アフィリエイト作業効率化

マルチタスク仕事術で作業効率が「激落ち」する衝撃の理由とは?

投稿日:

マルチタスク仕事術では作業は効率化できない!

「二兎を追う者は一兎をも得ず」

千葉名人です!

今回は「マルチタスク仕事術」は失敗するぞ!という衝撃的なお話です。

 

 

マルチタスク仕事術とは?

パソコンは一度に「複数の処理」を同時にこなすことができます。

これを、マルチタスク処理と呼びます。

 

☑ 同時に2つ、3つの作業を行うことをマルチタスクと呼びます。

 

人間が同時に複数の仕事を進めることを「マルチタスク仕事術」などといいます。

 

一度に、複数の作業が効率的に処理できたら最高だと思いますよね?

 

しかし、このマルチタスク仕事術には「ある重大な欠点」があります。

 

 

 

人間の脳はマルチタスク仕事術で非効率になる

実は人間の脳は、一度に一つのことしか集中できない構造になっているので、この「マルチタスク仕事術」は現在、非常に非効率で脳に悪いことがわかっています。

例えば、テレビを見ながら作業をしている時、「テレビ」→「作業」→「テレビ」→「作業」→「テレビ」→「作業」→・・・ と脳の中で、猛烈なスピードで注意対象のスイッチが切り替わっています。

 

自分では両方同時にやっている感覚でいても、実は「断片」になっていて、ものすごく作業効率が悪くなる原因になっているという研究結果が多数報告されています。

脳科学的にもマルチタスクは効率を下げ、脳自体にも良くないことがわかっているんですよ。

 

 

脳は同時に複数の情報を処理できない上に「脳が疲れる」

それでは、どうしたら作業効率をUPし脳が疲れにくい状態で仕事ができるのか?

 

その答えは「マルチタスク」をやめることです。

 

なんと、マルチタスクからシングルタスク処理にしたことで、生産性が40%UPしたという実験結果も出ています。

 

マルチタスク仕事術を行うことで、「脳」が集中の対象を、猛烈に切り替える結果、脳が非常に疲れることもわかっています。

 

つまり、マルチタスクでは人間は「集中力」が持続できないのです。

例えば、「ラジオを聞きながら勉強」したりすることも、マルチタスクの一種です。

 

これは、勉強効率を悪くしていると同時に、脳が疲れやすいことをしている状態ですので、実はまったく勉強の効率も記憶作業としても良くない方法なのです。

 

脳が疲れやすくストレスがたまりやすい状況を、マルチタスクは生み出してしまうのもデメリットと言われるようになりました。

 

マルチタスク仕事術からシングルタスク仕事術へ

マルチタスク仕事術が、非効率で「集中力」が持続できない原因であることがわかりました。

ではどうしたら良いのでしょうか?

 

答えは「シングルタスク仕事術」を行うことです。

シングルタスク仕事術では、仕事をひとつひとつ終わらせていきます。

 

作業が効率化するだけではなく、集中力もUPし「脳」が疲れにくい状態で仕事が捗ります。

 

一つ終えてから、また次の一つの作業に集中するようにします。

これがシングルタスク仕事術です。シンプルですね!

 

 

音楽を聞きながら仕事すると効率はどうなる?

音楽を聞きながら仕事すると「作業効率はどうなるのか?」を研究した報告もあります。

☑ 勉強、記憶、読書では「音楽」はマイナスに作用します

☑ 単純作業(流れ作業など)では「音楽」で作業効率がUPします

 

このように、マルチタスク仕事術は大半のケースで脳の集中が頻繁に切り替わり、脳を疲れさせ作業効率を下げてしまう弊害があります。

 

千葉名人

マルチタスク仕事術の弊害の多さが意外だったと感じた方も多いのではないでしょうか?

実はわたくしめも、このことを最近になって知りびっくりしました!

 

ということで、「マルチタスク」で沢山同時にやりたいことがある状態でも、焦らずに仕事に優先順位をつけましょう。

 

そして「一つ一つシングルタスクで処理」しましょう。

 

これにより作業効率が格段にUPします!

 

ぜひやってみてくださいね!

 

-アフィリエイト作業効率化
-

Copyright© スーパーサイトアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.