商標キーワードは毎日新しいサイトが雨後の筍状態でインデックスされて競争してます。

だれでもできるので『参入障壁』が作れず「差別化」が難しいので、売れるキーワードでの上位表示を維持するのも競争が激しいせいで大変です。

千葉名人

例えば、新規案件で「ペラサイトで上位表示できた」と思っていたら、数ヶ月でライバルサイトが無数に現れて淘汰されるなんてパターンはザラです。

 

 

再現性が高い手法は淘汰される

ペラサイトなどは、特にだれでもできて「再現性が高い」ので、沢山の人が同じ手法で次々参入してきます。

さらに、WordPressなどで構築された記事数の多い「専門サイト」などのサブページ(トップ階層以下のページ)に簡単に抜かされたりします。

 

挙げ句、企業の「巨大サイト」も同じクエリに入ってくるとロングテールキーワードがタイトルに入ってない記事に簡単に抜かされてしまうこともあります。

 

どうしてもペラサイトなどの小さいサイトで勝負したいなら、ブラックハットSEOも駆使して中古ドメインも活用できないと、なかなか報酬は伸ばせないという人がほとんどです。

 

千葉名人

オレから言わせたら、現状においてもはや「ホワイトハット」で、ペラサイトやミニサイトを思考停止状態で「日本語ドメイン.xyz」で量産するとか悲惨だとしか思いません。

 

 

 

サイトアフィリエイトのメリット

サイトアフィリエイトのメリットは、膨大なアクセスを必要としないことや、集客からクロージングの流れをサイトで実現できるスキルが身につくことです。

これは、結構難しいことで価値の高いことです。

 

 

更新頻度が少なくてもブログアフィリエイトよりアクセスが安定しやすい

ブロガーのブログアフィリエイトは「アクセスが多いほど収入も比例して伸びる」傾向にあります。

なかなかASP案件とマッチングする記事が作りづらいので、AdSenseなどが収益源になるからです。

 

千葉名人

手法にも大きく左右されますが、サイトアフィリエイトは「売れるキーワード」で上位表示できると、少ないアクセスでも売れるサイトになります。

ライバルサイトやgoogleの変動などにも左右されますが、基本的に安定して上位表示できると更新しなくても収益は安定しやすい傾向があります。

 

また、サイトアフィリエイトの場合、記事内容として上位表示されるまで時間がかかることを想定して最初から作成します。

1年後に見ても「古い情報」にならないように記事を作成します。

 

そのため、アクセスのベースは少ないのですが、放置していてもそこそこ収益は得られる傾向があります。

 

 

ブロガーはアクセスを稼いでなんぼ

アクセス数はブログアフィリエイトのほうが圧倒的に多くなる傾向があります。

千葉名人

サイトアフィリエイトは「アクセス数」より購入者が検索するキーワードでの「ユニークアクセス」と「コンバージョン数」が重要です。

アクセス数のボリューム数よりも、訪問者の「属性」と購入意欲の状態が重要になります。

 

例えば、サイトアフィリエイトの場合、たった「100人程度しか月間アクセスの無いサイト」でも、数万円稼ぐサイトになることがあります。

 

ここにサイトアフィリエイト独自の専門性があり、ちょっとは勉強しないと理解できない点になります。

 

 

本人が体験できないサービスや商品も紹介できる

サイトアフィリエイトの場合は、本人が体験できないサービスや商品を紹介しやすいメリットがあります。

 

一人称ではなく、二人称、三人称の文章で客観的に商品情報を整理して紹介することができるからです。

ブロガーと違い、男性が女性。女性が男性専用商品を紹介することも可能です。

千葉名人

しかし、体験レビューなどがキラーコンテンツになる傾向が強いので、第三者に外注などで依頼して一人称記事を作成するなども当然行うケースがあります。

 

一次情報が最強の付加価値であるのは、ブログアフィリエイトでもサイトアフィリエイトでも同じだからです。

 

 

記事内容が専門特化されやすい

サイトアフィリエイトは狙うキーワードでの上位表示が収入に比例します。

ですので、キーワードがぶれないように専門特化した記事を投稿してガッチリキーワードを固める傾向が強いです。

 

手法にもよりますが、基本的に案件を購入するターゲットが検索するキーワードだけに絞った内容だけに厳選します。

 

そのため、訪問者は興味がある記事だけが表示されるので、アクションを起こしやすいサイトになります。

千葉名人

基本的にこの方式のほうが、ブログアフィリエイトよりも売れやすいサイトになります。

 

 

 

売れやすいが作るのが難しい

サイトアフィリエイトは作るのが難しいです。ターゲットとキーワードと案件を知り尽くして、興味がないとしても勉強して調べてリサーチを重ねて売れるように試行錯誤を繰り返します。

ライバルとの戦いも熾烈です。

千葉名人

手法によってノウハウが微妙に異なり、複数の手法ごとのノウハウを同時に頭に入れてしまうと方向感の定まらないサイトしか作れなくなります。

またノウハウコレクターと言って、ノウハウだけ勉強して実際にサイトを作らない人は一番良くないパターンと言えます。

 

 

 

ブログアフィリエイトとサイトアフィリエイトどっちがおすすめ?

わたしは両方やっています。向き不向きがありますので、どっちがおすすめかは一概には言えません。

 

ただ正直、「ブログアフィリエイトで有名な人」は、実際は数えるほどしかいない印象です。

 

YouTuberと似ていてトップの数がかなり少なく、人気にも依存するので言うほど安定してないと感じます。

しかし、直接自分にファンが付くのは魅力があります。お金だけに換算できないメリットです。

 

また少ないアクセスでも収益化する方法はあります。

 

 

ブログアフィリエイト(ブロガー的サイト)はネットショップや製作依頼の集客におすすめ

ブロガー的なサイトの場合「ASP案件」を売るよりも、「ネットショップの商品販売促進」や、「制作依頼などの集客」などに活用するのがおすすめです。

千葉名人

会社のホームページで会社案内のようなものを作って放置するより、社長や従業員が見込み客や顧客に向けて「情報発信」すると良いでしょう。

大半の会社が本業が忙しく、ネット集客記事なんて書かないんですが「個人でなにかやっている方」にはかなりおすすめです。

 

私も、このブログ以外のサイトで自分の本業の集客で「ブログサイト」を同時にやっています。

そちらでは、特に広告しなくても「お客さんが依頼」してくれるので、新規客はリピータの依頼が処理できないのでお断りしている状態です。

 

元々、独立した時に「集客」でとても苦労したので、時間をかけてターゲットを集めるサイトが作れたことは「後々自分を助けてくれる」と実感しています。

 

 

サイトアフィリエイトのほうが稼ぎやすい

両方やってみて、思ったのは「ASPの商品紹介」で稼ぎたい場合は、サイトアフィリエイトを勉強して行うほうが、サイトの収益化は早いと思います。

 

千葉名人

専門サイトでジャンル特化であるならば、ブロガーのブログ形式であなた自身が登場するスタイルもアリだと思います。

このブログには私が登場して一人称で書いていますが、とにかく文章が書きやすいというメリットがあります。

どちらも一長一短がありますが、両方やって自分に合うほうを選べば良いと思います。

 

または、私のように両方やってみるのが一番良いと思います。それぞれのメリット、デメリットを補完するサイトを構築できるようになれると一番強いです。

 

例えば、ブロガーとしてのブログサイトを「ハブサイト的にアフィリエイト専用サイト」に活用することもできます。

 

サイトアフィリエイトの基本を身につけて、その上でブログアフィリエイトも行えると最高だと思います。

 

 

>>おすすめのASPとその衝撃の理由はこちら

 

 

 

-WordPress, アフィリエイト, アフィリエイトの始め方
-,

Copyright© スーパーサイトアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.