ペラサイト量産方法と稼げない失敗する理由をぶっちゃけ暴露!

投稿日:2016年12月7日 更新日:

ペラサイト量産方法と大半の人が稼げず挫折する理由

この情報は、お金を出してコンサルを受けて教えてもらった方法です。

今、これを今見ている、あなたは『無茶苦茶ラッキー!』だと思ってください。

 

☑ 大金を出して塾やコンサルを受けなければ得られない情報です。

 

それは、たったこれだけです。

 

gak86_morumotto_tp_v

1. 独自ドメインを取ります。

基本はxyzドメインを取得します。日本語ドメインにします。

ムームードメインならA8ネットでセルフバックが使えるので、ドメインを取得する都度お金が少しアフィリエイトで戻るのでおすすめです。

>> 独自ドメインをセルフバックで取得する裏技の詳細

 

xyzドメインは普段、100円前後で取得できて「セール時」は「30円前後」で取得することができます。(滅多にない)

だからドメインのセールをしているタイミングで「100ドメインくらいまとめ買い」するのはおすすめです。

100ドメインで30円なら3000円です。仮に100円でも100ドメイン取得しても1万円です。

 

 

2. ペラサイトを作成します

普通は「シリウス」というhtmlエディターを使って量産します。自分はウェブ屋なので手打ちのhtml,cssとスマホ対応。PING送信のプログラムを自作して量産しました。

初心者はシリウスが便利だと思います。

(自分はSIRIUSを使わないのでわからないっす。2万円くらいで購入できます。良いソフトだと思いますよ。)

アフィリエイターが紹介していてランディングページも正直「胡散臭いソフト」だなぁと思ったのですが「上記のスマホ対応」はスマホ対応テンプレートがあれば自動でスマホに最適化された表示になります。

レスポンシブという仕組みなんですが、自分で実装する場合はデバイス判定のプログラミングができないとできません。一度作ってしまえば楽ですが、素人はSIRIUSかワードプレスを使うと間違いないです。簡単です。

シリウスには「PING送信」も最初から実装されています。ワードプレスにも、PING送信のプラグインが無料で沢山あります。文字装飾などのスタイルもクリックしてセットできるので便利です。

PING送信機能があれば、サーチコンソールなどを利用しなくてもPINGサーバーと呼ばれる場所に「あなたのサイトのURL」が登録されます。

そこからGoogleの検索エンジンのロボットが自動でサイトを見つけてインデックス(検索エンジンに登録)してくれます。

ペラサイト量産する人が「サーチコンソール」を利用しないのは、Googleに「まとめてペナルティされてしまったケース」で、そのような「Googleのツールを利用しているサイトが芋づる式でアウトになってしまった」という情報がネット上で多いからです。

実際にそうなったと言っている人がリアルでも結構います。

自分はそのような経験が幸いなことに無いです。さらに「ブラックハットSEO」を行ってない(得意じゃないからやってないだけです)サーチコンソールを基本的に普通に利用しちゃってます。アクセス解析もGoogle Analyticsを入れてます。

「ABテスト」などができて便利です。

ペラサイト量産で「サーチコンソール」や「Google Analytics」を利用するのは、ペラサイト量産はサイト数が多すぎて「管理も大変」なので、それが使わない理由として二重に存在するわけです。

 

3. キーワードの選び方

キーワードは「商標キーワード」が初心者はおすすめになります。

商標キーワードとは、例えば「チャップアップ」という育毛剤の場合は「チャップアップ」という商品が商標名です。

物販アフィリエイトの世界では商品名、サービス名のことを全て「商標キーワード」と総称して呼びます。

 

商標キーワードサイトが禁止されている案件もたまにあるので、ASPで案件と提携するときにルールが記載されている詳細説明で商標禁止ではないかをチェックします。

問題なければ、商標キーワードで作成します。

 

商標キーワードが初心者におすすめな理由

なぜ商標キーワードが「初心者におすすめなのか?」

それは「商標キーワード」で検索エンジンで検索したときに「上位表示」されれば、商品が非常に売れやすいからです

 

知名度の高い商品ほど売れやすく沢山のアクセスが集まります。商標サイトであれば、広告がクリックされたら公式サイトの単なる中継局としての役割さえ果たせば売れます。

初心者に最適でした(※ 過去形)。

 

ただ、アフィリエイターが増えすぎて(ツールで量産している人があまりに増えた)現在、商標キーワードサイトが飽和状態にあるのは事実です。

ぶっちゃけ飽和しています

ですので、なかなか「商標キーワードサイト」で上位表示させることは難しいことです。

 

そのため安定して稼げる「商標以外のキーワード」でサイトを作れるように「成長していくこと」を、このサイトでは推奨しています。

 

4. キーワードをtitleにする

titleとはhtmlの<title>タグのことです。

ペラサイトは基本的に「ドメイン名も上位表示を狙っているキーワード」にします。

例えば、チャップアップ 口コミ

というキーワードを上位表示で狙うペラサイトを作るのであれば

 

チャップアップ口コミ.xyz

というドメイン名になります。

 

このワードプレスサイトも日本語ドメインです。

物販アフィリエイト.com

という独自ドメインをワードプレスサイトに使っているのがこのサイトです。

 

物販アフィリエイト」というキーワードで「上位表示」を狙っているわけです。

ターゲットは、物販アフィリエイトをやってみたいけどやり方がわからない。もしくはやってみたけど、稼げず挫折した。ペラサイト量産で失敗したという人です。

そのターゲットに、実際に成功した手法と方法論を無料で教えて、物販アフィリエイトで少し収益が出れば良いという考えでやっています。

 

自分の気付き。備忘録、アウトプットにも使っている面があります。人間は身につけたいことを、アウトプットすると身につきます。

例えば、コンバージョンレート意味やら、比較検討購入の消費者の行動パターンの段階からサイトを作る(アイシーズ)方法などを、投稿したのはそれです。

自分の勉強したことを整理して記事にして、みんなに教えつつ自分の中にインプットしてるわけです。

 

ペラサイトはキーワードの上位表示が困難である

ペラサイトで「これを上位表示させてみて!」となると非常に難しい

この「物販アフィリエイト」のキーワード単体では、まだ圏外ですね。

案外、ちょろいと思ってたんですけどね。まぁそのうち。

(※ 上位表示されてきました)

 

物販アフィリエイト ワードプレス」という複合キーワードでは14位くらいになってきました。

まだ検索エンジンの2P目です。(※ 1P目になりました)

 

これがペラサイトの場合、まぁ無理です

ペラサイトの場合、ほぼまったくアクセスが集められないサイトとなってしまいます。

でも、このサイトのようなページ数が多くロングテールキーワードが拾えるサイトはアクセスがドンドン伸びてきます。

いずれにしても、これから100、1000記事と追加していくことが出来れば、望みのキーワードで「上位表示」できるようになるわけです。

 

これがページ数の多いサイトの魅力です。ペラサイトで攻略できないキーワードを攻略する手段が、正攻法であるわけです。

しかも、それは単純に「内容の充実」です。

 

今現在のわたくしめの「戦略の骨子」は、実はそれだけです。

 

その逆である、ペラサイトは初心者には難しいからオススメできないと連呼しております。

でも「どうしてもやりたい人」はやってください。止めてませんよ。

 

 

物販アフィリエイトサイトのタイトル名の付け方のコツ

そして、titleは「チャップアップの口コミで発覚した恐怖の大失敗を暴露!」などと付けます。

思わずクリックしたくなるtitle名にします。

 

検索した人が、クリックしてサイトをちょっとチェックしたくなるtitleを付けます

 

ページの内容はタイトルに対する「答え」となるもので作成します。

タイトルに「知りたくなる謎」を含ませると答えが知りたいのでクリックしたくなりますよね。

 

検索エンジン経由で来る見込み客の大半はなにかを調べています

つまり疑問があって検索しているので、その疑問の答えをコンテンツとして作るのです。

 

上記例であれば「チャップアップの口コミを調べた結果発覚したおそろしい失敗例」を記事にします。

そして、上手に文章を書いて商品が欲しくなるようにセールスとなる文章を作成してページが完成します。

 

そして、

>> 育毛剤「チャップアップ」の公式サイトはこちら!

公式サイトに誘導します。

 

※ 誘導とは? = リンクを配置して公式サイトへ集めた見込み客を送ること

 

商標複合キーワードでの量産

商標名+販売店

商標名+口コミ

商標名+効果

このような組み合わせでペラサイトは量産していきます。

 

商標キーワードでも「商標複合キーワード」と呼びます。商標名だけのキーワードを「商標単体キーワード」と呼びます。

 

実際に、商標名で検索すると日本語ドメインで作られたサイトが沢山でてきます。商標名で作られているサイトです。

それが「量産するべきペラサイト」のお手本そのものです。

 

→ つまりペラサイト量産に教材も塾もコンサルも不必要です

 

もちろん欲しい人は買えばよいと思います。止めません。

 

上位表示されているサイトが最高のサイトでありお手本

今現在、検索して上位表示されているサイトそのものを見て「参考」にして「あとはひたすら自分独自のコンテンツ」でサイトを量産します。

あくまでも「参考」にしてください。テンプレート形式で商標名だけ変えて量産する方法などは「手っ取り早く」リライトなどすれば簡単ですが、Googleが進化する都度、サイトが低評価になる原因になります。

全部パクリなどは論外で絶対にいけません。オリジナルを作る気概を持ちましょう。お手本は自分独自の手法で超えるために参考にしてください。

自分独自のサイト。ファイティングスタイルを試行錯誤しながら「上位表示されているサイト」を見て「なにが優れているのか?」を学ばさせてもらいます。

あとは作業してサイト数やページ数を増やしていきます。パクリだけはやめましょう。

教材を買うお金で「良いサーバー」をレンタルしたり「実際に上位表示されている今現在の最新最強のお手本を参考」にそれ以上のサイトを作れるように「時間も有効活用」しましょう。

 

ペラサイトは一昔まえまでは「無料ブログ」などからのバックリンク(被リンク)を自分で付けることで「狙っているキーワード」を「上位表示」させることが今より簡単に可能でした。

サテライトサイトからアンカーテキストでリンク付けるだけアクセス増えましたから、自分も過去にその効果を体験しております。無料ブログから自演でリンクするだけで、バンバン上位表示できました。

バックリンクしようとせずに自然にサブのブログから、メインサイトに関連情報でリンクを張ったら、上位表示でアクセスが増えたわけです。

しかしGoogleがペンギンアップデートとよばれる「アルゴリズムの進化」がある都度、その評価が下落し「多くのアフィリエイター」が脱落していきました。

 

ペラサイト量産は時代遅れである

はっきり言います。ペラサイト量産は時代遅れです。いいえペラサイトそのものを否定してません。

量産がスタイルとしてもう古いんじゃないかなー?

「500」サイトくらい作っても、殆どの人が「あまり稼げないんじゃね?」

「1000」でもどうなんでしょう・・・ということです。

 

要約します

ペラサイトではサイト単体でのコンテンツボリュームが低いので「数打てば当たる」という基本戦略が「通用しないメカニズム」になってしまった可能性が高い。

また、今後その傾向が強くなる可能性が圧倒的に高いので、長期で安定して稼ぐのが難しい。

量産を永久に続ける必要がある。教えて金を集めてる連中は、この事実を隠蔽している。

 

そもそもペラサイト量産自体が大変で大半の人が出来ない理由

もう一度いいますね。

「ペラサイト量産」だけに依存するスタイルは「割に合わない」ことになる。

そういう人のほうが圧倒的に多くなってしまうようになったということです。

 

とにかくサイトを1つ1つ「ドメイン」を新しく取得しアップロードしていくので、同じような作業の繰り返しになります。

どうしても「単調な作業」になります。かなりダルいんですよね。

 

それでちゃんと上位表示されて売れてくれるといいんですが、実際にやってみるとほとんど大半の人は3ヶ月、半年経過しても売れない。

だからペラサイトの量産に大半の人が挫折します。100人いて1人くらい一年後、10万稼げたら奇跡レベル。

 

しかも資産サイトにならない件

量産そのものが非常に単調で、運良く最初に売れてくれた人は結構、続くケースもあると思いますが「いつまで続ければいいの?」って世界なのが現実です。

資産型サイトのように「長期で稼ぎ続けるサイトになる可能性ってどれくらいあるの?」と言えばかなり低い

 

エイジングフィルターが解除されても、ペラサイトはそもそものコンテンツボリュームが少ないので「上位表示する理由」そのものが無いんです。

だれもやってないキーワードであれば「ライバルサイトがないので上位表示する」のですが、それは「売れないキーワード」だから「だれも扱ってないキーワード」である可能性が非常に高いのです。

重要なのは「売れるキーワードでの上位表示」です。売れないキーワードで上位表示できても、そんなに沢山売れないんですよね。

 

ペラサイトでバックリンクを付けないのは、ただの怠慢

だからペラサイトは昔はバックリンクで上位表示しやすかったし、トップページがサブページよりも上位表示されやすいから有利でした。

しかし、最近Googleの検索結果はトップページ以外でも上位表示しています。かなり、ページ数の多いサイトの「下の階層」の記事が、強かったりするんですよ。

ペラサイトで挑んだけど勝てない「サブページ」が結構増えてきていて、今もドンドン増えていると感じる場面が多かったです。

 

つまりページ数の多い専門性の高い特化しているサイトが圧倒的に強く有利になっているというのが現状であると言えます。

 

ペラサイトをワードサラダで量産している手法のほうが効率的で賢い件

さらにワードサラダで適当な文章でサイトをアップロードして、サイトが浮上してから仕上げ作業をするという手法のサイトが無数といって良いほど増えています。

手作業で丁寧に一つ一つサイトをペラサイトで量産しても勝てないほど、「良い悪いは別にして」そのようなやり方のサイトの方が、効率的です。

あれなら、1日で30サイトくらい余裕で作れますよね。手作業だと頑張っても1日10サイト、ペラサイトでも普通は作れません。

そういう機械みたいなライバルと闘う。そういうサイトは、上位表示を確認したらブラックハットSEOと、中古ドメインも駆使してさらに強化してきます。

もちろん、ワードサラダ系は現在は沢山みかけるのですが、「Googleがバージョンアップする都度」マイナス評価される可能性が増えていくので、長期目線で非推奨の手法ですが、ペラサイト量産そのものが、スパムみたいなものなので、それなら手段を選ばないで超絶量産してる人のほうが頭いいですよ。

ライバルが少ないキーワードは、沢山売れるキーワードである可能性が非常に低いんです。

また、ライバルが追いかけてきたらペラサイトは、スグ抜かれます。

だから一時的に量産で稼げても、短期間しか持たずに没落する可能性が高いのです。

アホみたいに、商標系の価格訴求で量産すれば、短期間で稼げる可能性もあるのですが、短期間で稼げなくなる可能性が非常に高いです。これを教えてる側は言わない。言わないというか言えない。

「永久にペラサイト量産し続けてくださいね♪」なんて言ったら、カモが逃げるからです。

 

ペラサイトでホワイトなんてド素人がやること

とりあえず、ペラサイトでバックリンクを付けないのはド素人のやることです。まったくおすすめしません。

ガチのペラのプロアフィリエイターは、バックリンク入れてるし、文字数も1万とか3万とかザラです。中古ドメインも使って手段は選びません。

その上、キーワードのズラしの精度も無茶苦茶高いのです。素人がアホみたいにホワイトペラサイトを量産しても、時間と金とドメインの無駄です。

 

ペラサイト量産方法のまとめ

初心者の方には「ワードプレス」によるページ数の多いサイト作成をおすすめします。

ペラサイトは現在では「プロがたまにピンポイントで使うスナイパーライフルのようなテクニック」と言えます。作るのは簡単なんですけど、とにかく上がらないんですよね。

500、1000サイトと量産した後にGoogleのアルゴリズム変動で「ページ数の少ないコンテンツ量の少ないサイトがガッコン!」とまとめて落とされたら、いくら「リスク分散」しててもまとめてアウトになっちゃいます

タラレバ定食と言われそうですが、Googleが目指す方向性は明らかにコンテンツの質量が充実しているサイトです。

いずれにしても初心者段階では、沢山の記事を書いて練習しないと「成長できない」のでおすすめはワードプレスで記事を「ドンドン追加」して行くことです。

最初はアクセスが徐々に増えてくるだけでも楽しいと思います。ペラサイトの場合はアクセスについても、まったくないか、上手くいけばアクセスが来るという0か100の世界でシビアです。

確率的に作成したサイトの1割が売れると言われていますが、自分は1%でしたよ。ペラサイトを100サイト作らないと、少し売れるサイトが作れなかったのです。

100サイトで1サイト売れるサイト。しかも、チョロチョロと売れる程度のものが「ペラサイトでつくれるかも?」程度の期待値ということです。

 

手作業でペラサイト量産はアホのやること

今から初心者がペラサイト量産でサイトアフィリエイトに挑戦しても100人中99人以上が「500サイト未満」で挫折すると思います。

手作業でやって、それだけ作れる人はスゴイと思います。普通、イヤになりますよ。

ツールで量産するなら行ける数字ではありますが、手作業だとかなりの作業量で膨大な時間がかかります。

商標キーワードで「通販」や「販売店」を組み合わせて入れるケースなら、量産はカンタンです。10ペラサイトくらい一日で作れます。これを、クソコンサルから、わたしも推奨されました。

しかし、それが売れるとしても、たかが知れています。

「人気のあるサイト」にはなり得ません。

 

ペラサイト量産ではドメインを大量取得することになります

独自ドメインを取りまくるので常に出費し続けることになります。

一ヶ月100サイトならxyzドメインなら約1万円で済むのですけど、とにかく管理が面倒です。

サイトに管理番号を付けて、ローカルでも数字で管理できるようにしてみたのですが、さすがに数が多すぎてイライラしてきます。

「あのサイトどこだっけ?」みたいな。サイトが増えれば増えるほどスクロールさせてサイトを選ぶのがダルい。エクセルで管理番号を付けて処理していますが、とにかく効率が悪いです。

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

上記はドメインがあと、半年後に期限切れになるので「契約更新しますか?」というお知らせメールです。

ペラサイトを量産してると、ドバーっとお知らせが入ります。正直どれがどれだか覚えてないサイトが多いです。

全然売れてないサイトは「そのまま契約せずに廃棄」します。

 

xyzは更新料が10倍です

xyzドメインを更新する場合は取得時の料金の10倍以上かかります。

例えば100円でドメインを取得しても、更新する時は1500円前後くらいです。

10ドメインで15000円。100ドメインで15万円です。

売れたサイトだけ残せばいいのですが、数が増えると管理が非常にダルいです。

しかも、そんなに「売れてくれなかった」サイトに来る「お知らせ」が非常にきついお知らせに感じる。

売れてればいいんですけどね。自分はペラサイトがほとんど壊滅してしまったので・・・

 

 

ムームードメイン、独自ドメイン取得料金と更新料金の一覧

>> 現在の一覧リストページはこちら

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

このように、xyzドメインは取得費用が安いので1年限定のテストドメインとして取得するのがおすすめです。

日本語ドメインも低価格で取得できます。

 

ただ、これがいつまで続くのかも「ペラサイト量産」の生命線なんですよね。

 

xyzは素晴らしいドメインです

xyzドメインって普通に上位表示できる優秀なドメインなんですよ。だからペラサイトならこれで量産するのみなんですけど、何気に更新料金がちょっと高い。

差額が200円でも100サイトあると、2万円違いますからね。

もしxyzドメインの価格がUPしたらペラ量産モデルの前提がかなり崩れてしまうってのは意識してやってました。

初期取得費用がペラサイトでは肝心です。

ムームードメインは、普段もドメインが安いのですが時々スゴイ値引きセールをやってるので、そのタイミングでまとめ買いしたら安いというのもありおすすめですが、ペラサイト量産そのものが、かなり危ういタイトロープな挑戦であると思ってください。

 

記事数の多いWordPresswサイトをオススメします

ペラサイトを実際にやってみて壮大にコケて挫折しました。

挫折した時に、ペラサイトのコンサルの先生から受けたアドバイスは「もっと沢山『虫眼鏡キーワード』から余計なことを考えずに、キーワードを選んでライバルの少ないキーワードでペラサイトをとにかく量産しましょうね♪作れば作るほど成長します!」という、今考えてもゴミ以下のクソアドバイスでした。

反逆精神が爆発した瞬間です。

その後、完全に「1つのサイト・1つのドメイン」を大事にしてコンテンツを充実させることで、上位表示が狙えるワードプレスやページ数の多いサイト構築によるサイトアフィリエイトに移行しました。

その結果、現在「奇跡の復活」を遂げたのです。

 

ペラサイトの量産を、思考停止であのまま続けていたら、100% 終わってました。

 

まとめ

ペラサイトは非推奨です。やりたい人はどうぞやってください。

ライバルサイトが雑魚だらけのほうが好都合ですので止めません。

ちなみの、この投稿の文字数は9千文字です。ペラサイトの場合、量産のノルマに追われて1500文字程度でサイトをUPしたりしますが、情報量の指数としての文字数は重要です

これを軽視しているコンサルは「内部SEO」もクソもありません。

☑ あんなものは、ただのド素人であります。

 

しかし、わたくしめの思考に共感された方は、下記の記事をチェックしてください。

完全無料で、とんでもないことをぶっちゃけ曝露しています。

 

>>ペラサイトが上位表示できない理由とWordPressで必要な記事数および「内部SEO」を今すぐ最適化する裏技を曝露!!!

 

-未分類

Copyright© スーパーサイトアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.