アフィリエイト

物販アフィリエイトの記事数とWordPressでアクセスを伸ばす方法を曝露!!

投稿日:2017年7月28日 更新日:

物販アフィリエイトで稼ぐための記事数

「問題解決を図るよりも、新しい機会に着目して創造せよ」

今回は「物販アフィリエイトの記事数とWordPressでアクセスを伸ばす方法

についてのお話です。

 

物販アフィリエイトの記事数

☑ どれくらいの記事数があると、キーワードが上位表示されますか?

千葉名人

これは狙っているキーワードのライバルの状況にもよります。数が多ければ得られるメリットは「まぐれ当たり」です。ロングテールキーワードと呼ばれるキーワードが偶然検索にヒットし、思わぬ検索ユーザーを集めることができるようになります。

10記事程度で、そこそこアクセスが来る場合もあれば、100、200記事でもまだまだアクセスが足りないという場合もあります。

このまぐれ当たりを単なるラッキーと捉えて、

「それではいけない」→(理由)狙って当てるから「再現性がある」→まぐれ当たりには「再現性がない」

・・・と考えてしまう人も多いと思います。

 

しかし、これは確率の話ですので「再現性」はあります。

 

数をこなすことで一定の確率で起こることです。ライフルで一発で仕留めるか、散弾銃でどれかの弾丸が獲物に当たるかの違いでしかありません。まぐれでも、当たればいいんですよ。

狙って当たらないことのほうが多いんですから。

 

不確実なものに確実性を求めるなら、確率勝負に持ち込むほうが良いという考え方です。

 

狙ってないキーワードでやってきたユーザーが重要な理由とは?

狙ってないキーワードでやってきた「サイト訪問者」がアイキャッチ画像などをクリックし「他の記事」を見ることで、セッション時間(訪問者がサイトに接続しサイトを見ている時間)が増えます。

 

そのサイトでユーザーが滞在して閲覧している時間が伸びると、google側からのサイトの評価がUPしキーワードが上位に浮上します。

その結果、アクセスが増える「好循環」に入ります。

他にも検索エンジンから評価を得る方法が沢山あるのですが、記事数が多いサイトほどアクセスが増えるのは単純に言えばこの流れです。

最初は「数人程度」しかアクセスが無い期間が、ずーっと続きます。

 

 

アクセスを早く伸ばす方法

この初動を早める方法として、外部の別ドメインのサイトやSNSからリンクで人を集めて、閲覧してもらう方法があります。

 

なかなか最初はアクセスが来ないので、そもそもの評価の基準になるデータをgoogleのクロウラー(ロボット)が取得できない問題があり、その状態が続くといつまで待ってもアクセスが増えないサイトになってしまいます。

単にインデックスされただけでは、アクセスが伸びない理由です。

 

しかし、WordPressなどの記事数の多いサイトは、製作者が意図していないキーワードからの検索流入が増えていきます。

例えば、この記事が狙っているキーワードは「物販アフィリエイト 記事数」です。

 

しかし、それ以外のキーワードで検索している人が、この記事に検索経由で流れてくるようになっていきます。

 

ロングテールキーワードが検索結果で上位表示されるからです。偶発(まぐれ)です。

狙ってやればできますが、検索ボリュームが少ないものは狙わなくても偶然で上がります。

 

千葉名人

記事数が増えれば増えるほど、この偶発による検索流入はドンドン増えていきます。経験則で「200記事」を超え、3ヶ月から6ヶ月くらいするとアクセスが底上げされるケースが多いです。サイトのジャンルやライバル状況で変化しますが、500記事を超えたらほぼ完成に近いサイトになります。

目安として1年で、1サイト500記事くらいでしょうか。

ジャンルやバックエンド案件(売りたいサービス、商品)によってバラバラですので一概には言えませんが、それくらいを目安にします。

 

トレンドブログなどの場合はもっと早い段階でアクセスが伸びてくるケースが多いです。

 

しかし、トレンドブログは放置しているとアクセスが激減するのが特徴です。

 

わたくしめのサイトアフィリエイトは、記事内容が時間経過で価値が減らないように、恒久的な内容に限定して書くようにしています。

「半永久的に読まれる記事」を目指しています。

 

放置しているサイトなのに、アクセスが減のではなく勝手にアクセスが伸び続ける傾向が強いサイトの秘密は、記事(コンテンツ)が劣化しないものを扱うことです。

今話題の内容の記事は「瞬間的」にアクセスを集めます。しかし、みんな話題にしなくなりだれも読まなくなる欠点があります。

つまり、延々と新しいネタを投入し続けなければ稼げないサイトになります。

 

それでは、放置している間も稼げる「サイトアフィリエイターのメリット」が得られませんよね。

腐らない内容だけを書くようにしましょう。最初は意識しながら記事を書くので難しく感じますが、これは慣れると自然にできるようになります。

 

 

記事数の多いサイトは半年、1年先までアクセスなんか無くてもいい

記事があまりないサイトにアクセスした時にあなたはどう思いますか? 

 

「工事中」などと書かれているサイトを見てどう思いますか?

即効でブラウザバックですよね?

 

充実した状態からアクセスが集まるほうがいいんですよね。

だから、サイトの記事数が少ない段階ではむしろ誰も来ないでほしいと思って新しいサイトを作っています。

 

ただ、googleへのサイト記事のインデックスは「早いものほど有利」になりますので、ドンドン記事を早めに増やし続けることが大切です。

早ければ早いほど、有利になる仕組みになっています。

千葉名人

しかし、サイトアフィリエイトでトレンドブログ的な「今だけしか需要のないキーワード」で投稿しても、「1年後には無価値」になりますので注意しましょう。

ブログと言えば「日記」みたいな記事を思う人が多いのですが「日記」はダメです。

 

もし、あなたが有名人なら日記でもファンが大喜びで読み漁ります。しかし、一般人であるのならばそれは無理です。

 

アメブロの有名人の記事に沢山アクセスがあるからと、あれをマネしてもアクセスは増やせません。

サイトアフィリエイトでは、ターゲットが集客できる記事を意識します。誰が書いていようが関係なく価値があり、長く劣化しない内容であることが基本になります。

 

 

ペラサイトのアクセスがなかなか伸びずにキーワードも上位表示しずらい理由

ペラサイトをやっていると、ロングテールキーワードからのアクセスが、ほぼ皆無です。

記事数が少ない=情報量が少ないのでそもそも検索エンジンにヒットするキーワード数の内包量が少ないからです。

 

それに対して、記事数が多いWordPressなどのサイトは「ロングテールキーワードでのアクセス」がドンドン増え続けていきます。

 

最終的に正しい方法で記事を追加していくおとで、メインで狙っているキーワードも上位表示される状態まで成長することになります。

どんどんインデックス時間が「短縮」されてgoogleでのキーワードの上位表示も「短時間」で実現されるようになっていきます。

 

 

ロングテールキーワードとは?

そもそも「ロングテールキーワードって何?」という人のための解説をしますね。

 

ビッグキーワード、ミドルキーワード、スモールキーワードと呼ばれる、検索ボリューム数に応じた呼び名があります。

 

例えば、

☑ビックキーワードは「脱毛」などがあります。

☑ミドルキーワードは「脱毛エステ」「脱毛メンズ」「脱毛 口コミ」などがあります。

☑スモールキーワードは「脱毛エステ 安い 痛くない」「脱毛エステ 口コミ クレーム」「脱毛エステ 値段 比較 一番安い」「脱毛メンズ クリーム おすすめ」

などがあります。

 

ビックキーワードほど、範囲が広く対象も多くなります。

 

逆にスモールキーワードほど、「範囲」が狭く、「対象」が少なくなります。

 

 

スモールキーワード=ロングテールキーワード

スモールキーワードほど、数が多いのですが検索する人の数は少なくなります。

しかし、スモールキーワードのほうが、検索者の意図がハッキリしているので、それに対して、ドンピシャの記事があれば、物販アフィリエイトであれば「高い可能性」でモノが売れます。

 

「脱毛エステ」という単体のビックキーワードで上位表示できても、なかなかスグに成約になるわけでもないです。

ロングテールキーワードである「脱毛エステ ミュゼ 池袋」などのほうが高確率で予約をしてくれるユーザーがアクセスしてくれます。

 

しかし、このスモールキーワードは狙って作っても「最悪」の場合、誰も検索しません。

 

スモールキーワードをライバル不在のニッチキーワードなどと言って、ペラサイトで作ると大半が「失敗」で終わります。

こういうキーワードは記事数が多いサイトが「偶発」で当てるのが良いのです。

 

そして、アクセス解析で、「このキーワードで検索来てるじゃん!」と見つけたら、それ専門の記事を投稿したら報酬が爆発します。

 

さらに、記事数の多いサイトなら、このようなキーワードを「最初から狙い撃ち」しても、サイトが受けるダメージは無いに等しいので、スモールキーワードだけを最初から狙った記事を作ってもOKなのです。

 

戦略としては、「最終的にミドルキーワードが上位表示」されるように、「サイト全体の評価」が高まるように直接売れるキーワード以外の記事も含めて記事を投稿して行きます。

千葉名人

ペラサイトでライバルから逃げて「ズラしキーワード」とか言って作っても稼げない可能性のほうが高すぎてバカバカしいと思う手法がばら撒かれています。その狙いであるのなら、WordPressで記事量産したほうが1つのドメインで様々な切り口でアタックできます。しかも、スピードも当然一つ一つドメインをサーバーにセットアップするよりも早く、記事から記事への内部リンクも作れます。ドメインパワーもUPしますし、商標キーワードでないサイトであれば、特単(とくたん)が貰えるサイトに育つ可能性があります。

セッション時間が伸び続けるので、記事数が多いサイトはペラサイトを無意識に駆逐してしまうほど時間経過するほどに強くなっていきます。

ジャンル単位で専門サイトを作って、「そのジャンルを制圧してやる!」くらいの意気込みで記事を投下していきましょう。

 

WordPressでアクセスを伸ばす方法

外からリンクを得ることを、外部SEOと呼びます。自然に被リンクを得ると、外部サイトからユーザーが流れ込みます。

そのユーザーがサイトに滞在する時間が伸びると、googleのサイトへの評価がUPします。

 

そしてユーザーのサイト滞在時間を伸ばす方法として、有効なのが内部SEOです。サイトの中をグルグル回って貰うほどサイト滞在時間が伸びサイトの評価が上がりドメイン価値が強くなります。その結果、どんどん記事が上位表示されるようになり、やがてイヤでもアクセスが増えていきます。

☑ これは内部SEOがしっかりしているサイトであることが重要です。

オレが「ダメか・・・」と思ってたサイトが急激に伸びたのは内部SEOを改善したからです。

 

WordPressでサイトアフィリエイトをやりたいと思う場合は、思い切って有料のテーマの利用をおすすめします。

 

内部SEOが最適化された環境で作業できます。カテゴリー分けをしっかり行って、記事を投稿していくことに集中できます。

固定ページ(html)サイトを作る場合、2階層、3階層などカテゴリーごとの階層や内部リンクを設計して、効果的な内部構造を考えて作り込みます。

WordPressであれば、そこもふくめて自動でやってくれるのが強みで、スマホなどにも自動で最適化してくれます。

 

サイトアフィリエイト特化型テーマ「アフィンガー」

アフィリエイト専用に、人気テーマ「スティンガー」に、さらに高い機能が提供されたテーマがアフィンガー』と呼ばれるWordPressのテーマです。

WordPressにインストールして使うことができます。サイトアフィリエイトをしている人のために作られたWordPressのテーマです。

AMP対応もボタン1つです。

 

「アフィンガー」の使い方は初心者にも簡単です。

 

ランディングページ(サイドカラム、ヘッダー、フッター非表示、ワンカラムレイアウトの記事)も、ボタン1つで作れます。

☑ 試しに、この記事を『ワンカラム』にしてみました。

千葉名人

アフィンガーは「複数のサイトに適用して使うことができる今」がお買い得です。もちろん、このWordPressサイトも「アフィンガー」です。

アフィンガーの製作者の方は「アフィリエイトのプロとしても有名なスーパーアフィリエイター」でもあります。

だからアフィンガーには、「アフィリエイターが欲しい機能」が驚くほど揃っています。

 

アフィンガーのレビュー

※ユーザー様の声はAFFINGER4のものです

 

思いっきり宣伝になってしまいましたが、よかったらサイトアフィリエイトに一番おすすめのテーマ「アフィンガー5(WING)」を試してくださいね。

※ 当ブログ『スーパーサイトアフィリエイト』にも最新の「WING(アフィンガー5)」が適用されています。

 

>> WING(AFFINGER5版)の詳細はこちら

 

-アフィリエイト
-

Copyright© スーパーサイトアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.