WordPress アフィリエイト アフィリエイトの始め方

ブログアフィリエイトの売れる書き方!ネタなしで稼ぐ方法とは?

投稿日:2018年6月26日 更新日:

ブログ アフィリエイト 書き方

「商いは牛の涎(あきないは うしのよだれ)」

千葉名人です!

 

今回は「ブログ(WordPress)アフィリエイトの書き方」についてお話します。

 

書くネタがないという初心者にも「とっておきの方法」も含めて全部教えちゃいます!

 

 

ブログアフィリエイトの書き方

まず「売る案件」を決めます。

 

そして、その商品を購入するターゲットを調べます。

 

例えば、育毛剤なら「薄毛、抜け毛で悩んでいる男性」「薄毛抜け毛で悩んでいる女性」と細かく分けてターゲットを絞っていきます。

欲張ってターゲットを広げるほど売れにくい記事になります

 

ターゲットは絞れば絞るほど「狙っているターゲット」がズバッと購入してくれる記事になります。

 

ターゲットがgoogleやYahooで検索するキーワードを調べる

そして、そのターゲットが検索するキーワードを調べます。

案件探しとキーワード探しの順番は逆でも構いません。

 

育毛剤なら、「育毛剤 男性 おすすめ」「育毛剤 女性 びまん性脱毛症」などのキーワードが候補になります。

※ キーワード選定は専門のノウハウが必要になりますので、別の機会にもっと詳しく解説します。

 

 

ASPから案件を探す

アフィリエイトで紹介する案件は、ASPが提供する広告を利用します。

googleAdSenseと違い、売れなければ報酬は貰えませんが、Amazonや楽天の何倍も報酬が高く売れだすと沢山稼げるようになります。

 

この仕組を提供しているのがASPと呼ばれる会社で、A8ネットやアクセストレードなど複数存在します。

 

>>おすすめのASPとその衝撃の理由はこちら

 

 

ネタがない人も稼げる記事を書く裏技

ブログアフィリエイトを始める時に困るのがネタがないことです

千葉名人

ブログアフィリエイト初心者の大半は、ネタが書きやすい自分の「日記」や、「趣味」や「仕事で詳しいこと」を記事にします。

しかし、一般人の日記、作業日報、趣味記事をネタにしても有名人ではないので誰も見てくれません。

 

しかも、そのような内容のブログの場合、大半の人が「アフィリエイトにマッチする案件」見つからないことになります。

 

その結果、アフィリエイトでお金が稼げなくて困ることになります

 

私も以前、仕事のブログや日記ブログを作っていました。

その結果、アフィリエイト案件とマッチするサイトを作れず、長い年月「アフィリエイトなんて全然稼げないじゃん!」と思い込んでいました。

 

記事を作成するためには、リサーチが必要です。

 

リサーチをしてしっかりした記事を書くことで、アフィリエイトはコンバージョン(商品が売れる)します。

 

 

アフィリエイトはリサーチが最も重要

アフィリエイトで稼ぐためにはリサーチする力が必要です

千葉名人

リサーチとは、案件とターゲットについて調べて勉強し情報を集めて市場を研究することを言います。

 

具体的には、「売ると決めたアフィリエイト案件」の特徴、効果、口コミ、体験談、使い方、便利な使い方などのメリット。

マイナス評価になっているデメリットなどを調べます。アフィリエイトの場合、良い点だけではなく商品やサービスのデメリットのリサーチも重要です。

 

正直に読者に良い面だけではなく、悪い面もつたえて購入するかどうかの判断を委ねます。

 

 

本当に商品、サービスが欲しい人はデメリットこそ知りたい

本当に欲しい人だけが購入してくれればOKですし、デメリットが許容できると判断したら購入意欲が高い人は即決で購入します。

 

デメリットを本当に教えることが、実は「購入の決め手」になることが多々あります。

 

本当に購入する気になっているから、デメリットが気になります。

 

だからマイナス評価の口コミや、悪評を探して不安を解消したいと思います。本気だから気になるのです。

購入する気がない場合は、そこに興味関心がそもそも持てないのです。

 

☑ あなたもそういう経験ありませんか?

例えばAmazonなどで、なにかを初めて購入しようとした時に、悪い評価が気になりませんか?

 

それを見て、「うわー・・・他の商品にするわ」「なんだこれゴミじゃないかよ」「最悪なサービスみたいだな・・・」

とそのまま思う人もいますし、反対に

「こんなもん単なるクレームじゃんw」「自分はこれは問題にならないわ」「一部効果がない人がいるけど、自分は試してみないとわからないし試したいわ」

と捉える人もいます。

 

これが重要で、購入するしないを「決断する材料」になります。

 

この材料がないと、行動に至らないケースが大半です。余程成約に近いキーワードだと、アクセス→公式→購入と簡単に売れることがありますが、そうではない場合は記事で判断材料のトリガーを与える必要があります。

 

 

正直な気持ちで本当のことを伝えて決断してもらう

売り込まないことと、商品、サービスの良いところだけ見せようとしないようにします。

 

初心者の場合は特に、正直な気持ちで購入者の味方になって書くようにしてください。

売る側になって情報を伝えようとすると「売り込み」「良い評価情報」などしか記載できなくなります。

 

買いたくないと思われるのを恐れるからです。

 

しかし、商品やサービスのデメリットこそが「一番売れるトリガー」になるので、考え方を変えてみると一気に売れる記事に化ける可能性があります。

 

千葉名人

商品を売るページは「公式サイト」(広告主)の仕事です。

アフィリエイターは商品を第三者目線で淡々と紹介するのが仕事です。

キーワードでコンバージョン率も当然変わりますが、基本的にそれも含めて「広告主のプロモーション(宣伝活動・広告費)」に依存しますので、我々は紹介だけに徹底すると良いですよ。

 

残念ながら、売り込みだけの記事は「なんだ、ただ売りたいだけじゃないかw」と思われてブラウザバックで見込み客が最も避ける記事となります。

最終的な売り込みは公式サイトのランディングページで徹底して行われていますので、アフィリエイターがそれをやってたら公式サイトのランディングページと内容が被るという弊害もあります。

 

商品を「売ることがアフィリエイターの仕事」と勘違いすると、売り込みばかりの記事になって全然売れなくなってしまうので注意しましょう。

 

 

体験談ブログの書き方

体験談ブログは初心者のアフィリエイターの方にもっともオススメのアフィリエイトブログの作成方法となります。

自分で実際に商品を購入して使い、商品を写真撮影します。

 

そして、その使用体験談を日記のようにブログに投稿します。

 

 

一次情報は価値が高い

独自の「体験談情報」は、人からパクッたリライトブログとは違う「一次情報」と呼ばれるもっとも貴重な情報です。

 

検索エンジンのgoogleはコピーやパクリの記事や画像を低評価したいと考えています。

 

著作権などの問題もあるので、パクリサイトを上位表示するとgoogleの評判も悪くなってしまうからです。

 

googleはオリジナルの一次情報を高く評価したいと日々アルゴリズムを改良しています。

 

ですので、ブログアフィリエイトでどのような記事をかいて良いかわからない場合は、リサーチと書くネタの両方が手に入る「この方法」が最もおすすめです。

 

初心者で「これからブログアフィリエイトをやってみたい」方も、この方法であれば今スグ始められます。

 

実はこれが最もおすすめの方法です。実際に商品やサービスを購入し体験して、それを記事にして写真が付けられたらベストです。

 

 

リサーチ力を高める方法

ブログアフィリエイトのリサーチは、やればやるほどコツを得ていくことができます。

☑ 調べて記事にする

☑ 売れるように記事を書く

 

これを繰り返していくことで、ドンドン売れる記事、案件が増えていきます。

 

最初に「売る案件」を決めて、調べて記事を書く方法の他、リサーチ力を高める題材としては、「読書レビュー」「映画・ドラマレビュー」記事の作成があります。これも良い練習になります。

 

報酬単価は高くないのですが、基本的なリサーチ力が身につく上に、リサーチすることで記事の質が高まることをすぐに体験できます。

 

私も「自分にも、こんな文章がかけるんだ!」と成長を実感できたのは、「読書のまとめ記事」を書いた時でした。

 

単なるあなたの日常の日記では、ダラダラした文章にしかなりません。

 

しかし、実際に売れている「有名なタイトルの著書」の読書感想文は、読書しないと書けません。

 

自分で調べて要点をまとめる力が身につきます。

これはリサーチ力を高め、アウトプット質を高める要素が全て備わっています。

 

千葉名人

要点をまとめることは、非常に大きな付加価値です。これが初心者の段階で非常に良いリサーチとアウトプットの練習にもなります。

文章を上達するために、『写経』と言って「ライティングの上手な人の文章を書き写す」ことで成長を目指す人もいますが、要点をまとめる力のほうが重要です。

上手な文章よりもまず、わかりやすく要点を抽出して短く完結にまとめる力を付けるように意識してみましょう。

 

 

映画やドラマのレビューは特におすすめ

本の場合は、基本的にAmazonくらいしかマネタイズできる案件がありませんが、映画やドラマなどのレビュー記事は、フールー、ネットフリックスなどのASP案件が紹介できます。

フールーなど「月額で映画が見放題」のサービスはASPに沢山あり、単価もそこそこ貰えるのでおすすめです。

 

これは「自分がみて楽しかった作品」のレビューをブログにまとめて紹介し、そのまま「こちらで月額◯◯円で視聴できます」

「1ヶ月無料で視聴できます」と紹介する形でアフィリエイトできるので初心者も簡単です。

 

しかも、当たればアクセスが得やすくやりがいを感じやすく、映画やドラマが好きなら趣味と実益を兼ねたブログアフィリエイトが可能です。

少し稼げるようになってきたらもっと稼げる難しいジャンルにも挑戦したら良いと思います。

 

 

ブログアフィリエイトの売れる記事の書き方

アフィリエイトサイトでは、上記のように「検索エンジン」で検索する人が「解決したい問題」を明確にし、そのまま放置することのデメリットを洗い出します。

 

次に、解決方法を明記します。

 

それをより効果的に解決することが可能な商品をアフィリエイトで紹介します。

 

これが売れる基本的なフォーマットの1つです。

 

他にも複数の「売れる記事のフォーマット」がありますが、これが「悩み系キーワード」記事の基本となります。

 

☑ これは実は悩み系に限りませんん。

 

本なら、本ごとに題材があり「なにかを得たいがために読書している」はずです。かならずテーマや目的があるはずです。

 

映画なら、「見たいと思っている人が求めているなにか」があるので、その映画やドラマのキーワードで検索しています。

ネタバレや感想を求めている検索意図や、ちょっと見ただけではわからない謎の部分の答えを探している場合もあります。それに記事で答えると良いわけです。

 

その検索意図に答える記事を「簡潔でわかりやすく」作り、売り込まずに「公式サイト」にシンプルに導くのです。

 

 

 

記事数の多いサイトのロングテールでコンバージョンを狙う方法

記事数が多く成約(コンバージョン)からは遠い記事も多く含むサイトの場合、CTAと呼ばれるセクションブロックを各記事の下部などに設置し内部リンクで自前の「キラーページ」に誘導します。

キラーページとは、コンバージョンに導くための専用のページで、商品やサービスを購入する直前の人が検索するキーワードを扱っているページのことを言います。

 

直接的に公式サイトに誘導するのでは、コンバージョンしない成約から遠いキーワードでも、

アイシーズ理論でいう「比較、検討、購入」段階が、少しでも前の記事で前進するようにしてキラーページに渡します。

 

この手法については、いくつかの専門知識を別途必要としますので、また別の機会に詳しく解説します。

 

 

ブログアフィリエイトは独自ドメイン、レンタルサーバーで勝負しよう

なんとなく、ブログアフィリエイトの具体的なやり方がイメージしていただけたと思います。

あとは、わからない部分がまだ沢山ある状態だと思いますが、とにかく実行して手を動かしてみましょう。

 

最後に一番重要なポイントとしてブログアフィリエイトをして本気で稼ぎたいなら「無料ブログではなく独自ドメイン、レンタルサーバー、WordPressがおすすめです。

 

千葉名人

私も無料ブログでは、全然稼げなかったのですが、独自ドメイン、WordPressにしてからそこそこ稼げるようになりました。

 

初心者の方には難しいことだと思うかも知れませんが、実行すれば本当に誰でもできます。

レンタルサーバー会社のサポートもあるので、実際にやりながらWordPressを設置したり独自ドメインをセットするのも今は実にカンタンになっています。

 

☑ WordPressであれば、難しいセットアップが不要なのに高度なサイトを専門知識なしで構築することができます。

 

わからないことがでてきても、WordPressや人気のレンタルサーバーなら検索すれば答えが無数にでてくるメリットもあります。

 

初心者の方には、今こそWordPressでの「サイトアフィリエイト」がおすすめです。

 

>> 千葉名人おすすめのレンタルサーバーランキング

 

 

-WordPress, アフィリエイト, アフィリエイトの始め方
-, ,

Copyright© スーパーサイトアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.