物販アフィリエイトで公式サイトに誘導するタイミングを知る方法とは?

投稿日:

物販アフィリエイトで公式サイトに誘導するタイミング

「やろうと思えば人間はたいていのことができると私は思っている。」

千葉名人です!

今回は「誘導するタイミング」についてのお話です。

キーワードの成約までの距離がポイントになります。

 

成約から近いキーワードは早く。遠いキーワードは遅いタイミングで誘導する

→ 公式サイトへのクリックを誘導するタイミングは重要です。

成約から遠いキーワードはリンクを出すタイミングを引っ張り、記事の末尾で誘導するケースすらあります。

逆に成約から近い 商標 +「購入方法」

商標+「通販」or「販売店」or「最安値」などのキーワードの場合は、冒頭からクリック誘導を仕掛けます。

千葉名人

成約に近いキーワードは「上位3位」くらいまでに、検索結果で表示されないと、上位表示のサイトでコンバージョンしてしまうので、なかなか厳しくなるデメリットがあります。上位表示できれば、アホでも売れます。しかし、上位表示が難しいので、成約から遠いキーワードもチャレンシしたほうが良いです。

成約から遠いキーワードは、訪問者を説得するために情報量が必要になります。

 

しかし、ターゲットが検索するキーワードが検索順位で「5位」くらいまで食い込んでいれば、構成がしっかりしてれば、しっかりと売れます。

売れる文章力、構成力が付きやすいので、両方カバーしていく戦略がベストです。

 

キーワードの答えを返したタイミングで誘導する

キーワードの答えを返したタイミングで誘導すると考えると簡単になります。

例えば、商標で「プエラリアボイン」という商品があるとします。

 

☑ キーワードが「プエラリアボイン」+「飲み方」

なら「プエラリアボインを夜寝る前に3粒飲みます」が答えになるコンテンツだとします。

 

この「答え」を教えた直後が、公式サイトに「誘導」するタイミングとなります。

 

「夜寝る前にプエラリアボインを3粒飲みます」

>>プエラリアボインの公式サイトはこちら

 

記事の末尾が最高の誘導ポイント

記事を読み飛ばして、最後まで「ざーっ」と流し読みしたり、スマホならスクロールさせる人がいます。

かなりの数いると思います。

 

そのため、見出し、小見出し、そして記事の末尾が重要です。

特に記事の末尾(一番下のセクション)は、それ以上スクロールできないので、誘導だけする形にします。

 

他に選択肢がない状態にするのです。

 

ブラウザバックか、公式サイトの二択です。

 

見込み客の「誘導」が目的の「キラーページ」はワンカラムで、他の記事などのアイキャッチやタイトルも出さないのがポイントです。WordPressであれば、それが簡単に記事ごとに設定できます。

 

集客用の記事はの記事も見てもらうことが目的

上記のキラーページの目的はコンバージョンです。

 

それとは違い「集客用の記事(コンバージョンを直接狙わない記事)」は、「他の記事にもユーザーが流れて読んで貰う」ことが大切です。

そうすると、サイトのセッション時間が加算され、サイト評価がUPするメリットがあります。

そこで、価値のある記事が沢山あるほど、「閲覧者も有益な情報が満載のサイトだ!」と認識してくれます。ユニークアクセスに対して、何倍もページビューの多いサイトになっていきます。

また、集客用のページから、この記事のように末尾にコンバージョン用の記事にリンクで誘導する流れもあります。

この記事の末尾にある、リンクの先はこのブログのキラーページの一つになっています。

 

この2つを正しく使い分けて、正しいタイミングで誘導することがポイントとなります。

 

>> 【最強】WordPressによるロングテールキーワード戦略による物販アフィリエイトの秘奥をバカみたいに全部曝露!!!

-未分類

Copyright© スーパーサイトアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.