【お笑い】ペラサイトが上位表示できない理由をぶっちゃけ曝露!!!

投稿日:2017年7月31日 更新日:

ペラサイトで上位表示が苦しい理由

「心頭を滅却すれば火もまた涼し」

千葉名人です!

今回は「ペラサイトで上位表示させるのが苦しい理由

についてのお話です。

 

ペラサイトのアクセスがなかなか伸びない理由

わたくしめ、ペラサイト量産をやって、現在180サイトくらいになりますが、やっぱりペラサイトは弱いです。とにかく狙いのキーワードで上位表示させるのが難しいです。

この、わたくしめが「なけなしのお金」で「コンサル」を受けてペラサイト量産で挫折した恨みが「このブログのメインテーマ」でございますが、単刀直入に行きます。

ペラサイトが上位表示できない理由は記事数(情報量)がライバル比較で少ない場合が多いからです。ドメインもパワーが弱いからです。

だからペラサイトは上位表示で苦しみます。そうです上位表示争いで「とことん不利」なのです。

 

ペラサイトからWordPressに移行しなければ死んでいた件

今現在、わたくしめがやってる手法は「WordPress」でページ数の多いサイトを地道に作るという手法です。

WordPressで複数のサイトを作っています。このブログのような形で、そのまま単に物販アフィリエイトサイトを増やしています。

千葉名人

記事数は50記事以上、1000記事未満のサイトが複数あり今も増やしています。ペラサイトはたまーに、ジャンル外の案件でハブサイトから支援しつつ、お試しでUPしている程度です。テスト半分ですよ。

しかしペラサイトは今現在も大半がコケてます。とにかく上がらないですね。

上位表示確率は1%くらいの感覚です。「1割当たれば良い方ですw」とか言ってる人は「ホラ吹いてる」としか思えないほど、ペラサイトは上位表示させるのがキツイですね。

近年ドンドン無理ゲー化する一方ですね、ペラサイトアフィリエイトとかいう手法は・・・

アクセス数を伸ばす方法も運任せ。「水平展開せよ!」みたいに言われても、ドメインを新しく取得してイチイチ新規ドメインでサイトを「ペラで量産していく意味」がオレにはまったくわからないです。マジイミフ。

トップページよりサブページのほうが普通に上がること多いんですよ、今は。サイト全体の力を使って「内部SEO」で勝てばいいんですよ。

 

ペラサイトが上位表示しずらい理由「ロングテールキーワード」サイトに駆逐される

ペラサイトをやっていると、ロングテールキーワードからのアクセスが、ほぼ皆無です。

千葉名人

記事数が少ない=情報量が少ないのでそもそも検索エンジンにヒットするキーワード数の内包量が少ないからです。

☑ ロングテールキーワードとは、「検索ボリュームは少ない」のですが、そこそこ検索される「スモールキーワード」の集まりことです。

そもそも「ロングテールキーワードって何?」という人のための解説をしますね。

ビッグキーワード、ミドルキーワード、スモールキーワードと呼ばれる、検索ボリューム数(検索される数)に応じた呼び名があります。

例えば、

☑ビックキーワードは「育毛」などがあります。

☑ミドルキーワードは「育毛剤 ランキング」「育毛シャンプー」「育毛剤 女性用」などがあります。

☑スモールキーワードは「育毛剤 ランキング 抜け毛予防」「育毛シャンプー 人気 Amazon」「育毛剤 女性用 敏感肌」「育毛剤 リアップ 女 副作用」

のような感じになります。

 

スモールキーワード(ロングテールキーワード)は、「メインキーワード」(title)で設定し狙うライバルサイトが、ほとんどありません。

狙っても大したアクセスが来ないからです。下手すると月間検索数がゼロです。

だから、記事数を増やすことで「自然にスモールキーワードの上位表示」が増えていく「記事数の多いWordPressサイト」が勝手に有利になっていきます。

その理由は、単純にだれも狙ってないからです。たまに検索で引っかかって人が来るようになるのです。しかも属性が絞れているので、「売れやすいキーワード」での集客が実現してしまうという特徴があります。

その結果、あなたのサイトが物販アフィリエイトのキーワードの宝庫と化します。

 

メインで狙うキーワード以外もヒットするのがロングテールキーワードの凄さ

titleタグに設定したメインキーワード以外でも、<h1>タグレベル以下でも検索でユーザーを集めます。<h3>以下のタグでも集めます。本文の文字からも集めます。細かくアクセスを集めることができます。その合算が馬鹿になりません。それがさらに、内部SEOにプラス作用します。

ロングテールキーワードにはライバルはほとんどいません。※ 意識する必要もありません。

千葉名人

これを狙ってtitleにしている人はいないので、偶然で意図せず集まるアクセスが記事数に比例し増えます。専門サイトなどの記事数の多いサイトはカテゴリーでコンテンツをわかりやすく分類し、それをサイト内部に大量に記事として蓄積していきます。

これを固定ページサイトで行う場合、それなりの知識が必要になります。内部SEOを最適化させるのはプロでも難しいのです。

しかしWordPressを利用し、内部SEOに優れた「WordPressテーマ」を適用させることで、初心者でもスグに内部SEO対策ができます

その結果、サイト全体の「情報量の多いサイト」が必然的に強くなります。このロングテールキーワード戦略を採用することで、勝手にアクセスがアクセスを呼び、キーワードが上位表示され、さらにアクセスが増えるという「好循環」に入っていくことができます。

 

記事数が呼びこむ「スモールキーワード」のアクセス

記事数が多いWordPressサイトは「ロングテールキーワードでのアクセス」がドンドン増え続けていきます。

どんどんインデックス時間が短縮されてキーワードの上位表示も短時間で実現していくようになります。ドメインパワーが上がるからです。

ドメインそのものの価値が増えていくことを、ドメインパワーの向上といいます。

 

☑ ペラサイトのように、ハズレドメインを捨てまくる手法の真逆です。

ドメインをとことん大切に育てるのがWordPressなどの専門サイトの基本戦略となります。

 

ペラサイトのアクセスはユニークアクセスとページビューがほぼ同じになる

ペラサイトで、アクセスが伸びてきそうなものは、このような形で上手くいくと初動アクセスが来るようになります。

しかしこのように、ページビューとユニークが同じようなサイトは、アクセスが伸び悩みます。

千葉名人

上手く行くとこのまま、「1日でも100ユニーク前後」までは行けることもありますが、なかなか長続きしない傾向があります。商標ペラサイトはこのパターンが多く、売れやすいのですが長く続かないのが苦しいです。

ユニークアクセスとは、アクセスした人の数です。

ページビューとは、サイトの記事が見られた数の合算です。

ページビューが多いサイトほど、googleに高評価を受けてさらにアクセスが伸びる傾向が近年、加速するように強まっています。

セッション時間が比例して伸びるので、ページビューは大切です。

千葉名人

しかし、考えたらわかりますが、ペラサイトはページ数が少ないので、ほぼユニーク数がページ数になります。

基本として、1人の人が、1つの記事を見て去ります。

これは、キーワードの上位表示争いにおいて非常にネガティブな要素になります。

なぜなら、セッション時間が長いサイトほど上位表示され、アクセスを集めることができるためです。そのようなサイトは、連動するように「ページビュー」も多いのです。

 

ペラサイトで1の価値をWordPressで2倍以上にする方法

例えば、上記のグラフのようなアクセスが初動であった場合、WordPressサイトの場合ページビューが、2倍、3倍と伸びます。

10人アクセスしたら、1人2記事見たら、20ページビューですよね。単純に倍になります。滞在時間も当然伸びます。

この「物販アフィリエイトの始め方.com」のページビューは、2017年7月30日を解析すると「ユニーク 71」の「ページビュー 490」です。

まだアクセスが少ないので、お恥ずかしいのですが、今の時点で、すでにユニークの何倍もページビューがあるわけです。ここが重要です。

訪問者が、アクセスした後に、他の記事も閲覧しているという部分に、この戦略の「ポイント」があります。

千葉名人

この戦略は読まれる「記事数」がすべての土台になります。これがユニークアクセスを増やし、ページビューを増やす原動力になります。さらに新しいアクセスも増えていく要因となり、エンジンが回るように加速していきます。

メインキーワードである「物販アフィリエイト 始め方」の順位も上がっていきます。

単純に地道に続けていけば、これくらいのキーワードなら狙って1位になっていくわけです。

 

ドメイン設定はどうしたらいいのか?

またWordPressで大量に記事を入れるつもりのサイトである場合は、「日本語ドメイン」じゃなくても、「ローマ字で適当なドメイン名」でも全然OKです!

ペラサイトと違い、記事数が多いサイトは、なんのキーワードで実際は稼いでいるかわからなくなります

ペラサイトはキーワードがモロバレですよね。だからライバルが出現しやすくなります。そして、「そもそも弱い」のです。

千葉名人

専門サイトは、膨大な関連キーワードから沢山合算でアクセスが集まるようになっていきます。ライバルも困惑します。本当にサイトが狙っていて「稼ぐキーワード」の実体がわからないのも強味となります。時間が経過するほどに、自分でも把握できないくらい「膨大なキーワード数」での集客が実現していくのです。

 

さらに狙いを定めたキーワードが後から無数に沸いてくる!

物販アフィリエイト 稼げない」なども実は狙っています。今、3位くらいまで浮上してきました。

実は、ロングテールキーワードで新しく狙っているキーワードも増えてきました。これらが浮上していく流れをつくるのが、この手法です。時間はかかりますが、手堅い手法です。

これを、物販アフィリエイトでも、そのままやればいいのです。育毛剤でも、エステもでも「なんにでも」応用できます。

千葉名人

わたくしめは、この方法で他のサイトもやってるだけです。WordPressは使っているだけで楽しいので、記事をUPするのがまるでゲームです。ペラサイトは苦しいのですが、WordPressで沢山記事を様々な「切り口(角度)」から投稿するのは本当に楽しいです。このブログもかなり、ふざけた内容を含んでいますが、オレ的には半分遊んでいるような気持ちです。ストレス解消にもなります。さらに、スモールキーワードを徐々に制圧しながら、後々「ミドルキーワード」、「ビックキーワード」も制圧しようと考えているわけです。

このように専門サイトはジワリジワリと「下克上」を狙えるので、ワクワクが半端ないんです。

しかも、物販アフィリエイトなので「属性が絞れたアクセス」があればモノが売れる土壌が整います。そんなに膨大なアクセスは必要なく、狙うキーワードと案件がマッチングするならOKなのも、すごく面白いのです。

ここだけの話ですが、1日100人位来てくれると、案件とのマッチングが良ければ月間で10万円以上の発生が狙えます。あとは母数を増やしていけば良いだけなので、記事を増やして、ターゲットを集める母数が増えるほどさらに報酬が伸ばせます。

千葉名人

ペラサイトにこれができるかぁ!?

 

WordPressならザイオンス効果も使える!

あと、WordPressが面白いのは同じ人が何度もリピートしてアクセスしてくれるようになる可能性が増えます。

本気のサイトはできるだけ毎日記事をUPすることで、ザイオンス効果が発動します。この「ザイオンス効果」については、また別の記事で詳しく解説いたします。

今シンプルに説明すると「繰り返し接すると好意度や印象が高まる」という効果で、人間は定期的に情報を受け取ると習慣化します。

定期的に情報発信していると、受け取り側は定期的に情報が欲しくなります。有名人のTwitterや、ステップメールなどのメールマガジン。有名人のアメブロなんかはこれです。頻度が高いほどザイオンス効果が発動します。

定期的、かつ細かく情報を発信し続けるほど、ファンが増え、頻度が多いほど喜ばれます。

ちょっとまだまだ、余裕がなくてこのサイトの更新に手が回せない時があり「ザイオンス効果」を実演できてないのが申し訳ないです。

物販アフィリエイトは、初めての購入者がターゲットになるので、新規だけ集めたら良いのですが、キーワードを上位表示させたり「アクセスの母数」を増やすためには、閲覧のリピーターがいるほうが有利になります。

 

だがペラサイトはそうならない!

しかし、ペラサイトの場合は、10人アクセスがあっても10ページビューです。(二度見する人もたまにいますが、稀なことです)

千葉名人

同じ人が、サイトの中で他の記事も見て「巡回」するようにしたり、googleのクロウラーと呼ばれるロボットが「サイト内部」を効率よく動けるようにサイト内部を改善し最適化することを、内部SEOと呼びます。WordPressなら内部SEOが自動で出来る方法があります。

 

ペラサイトは内部SEOの前に「他に記事がない

ペラサイトは内部SEOどころか、そもそもの記事数が少ないので上位表示が苦しくなるのです。

逆に、内部SEOが最適化されたWordPressサイトであれば、記事数が多く「内部を閲覧者がグルグル回る」ことが実現する可能性があります。

☑ 物販アフィリエイトで、案件を1つ売るよりも、もう一つ別の記事を見てもらうほうが簡単ですよね?

サイトの閲覧が伸びてセッション時間が増えページビューが増えていきます。これに価値があるのです。直接物を売る前に、サイトの価値を高めるために、この内部循環を高めることが重要です。これにより、キーワードが上位表示できる可能性が上がっていきます。

千葉名人

たった一人のアクセスが、何倍も価値を持つようになります。1アクセスの価値を増大させるのです。そして、その強化施策が「内部SEO」です。今は、この内部SEOが非常に重要な要素で、googleも「さらに重視していくのは確実」と言えます。オレにはgoogleの考えが手に取るようにわかります。

 

被リンクの種類を知ってるかい?

今回、「内部SEO」を連呼していますが、内部SEOが上位表示の鍵となります。

それに対して「外部SEO」と呼ばれるのが「被リンク」です。あなたのサイトが他のサイトからリンクを貼られることをいいます。

被リンクには二種類あり、自作自演の「自分で自分のサイト」からリンクを送ったり、SEO屋に頼んで付けるものを「ブラックハットSEO」と呼びます。これを行わない、内部SEOと記事数で上位表示を狙う手法を「ホワイトハットSEO」と呼びます。

ブラックハットSEOは協力で短期間で効果を発揮しますが、googleからすると、本当にユーザーから評価されたコンテンツではないのに、それを装う行為なのでペナルティの対象になることがあります。その場合、上位表示されているサイトが圏外に飛ばされてしまいます。

ホワイトハットSEOは長期間かかりますが、googleからすると良い子なので、そのリスクは低くなりますが、googleも神様ではないので、まちがって圏外に飛ばされる場合もあるので、100%安全とは言えませんが、ブラックハットSEOよりは堅実で安全性の高い手法と言われています。

千葉名人

わたくしめが行っているのは、ホワイトハットSEOのWordPressサイトを専門サイトとして構築する手法です。たまにリンクを自作自演でする場合もありますが、それは必要だから行うケースで無理やり行うことはございません(白目)。

 

ペラサイトで上位表示させる方法「勝負から逃げ回る

ペラサイトで上位表示させるとすると、他の人がまだやってないキーワードを早めに着手してUPロードするか、ズラしを入れるか、ライバルを避けるしかないでしょう。

しかし売れるキーワードで上位を狙って奪い取るのがプロアフィリエイターです。

その闘いから逃げていたら、いつまでも稼ぎが伸びないままでしょう。伸びてもなかなか続かないでしょう。またペラサイトの場合、上位表示のためには、基本として最低限の、被リンクは必要です。

なぜなら、上位表示サイトの大半が被リンクを得ています。自作自演が大半ですが、それをやるのは骨の折れる作業です。彼らブラックハットアフィリエイターは、ペラサイトでも、ちゃんとがんばっているのです。

ぶっちゃけると、ホワイトでペラサイトなんて、ただの手抜きです。

 

逃げてペラサイトを量産しててもWordPressが抜いていく件

ペラサイト手法は大半の人が、一時的に上位表示されても、WordPressサイトに後から追い抜かれるのを恐れながら、延々と量産を続けることでやがて疲弊するのです。

プロアフィリエイターでペラサイトで稼いでいる人は、バックリンクや検索以外の流入経路の構築を行っています。ペラサイトだけで稼ぎ続ける人なんて、天才レベルのスゴイ能力者ですよ。あんなのマネできないし無理でした。

また、ペラサイトで稼げる人には、商標キーワード以外のキーワードで集めて、そこからコンバージョンさせる能力があるケースもあります。

 

ペラサイトをやることは時代遅れなのか?

初心者には、ブラックハットSEOで戦うことや、関連ズラしなどの手法は、そもそもの知識が膨大に必要です。時代遅れというより「難しいこと」と言えます。

ペラサイトを量産するだけなら「誰でも出来る簡単なお仕事」です。しかし、上位表示させることがgoogleのアルゴリズム変動でペラサイトはどんどん不利になっています・・・

今やペラサイトは、プロアフィリエイターでも、かなりの策士や戦略家や経験値の高い人が、中古ドメインやズラしキーワードを駆使して行うものと言えます。

また、最近のペラサイトで上位表示されているものは、自演リンク以外にも文字数が膨大なものが目立ちます。

これはペラサイトでスモールキーワードを集めることと、サイト滞在時間をUPさせて上位表示を狙うための戦略と言えます。しかし、それをやるなら専門サイトが強いのです。複数の記事の連携でそれを実現するほうが圧倒的に効率が良いからです。

 

5万文字あるペラサイトに執念を感じた

5万文字あるペラサイトを見た時に、「恐ろしい執念」を感じました。あれがプロです。比較サイトでした。

商標以外のキーワードでやっていたのですが、相当な根性です。そういう「執念があるのか?」その上で「技術と能力がありますか?」とペラサイトに挑戦している初心者の方は「自分に質問」してみてください。

それに対して、オレが「それに勝つ手法」として採用したのが「専門サイトでライバルに総合パワーで殴り勝つ」という「WordPressで記事数勝負するゴリ押し手法」です。これらのWordPressサイトは半年程度の期間で複数の「自然リンク」を得ています。つまり閲覧者が評価してくれたのです。

千葉名人

アホみたいに思考停止でペラサイトを量産しただけで、偶然「上位表示」できても長期目線ではキツイですよ。後から結局、WordPressの巨大サイトに軽く抜かされちゃうんだからw

さらに突っ込んでWordPressが強い理由ロングテールキーワード戦略についての解説をまとめました。

ペラサイトで挫折し、WordPressで復活した「わたくしめの思考法」と、実際の手法を「無料で全部ぶっちゃけ曝露」しています。内部SEOを初心者でも、今スグ最適化させる方法も全部、隠さず書いてしまいました。

いじわるして、わたくしめが記事を「削除」する前に読んでください。

>> 【最強】WordPressによるロングテールキーワード戦略による物販アフィリエイトと内部SEOを曝露!!!

-未分類

Copyright© スーパーサイトアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.