物販アフィリエイトのコツ『人と違うこと』をやれ!

投稿日:2017年8月20日 更新日:

物販アフィリエイトのコツとは?

「事前に答えが分かっている問題しか解かないのであれば、その企業はつぶれてしまう」

千葉名人です!

今回は「物販アフィリエイトのコツ」についてのお話です。

物販アフィリエイトの「塾」やら「コンサル」に依存している人は目を覚ましてください。

 

事前に答えが分かっている問題しか解かないのであれば、その企業はつぶれてしまう

商売にいつまでも「正しいやり方」なんてありません。あるのは「ノウハウ」の蓄積です。しかも、それは自分で見つけたものが最強です。人の言ってることなんて、本当かどうかわかりません。甘えないでください。

自分で稼げる手法をテストしながら探し、結果を検証し「答えらしきものを常に調べる能力そのもの」が必要になります。

☑ 教えらた方法を「そのまま素直」にやり続けても、やがてその手法は「ダメ」になります。

 

自分で検証できないから負けるのです。「教えられた方法を素直にやれる人が良い」なんて、ご都合主義の戯言は信用しないことです。

学校の勉強と違い、商売の「答え」は常に変化しています。

さらに、塾やコンサルなどで得た情報は、あなたの他にも教えられている人が沢山います。

つまり「まったく同じことをやってる人たちが増え続け無駄にライバルが多くなる」という究極の欠点があります。それが、あなたとあなたの「サイト」を苦しめてきます。一番必要な能力を伸ばす機会と時間とお金を損失してしまうのです。

 

塾やらコンサルで課金して時間を浪費している暇でWordPressでサイトを立ち上げましょう

千葉名人

塾やらコンサルで課金している暇で、今現在あなたが狙うキーワードやジャンルで上位表示されているサイトを「リアルタイム」で研究したほうが、実は圧倒的に早いのです。しかも、「無料」です。こんなことを言うのはオレくらいです。単純にこういう情報発信は「初心者からお金を直接巻き上げる」ほうが楽です。

オレみたいに、本当のことは絶対に言いません。

でも、もう1回いいますわ。

無料で「最高の答え」が丸出しになっています。それを研究して参考にするのです。必要なのは、その「実行」だけです。それを続けるだけです。

※ 参考にするだけで、パクリはダメですよ

 

見ろ!これがペラサイトの現実だ!!

ペラサイト手法のコンサルを受けて、サイトを量産して壮大に挫折したオレが、その現実を白日の下に晒します。

このグラフはペラサイトのアクセス数です。ユニークアクセス(訪問者数)とページビュー(閲覧数)が表示されています。

普通のサイトとの「違い」がわかりますでしょうか?

千葉名人

その違いとは、「ユニークアクセス」が「ページビュー」と同じだということです。なぜなら、ペラサイトは1ページしかないからです。

1ページしかないのを、二度見、三度見してくれるケースだけ、少しページビューが増えますが、そんなのはごく少数です。基本、ユニーク数=ページビューになります。だからペラサイトは長期戦で100%負けます。

グラフを見ていただければ一目瞭然ですが、これがペラサイトのアクセスのグラフです。これでは安定して上位表示できません。

良く、ペラサイトから「初報酬がでましたーwww」と喜んで、そういう塾やらコンサルで感謝している方がいます。しかし塾やらコンサル料金を払う金で、さっさとWordPressでサイトを作って記事を入れ続けたほうが絶対に稼げます!

さらに、ちょろちょろと売れる程度のサイトで喜んでいる時点で負けです。

そうではなく、バブルのようにバカスカ売れるサイトができなければ「負け」であることを知ってください。

絶対にペラサイトのコンサルや塾の連中が教えないことを、今わたくしめはぶっちゃけています!

 

>> 【悲惨】ペラサイトが稼げなくなるメカニズム【曝露】

 

 

正しいやり方なんて無いし裏技もない

ペラサイトみたいなゴミ手法を何万も出して「正しいやり方」とか言う謳い文句に騙されて課金して、たったの数時間のコンサル(笑)を受けてバカスカ稼げるサイトが作れるようになるわけがねーだろw

と、「当時の自分みたいな人に教えてあげたい」と作ったブログがこのWordPressブログです。物販アフィリエイトの基本を知りたい「似たような人」が沢山いると思ったのです。

とりあえず、180サイトほどペラサイトを作り、大半がゴミのように潰れました。再び、そのコンサルに相談したら「まだまだ沢山作れ」と言われました。

まったくコンサルの意味がないわけです。どういう理屈でさらに、そのまま量産しろと言ってるのか?あまりに非論理的手法すぎてやってられません。

「なんだ、実際には、なにもわかってないわw」と確信した瞬間でした。

 

売れる構成だけ一生懸命力説してたのですが、そんなもの「無料」で丸出しになっています。マインドセットとか、クソどうでもいいです。商売なんて必死にやるのが当然で、「マインドセットとか、なにを甘ったれたこと言ってるんだ???」って話です。

商標キーワードで検索して、単体で上位表示されているサイトの誘導リンクが出ているページが、売れる構成のお手本です。しかも上位表示されるサイトとしてもお手本です。

 

手法の利点を論理的に説明できないコンサル

ペラサイトが優れている根拠がまるでオレに説明できていないわけです。それで、根性で「とにかく信じて作れ」しか言えない。

ペラサイトで今現在も僅かに残っているものは「キーワードのレベル」で言えば「スモールキーワード」のカスレベルのすごくニッチなものです。

千葉名人

ニッチなキーワードはライバルがいないので、ペラサイトでも上位表示で時々はモノが売れます。

しかし、検索ボリュームが少ないのでアクセスの伸びしろが少ないのです。これはとんでもない欠陥です。

だから、長くは沢山売れないので、ドメインを次々取得して、永遠にずっと連日バカみたいに量産し続けなければなりません。

そのキーワードがサジェストや虫眼鏡に依存したものだと、すぐにライバルが現れます。

 

塾やコンサルでは「同じ手法」の人間が同じ手法でパクってリライトで追いかけてくるよ!

まったく同じコンサルを受けた手法の人間が、オレのサイトをパクって画像までコピペして同じキーワードで襲い掛かってきました。何度もです。

☑ ペラサイトなんて、リライトとか言って人のサイトをパクって量産するのが大半なので『必ず』そうなります。

あまりの「ゴミ手法」さに驚きました。すぐに飽和するので、永久に量産し続ける必要があります。

ペラサイトで稼いでいる人は、永久に量産するかサジェストにすら出てこないキーワードでズラして影でこっそり稼いでいます。

千葉名人

そういう人は、キーワードの選定スキルが高い人です。そういう人はなかなか頭がいいと思います。

コツがあって、ズラしてズラしてがら空きのキーワードにたどり着くケースがありますが、なかなか見つけるのが大変で、基礎知識が必要です。リサーチがキーワード選定でも記事内容でも非常に重要だと言えます。

例えば公式LPからのキーワード抜き出し程度ではまったくダメです。リサーチして、その案件とターゲットと独自に使われている用語を熟知することが重要です。

また、だれもやってないのに、売れるキーワードを、WordPressで記事を沢山入れたサイトのロングテールアクセスから取得し、後からそのキーワードに特化した記事を入れる方法がおすすめです。サーチコンソールを必要としますが、その価値があります。

ペラサイトというものは、残念ながら「売上の伸びしろ」がとても弱いですね。ちょいちょい売れてくれる程度では、翌年度以降の「ドメイン維持費用」がシャレにならなくなります。次々と請求されるイメージです。最悪です。

 

本当のズラしキーワードはリサーチから発掘できる

先に述べた「ズラしキーワード」は非常に重要な技術ですが、みんなにここでやり方をバラすと全然ずらしにならないので、ここではお話しできません。

実は、塾やらコンサルが教えているズラしは「本当のズラし方」ではないのです。

これは、ジャンルとターゲットを徹底リサーチすると、その答えが自然にわかります。ペラサイトのような薄っぺらいサイトを次々と機械的に作るのではなく、何よりも「リサーチ」を重視しましょう。必ず、独自の発見にたどり着くことになります。

>>と言いつつ「商標キーワード以外」のキーワードでズラシて、クロスセル・アップセルする方法を思いっきり曝露!!!

 

手法の「売上」の伸びしろの限界値をちゃんと考えてるか!?

ドメイン代がドンドン積み重なって今年のドメイン更新料金だけで、数万円になりました。サーバー代よりドメイン代の累積のほうが高くなってきました。

百ドメイン以上捨ててもこの有様です。バカバカしいので、やっぱり記事数の多いWordPressなどのサイト運営が絶対に良いと再確信しました。

 

最初から、ペラサイト量産の手法を疑っていたわけではなく、3ヶ月以上バカみたいにペラサイトをリンクも入れずに「ホワイト」で作りまくっていました。

それでサイトが全然上位表示できず、できても大したアクセスが集まらない。たまに、少しだけ発生するだけでバブルにならないのです。

これではプロレベルで稼げるようになるまで、何サイト量産したらいいのかまったく先が見えないし、その根拠も理論的に説明がつかないのです。単なるくじ引きみたいなことを延々と機械的にこなして、偶発を狙うのですが、これならドメインを個別に取得する意味が希薄です。

 

ペラサイトでドメインを沢山取得する意味

なんでペラサイト手法でドメインを沢山取得することを推奨するのか?

これは、単純に一昔前までペラサイトに自作自演のリンクをデタラメでもつけてたら上位表示できたからです。さらに、日本語ドメインがSEO上有利に働いていたからです。つまり、沢山ドメインを取得する理由とはその単なる名残です。

また、案件を絞り込んだジャンル型のサイトで大きく作ろうとすると、沢山の案件を扱うことが難しい面があります。しかし、ペラサイトなら横展開でカンタンに攻めることができます。ちょっとだけ売る程度で良いなら一番手っ取り早いのです。

その点は長所です。ただ、最近、検索結果で一気にサイトが上がりにくくなってしまってる傾向が強まっています。明らかに、WordPressなどの記事数が多い「ドメイン1つ」にパワーを集中させているサイトに勝てない状況になってきています。しかも、今後その傾向が強まるのは確定的です。

googleはセッション時間をとても重視しています。googleアナリティクスを入れたらセッションがデフォルト表示で、ゴリ押しされています。昔はユニークアクセスとページビューが基本でしたが、自分でセットしないと表示されないですよ。それだけ、googleはセッションを重要視しているのです。

上位表示させたいなら、「セッション伸ばす方向でがんばってよ」とgoogleが言っているのと同じです。

すると、サイトの情報量が少ないサイトほど「サイト滞在時間」が少なくなり、比較評価(検索順位)の指標的に「ドンドン負けていく運命」だと予見できます。現在すでにそうなっているのです。

ペラサイトで頑張るなら「トップページ」の情報量を増やすことになるのですが、それでも記事数が多いサイトにやっぱり勝てない。勝てるとしたら、余程ライバルが弱いというだけの話です。

 

サジェスト依存は連動して死ぬ

サジェストが死ぬと連動してサイトも死ぬし、ライバルがすぐに出てきてパクって追随してきます。

メインキーワードが「丸見え」ですので、すぐにリライトされて追いかけられるのです。Yahoo!の虫眼鏡キーワードもライバルだらけです。googleのサジェストもそうです。すぐにライバルが増殖します。

これは、ぶっちゃけ浅い記事の量産でも稼げる「トレンドサイトアフィリエイト」よりも地獄です。永久に量産しろって意味ですから。

ペラサイトをホワイトで量産する欠点は検索ボリュームの多いキーワードとロングテールキーワードを捉えられない点にあります。

 

☑ 検索ボリュームが少ないキーワードに偏る傾向があるので、結果的に「伸びしろが少ない」キーワード選定になります。

もちろん、伸びしろのあるキーワードを選んでも、ペラサイトでは上位表示が無理なケースが大半です。

とりあえず、ペラサイトでやるならやるで、被リンク程度はまともに入れたほうが良いです。それが嫌なら記事の多いWordPressサイト等で、内部リンク構造もしっかりさせて勝負をかけたほうが良いです。

正直、WordPressのほうがカンタンです。セットアップも初心者用に整備されて無茶苦茶カンタンになっています。

しかも、初心者が考えて設計するのは非常に難しい、内部SEOも「テーマ」と呼ばれるテンプレートを導入するだけで勝手に最適化されます。WordPressこそ初心者向けです。

 

>> 【最強】WordPressによるロングテールキーワード戦略による物販アフィリエイトの秘奥をバカみたいに全部曝露!!!

 

サイトのアクセスを伸ばし、クリック数を増やしコンバージョンを増やす

☑ アクセス増加=クリック数増加→送客数が伸びる

☑ 送客数✕CVR✕単価✕承認率=アフィリエイトの売上

この送客数を伸ばす部分は、自分の努力で可能になる部分です。これがとても重要です。WordPressなら投稿しまくって記事数を増やせば良いだけです。

 

他は、ほとんど案件に依存する数字です。このアクセスを増やして、送客数を増やす部分が重要になります。

ターゲットを集客するキーワードでのアクセスを伸ばし続ける戦略を採用したら良いのです。

 

 

商標キーワード以外は特単も貰える

商標キーワードよりも、それ以外のキーワードでこれが伸びると、特単の依頼がやってきます。商標キーワードは売れやすいのですがライバルが多く、特単を得られない欠点があります。

どちらもやったら良いのですが、商標以外のキーワードでも集客できるようにがんばることも重要です。

記事数の多いWordPressサイトを構築すれば、どっちも同時に一つのドメインで狙えます。

 

☑ 関連キーワードでサイトを作れば比較サイトが作れます。

すると、なんとASP側が「特単」をいきなり持ってきてくれて「掲載してくれ!」とお願いしてくる状況に至ります。商標キーワードでは無理です。

※ 商標キーワードというのは、商品名のことです。

商標キーワードサイトはライバルが多く上位表示が大変なのですが、上位表示できれば売れます。しかし特単が貰えないというデメリットがあります。禁止されているケースもあります。

だから、両方できるように商標以外のキーワードも強化したほうが良いです。商標以外も扱えると一気にサイトのコンテンツとして積み上げられるポテンシャルも飛躍的にUPします。商標キーワードだけでサイトに記事を入れていくのは、ネタがなくなる欠点があります。

両方できるようになって組み合わせて集客できるようになれば良いという戦略です。

 

ペンギンアップデートやパンダアップデートで潰れただけなのにペナルティでやられたと言うイミフ

数年でgoogleのアルゴリズムは激しく変動しています。劇的な変化です。

昔「150万稼いでいました!」とか言って、今の稼ぎを証明もできずに「コンサル」やら「塾」をやってるヤカラが、「被リンクを自作自演で入れたらペナルティで稼ぎが激減した」とか言っていました。

しかも、それは全てのサイトに「サーチコンソール」を入れてるわけでもなく、シリウスからピングで登録されやすい状況を作ったり、自作自演の被リンクでgoogleのクロウラーを回してるだけのサイトですからね。

そんなもん、たんなるgoogleのアルゴリズム変動の波の飲まれて大量のペラサイトがまとめて自然に駆逐されただけの話なのです。

ブラックでペナったんじゃないですよ。ただ、ショボいサイトだから、googleに「いらねw」って捨てられただけなんですよ。

千葉名人

手動ペナルティなんてgoogleは暇じゃないので、そんな「大量のペラサイトごとき」にイチイチやらねーっつーの!

所詮、偉そうにしている「素人コンサル」なんてその程度ですよ() - - - = =  =   笑

 

人と違うことをやることが、物販アフィリエイトのコツ

数カ月、物販アフィリエイトの基本を修練したら、あとは自分の我流を探していきます。

☑ 他の人がやってないけど、やってみたら上手くいく方法を試行錯誤しながら実行して模索するのです。

その上で、だれかに依存するのは最初からやめましょう。あくまでも「参考」にする程度にしてください。

 

このわたしも含めて、参考程度にしてください。

正しいやり方は、あなた自身がリサーチを積み重ねる過程で絶対に発見します。人から習っても結局自力で調べて実行して検証することを継続することが必要になります。

それなら、最初から「これはどうなんだろう?」と思ったら、今スグ実行していけばいいだけです。

初心者でも今スグ、WordPressなら物販アフィリエイトがスタートできます。

千葉名人

自力で人と違うなにかを構築してください。それが「できる・できない」は別にして、とにかく意識してがんばってください。

アフィリエイトは基本だけは同じです。しかし、そこから先は自分で「検証」しながら試行錯誤していくことが一番重要です。

☑ オリジナル手法を自分の「長所短所」を客観的に見極めつつ、サイトに付け加えて「テスト」します。

結局、しつこくしつこく「継続」して「検証」し続けることが一番重要なコツです。

 

最初の入り口だけ、参考にするべきものを間違えないようにしましょう。

記事数の多いものを推奨しているなら、まぁ良いと思いますが「ペラサイト」だけは避けてください。断言しますが、初心者の入り口としても、すでに完全な「オワコン手法」です。

 

情報量を軽視してはいけない

このケンカ殺法ライティングで今、6000文字くらいあるのですが、文字数は情報量として大切です。

 

対象に対してのリサーチを行うことで6000文字前後は、片手間で書けるようになれます。書けるようになってください。文字数は関係ないとか言ってるのは、単なる甘えです。関係あります。

こういうことは極論で考えると良いです。

0文字 VS 1万文字 上位表示されるのはどっち?

 

もちろん「文字数だけ」では、ダメですがサイトの情報量のパワーは、とても大切な要素です。

 

たしかに、キラーページ(クロージングして送客するためのページ)で無駄に文字が多いとコンバージョン(発生)が悪くなります。

☑ その場合は、キラーページだけ簡潔にしてしまえば良いです。そこに内部、外部からリンクで見込み客を集客したら良いだけです。

 

欲しがられるなら「情報量」は多いほうが良いです。リサーチでアウトプットの質量がUPするように「インプット」を増やす。

リサーチをしっかりしていると、勝手に提供する価値のある「情報量」が増え続けます。ちゃんと勉強している人の記事は、単純に読む側のためになります。

 

漫画家や小説家が事前に資料を大量にチェックするのと同じですね。

 

>> 【最強】WordPressによるロングテールキーワード戦略による物販アフィリエイトの秘奥をバカみたいに全部曝露!!!

-未分類

Copyright© スーパーサイトアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.