物販アフィリエイトで買わない人にクロスセルで売るコツ

投稿日:2016年10月25日 更新日:

買わない人にクロスセルで売るコツ!

chibaco_wh150-2012

おはこんばんちは「千葉名人」です!

物販アフィリエイトの関連キーワードやロングテールキーワードでの集客。

これを前回まで、ご説明してまいりました。

 

今回は、そうやって集めた見込み客(ターゲット)に対して、上手に商品を紹介する方法です。

 

物販アフィリエイトのコツは、このクロスセルのテクニックにあります。

 

むずかしく説明しているサイトが多いのですが

具体例と見本サイトも全部みせます(^_-※)

 

これを理解すると、物販アフィリエイトで複数の商品を紹介できるようになれます。

 

そして、実力で「報酬」を発生させることができるようになります。

 

 

物販アフィリエイトでの「クロスセルとは?」

「育毛剤」が欲しい人に「シャンプー」を売ることを「クロスセル」と呼びます。

「育毛剤」を購入しようとしている人に、「フィンペシア」という「薬」を売るのも「クロスセル」です。
「リジン」や「亜鉛」などのサプリ販売も「クロスセル」になります。

 

育毛剤が欲しい人は、髪の毛を生やしたい。

抜け毛を減らしたいという目的があります。
なので、それに有効な手段を知りたいのです。

それが、効果があるのであれば、お金を出します。

行動します。つまり、購入してくれます。物販アフィリエイトの報酬が発生します。

 

物販アフィリエイトのクロスセルテクニック

育毛剤を求めている人に「亜鉛」や「リジン」を紹介します。

育毛剤使用と、サプリメントを同時に飲むことで「育毛効果」が高まることを教えてあげます。

これを教育や啓蒙と呼びます。

 

わたしはこれを、教えるコンテンツと読んでいます。
「亜鉛」や「リジン」の物販アフィリエイトの「公式サイト」はこちらです。

よかったらどうぞ(^_-※)つ  >> 公式サイトはこちら

 

と、静かに置いておきます。

 

ソフトに「セット」する感じです。

 

絶対に売り込まないでください。

親切心で、リンクをそっと置いてください。最大のコツです!

 

売ろうとすると、邪念が入ってお客さんに嘘をついたり、誇大広告をする悪魔に負けます。

 

徹底して親切心を全開にして、親切の限りを尽くしてありがとう!を生み出しましょう

 

 

無理に売らないことで、本当に欲しい方がちゃんと購入してくれる!

たとえば、育毛の場合、フィンペシアというAGAを阻止する飲み薬が医者から処方されます。

フィナステリド配合の薬です。薬なので副作用があります。

 

正直に記事を書くことで「クロスセル」ができます。

 

フィナステリドの副作用が知りたいお客さんに、副作用情報をわかりやすく教えます。

 

実際に、男性のちんPが立たなくなるEDや、汁が水っぽくなるという副作用が多数報告されています。

 

その他、色々と報告されていて、ぶっちゃけ恐ろしくなります。

でも、正直に伝えるようにしています。

自分がユーザーなら正直に教えてくれるサイトを信頼します。

 

当然ですよね。

 

 

本当のことを言うと売れなくなるのが良い!

(´;ω;`)ブワッ「副作用怖い!使いたくない!!

そう思われた方には、

このような商品がございます

 

と、「副作用がないけど、育毛効果の期待できる他の育毛剤を紹介する」ことができます。

 

これで、育毛したいけど、「副作用はイヤだなぁ・・・」

という人にピッタリの商品を教えることができます。

 

育毛したいけど、副作用は困る!」という

ターゲットを獲得

それに最適な商品をしっかりと「ご紹介」する流れです。

 

 

詳しくなると四次元ポケットのように商品を出せるようになる!

最近、「キャピキシル」という成分が注目の新成分で、新しい育毛剤が開発されています。

 

ある程度ジャンルを絞り込んで、研究するとイヤでも詳しくなります。

 

そのような新商品を知っていると

「その場合は、この商品がございます」と

クロスセルできるようになります。

 

類似商品や副作用の有無。

 

効果や価格など全て調べられるリサーチ作業は

 

1つの記事だけの話ではない長期の成長をもたらします

 

これが、ものすごい財産になるので、1つのジャンルを極めてください。

色々やって浅い知識で勝負しても、勝てません

 

せいぜい3ジャンル程度に集中し勉強しまくり「圧勝」しましょう。

 

 

 

知識を増やして教えるコンテンツを拡充して「集客」する

ジャンルを絞って、そのジャンルだけに徹底していけば自然と詳しくなります。

 

「教えるコンテンツ」でサイトに記事を追加して成長していくことができます。

詳しくなると、スラスラ記事を作成できるようになります。

 

ペラサイトと違い、こうなるとまったく作業が苦痛ではありません。

 

自分の力を発揮する機会が目の前にある状態なので「面白い」と感じられます。

 

あとは、自然に蓄積した知識をキーワードの答えとして「アウトプット」するだけです。

これで、教えるコンテンツが自然に増えるサイクルが生まれます。

 

あとは継続するほどレベルもアクセスも収益もUPしていきます。

1日で5記事エントリーなども余裕です。

 

1万文字レベルのボリューム記事も、60分もあれば書けるようになります。

 

タイピングは練習すれば、だれでもタッチタイピングをマスターできます。

 

タッチタイピングを覚えれば、60分で1万文字くらい自慢にすらなりません。

 

量をこなしていくのですが、質がこれで勝手にUPしてきます。

 

最初から、文字数の少ない要所を抑えたコンテンツを作るのは難しいです。

 

そこを最初から狙うと単なる手抜きになるので、甘えないで文字数の多い記事をUPしまくってください。

 

基本的には1500文字あれば、OKと言われています。

 

ライバルの少ないキーワードの上位表示は500文字も必要ありません。

 

しかし、ライバルを蹴散らして勝つことで莫大な利益を奪いに行くわけです。

ですので肉を食いながら「猛獣」のように文字数を増やしましょう。

 

 

文字は多ければ多いほどいい

文字数は、思いっきり多い記事でOKです。

セールス部分のページ以外、文字数は多くて良いです。

 

セールス部分は要所を抑えて文字数の少ない記事のほうが売れやすいと感じています。

 

物販アフィリエイトの場合、公式LPが縦長のフォーマットの中で「大半のことを解答」しています。

 

すでに解答されている内容は「公式LP」で確認できます。

 

ですので、我々は「公式LPにはできない要素」で集客して誘導することが仕事になります。

 

公式LP、公式サイトにできない集客をする

公式LP、公式サイトでは集められない集客ができるほどに価値が高いサイトとなります。

文字数が多いサイトのほうが、ロングテールキーワードを意図せず拾えるのでアクセスが増えます。

見込み客を集客することができます。

 

また検索エンジンからも、高い評価を得ることができます。

 

ただ、セールス部分が長文だと読まれにくい。

短く誘導する必要があるので、集客コンテンツと

販売用のコンテンツは明確に分けてページもわけるほうが良いと言えます。

 

 

リサーチして知識豊富になるほど文字数も増える

ただ、文字を並べれば良いわけではなく、必要だから膨大な文字数になるということです。

リサーチをしているから自然と文字数と記事の質の両方が増えるのです。

 

サイト作成は「アウトプット」になりますので「学習」にもなり一石二鳥です。

 

そんなに高度な専門知識はいらないので、ちょっとしたプチ博士になれたら十分です。

 

ターゲットは「初心者」ですので、あまりマニアックな知識ばかり教えても役に立たないことのほうが多いケースが大半です。

 

ですので、初歩から中級程度の情報を提供できるようにリサーチしてジャンルに詳しくなりましょう。

沢山、アウトプットすることで知識が定着する学習効果があり自分が成長します。

 

サイトも成長しドメインも成長できます。

ぜひ文字数の多いサイトをバンバン作って攻撃してきましょう。

 

もっと書きたい!という情報の洪水を脳内で発生させる

おんなじジャンルでやっていれば、書いても書いても書き足りない状態になります。

文字数の多いサイトは読まれないと言うといいますが、そんなのは無視してください。

 

現実に、本当に困って情報を求めている人は、文章を漁るように最初から最後まで読んでくれます

また、そのような記事が書けるようになります。

 

ノットリードの法則は、そもそもターゲットを集客できてないのが根本問題となります。

これも結局「集客」段階での問題になるわけです。

ちゃんとターゲットを集客できれば、ページ数の多いサイトの方が「他の記事」も漁るように読まれます。

 

ページビューが増えると、セッション数が増えるのでサイトが強くなりキーワードがさらに上位表示されます。

単純に役に立つ面白い情報を提供することに専念し、キーワードを設定した上で集客記事を生産しまくりましょう。

 

このサイトで言う、集客記事とは教えるコンテンツです。

 

教えるコンテンツとは、そのまま勉強になる役に立つ情報のことです。

一番強烈な集客とリピートアクセスを得ることが出来るコンテンツです。

物販アフィリエイト限定ではなく、あらゆる企業サイトでも通じる概念です。

 

役にたつ情報を、惜しみなく正直に「大量放出」しましょう。

 

 

最初は外注せずにGRCとアクセス解析でフィードバックを見ながら改善を繰り返す

外注で文章を任せると良いと教えているアフィカスが多いのですが、まずは自分でやってみてください。

 

集客できる記事やサイトを作るのは非常に付加価値が高いことです。

 

GRCとアクセス解析を見ながら、自分の記事やサイト構成でどのような結果がでるかを見てください。

 

それによって改良点がドンドンでてきます。それを改善していくことで、コツがつかめます。

最初から外注してたら、永久に理解できない要素を実戦で学べる貴重な機会なのです。

 

集客ができなければ、どんなに優れたセールスライティングができていても、商品は売れません。

 

集客が全てです。

 

まず集客(ターゲットのアクセス)を増やすことだけに専念していきます。

 

>> 狙ったキーワードの検索順位を楽にチェックする方法

 

 

ちゃんと調べて「2次情報以上」を提供する

ペラサイトを量産している人は、リサーチが浅くなるケースが多いです。

 

自分がそうでした。

焦ってサイト数を増やそうとして、リサーチが雑になりました

 

どうしても、サイト1つに対する愛情も稀薄になります。

 

しかし、上記のように「リサーチ」を徹底して続けることで「ジャンル」に詳しくなり「博士」のようになってきます。

 

すると、今回のような関連キーワードで、

物販アフィリエイトに直結するものや変化させて

物販アフィリエイトにつながるキーワード」を

見つけられるようになります。

 

その理由はリサーチで知識が増えて、「商品」を把握しているからです。

 

これが真の成長です。

 

ページ数の多いサイトの場合は、サイトとドメインも成長します

 

ドメインをバンバン捨てるペラサイトには、どうしても「できない芸当」です。

 

初心者の方にこそ、ペラサイトではなく「ワードプレス」をおすすめする理由です。

 

ペラサイトを否定しているわけではなく、ペラサイトにはペラサイトの良さがあります。

 

徐々にSEOやキーワード選定が上達してきたら

普段とジャンルが違うものはペラサイトで

トライしてみるのもアリかと思います。

 

ただし、初心者には集客が難しいので

「おすすめできない」ということです。

 

 

 

物販アフィリエイト育毛剤ペラサイト暴露!

オレの育毛ペラサイトの新作をお見せします。

関連キーワード」のペラサイトです。

 

狙っているキーワードは「キャピキシル 抜け毛」です。

finjia300_250_1

>> キャピキシルで抜け毛が増えた!

 

このサイトは、抜け毛が増えた!という「ネガティブキーワード」です。

 

ネガティブキーワードサイトとは、商品にとってマイナス要素での検索キーワードをtitleにしたサイトです。

 

そのまま、「はい、抜け毛が増えます」という結論になる場合は、やりません。

 

しかし、「それは誤解だ!」という場合は、その誤解を解いてください。

 

そして、

育毛剤はこちらです(^_-※)つ

>>フィンジア公式サイト

 

と、そっと公式サイトのリンクを置いておきます。

 

「抜け毛なんか増えないよ!」とライティングするのではなく、「それは良い抜け毛です!」と、言える話であるのならば「誤解を解消」するのです。

実際、育毛効果の高いものは「初期脱毛」という「抜け毛現象」が発生します。

 

「良い兆候なので、そのまま育毛をがんばりましょう」というコンテンツとなります。

 

 

セールスライティングは説得力と信頼

ライティングとは説得力です。

 

そのために、徹底して調べて詳しくなり、そのジャンルを制覇するのが良いのです。

 

ペラサイトでなくても、ブログで同じように作り「記事」をUPすれば同じように上位表示可能です。
だから「同じように集客」することができます。

 

そうです、今の時代「ペラサイト」である必要がありません。

 

ペラサイトは集客(上位表示)が難しいので

ワードプレスやページ数の多いサイトでの

物販アフィリエイト」をオススメします。

 

地道にキーワードの上位表示を強化する記事追加でテコ入れしていけば評価されやすくなり、やがて上位表示されます。

 

 

ジャンルを絞り込んで記事を書けばクロスセルもアップセルも出来るようになる!

沢山知識を増やすことで、訪問者に役立つ情報と正しい副作用などのリスクを伝えることができます。

 

そして、代替手段としてのクロスセルが購入者目線で可能になります。

 

クロスセルの他に「アップセル」という手法もあります。

 

目的の商品より高額商品を紹介することをアップセルと言います

 

美容ジャンルなら、

「二重まぶたのアイプチ」が欲しい人に

「プチ整形」を紹介するのが「アップセル」です。

 

その逆がダウンセルです。

 

安い商品も紹介して、価格差で「購入してみませんか?」と提案します。

 

商標サイトでは難しいことですが、関連キーワードサイトなら可能です。

 

 

関連キーワードでロングテールSEO!ワードプレスをおすすめします

関連キーワードでライバルの少ないキーワードの記事やサイトを増やし集客を進めてください。

 

ロングテールキーワードは意識せずに記事をこのように増やすことで勝手に得られます。

 

関連キーワードを設定するのは、記事を増やすことで、やがて「狙いのキーワード」を「上位表示できる」からです。

 

そのための施策をワードプレスやページ数の多いサイトでは「内部SEO」で実行可能です。

 

需要のあるロングテールキーワードが検索エンジンで見つかった場合は、それで記事を追加エントリーしてください。
ライバルが少ないキーワードで集客できるので、最高の結果につながりやすくなります

 

これを抑えたら、「商品選定」も重要な要素になります。

 

当然ながら「物販アフィリエイト」は売り物になる「商品とサービス」が大切です。

 

 

実際に売れるASPについての詳しい記事は、下記をご参照ください。

>> 初心者におすすめの本当に売れるASPはこちら

 

 

-未分類

Copyright© スーパーサイトアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.