アフィリエイト

物販アフィリエイトのコンバージョン率(CVR)とは?

投稿日:2017年5月31日 更新日:

物販アフィリエイトのコンバージョン率(CVR)

ふぁああい、千葉名人です!

今回は

物販アフィリエイトのコンバージョン率(CVR)

についてのお話です。

 

コンバージョン率(CVR)とは?

ウェブサイトへのアクセス数(=ページビュー)、またはユニークユーザーのうち、何割がコンバージョン(商品購入や資料請求などの、ウェブサイト上から獲得できる最終成果)に至るかの割合を示す指標。
トップページや商品紹介ページの、一定期間内のコンバージョン件数を、同じ期間内のアクセス数、またはユニークユーザー数で割って算出する。
また、インターネット広告などを利用した際は、獲得できたコンバージョン数を、各広告ごとに獲得できたクリック数(=ウェブサイトへのアクセス数)で割ってコンバージョン率を算出し、それぞれの広告のコンバージョン率を比較することができる。(図1参照)

引用 : http://www.okuramkt.com/dic/effect/conversion_rate2.html

EPCなど重視する方もいますが、サイトアフィリエイトの場合は、CVRと承認率がわかればOKです。

その上で検索ボリュームを把握することで、他の人より有利にサイトを展開できます。

 

物販アフィリエイトのコンバージョン率の計算方法

アフィリエイトのコンバージョン率の計算方法は、

広告リンクのクリック数」で「発生件数」を割って算出できます。

 

☑ 100クリックで、1件発生で1%のコンバージョン率ということになります。

 

物販アフィリエイトのコンバージョン率は何%あればOKなのか?

調べたら色々な意見があるのですが、最低ラインは1%という意見がありました。

 

 

現在、自分は売れる案件はクリックの3割から2割くらいの確率で発生しています。

100クリックで30件くらいです。つまりコンバージョン率は、大体3割です。

 

ですので、コンバージョン率1%は相当な高額案件でなければ「厳しい数値」だと思います。

 

仮に同じ案件を売る場合でも、「成約から遠いキーワード」だと、やっぱりそれくらいになるケースがあります。

 

どうしたって売れない案件がある

高額案件はやはり、低価格案件より売れにくいです。

 

「同じ労力だから高額案件を売ったほうがいいよ」とスーパーアフィリエイターの先生にアドバイスしてもらったのですが、価格が安い案件ほど良く売れています。

ただ、安くても売れない案件があります。

 

また高くても売れやすい案件があるわけです。

 

今、医療系の案件で3つの広告をABCテストしています。

A案件は承認率2割ですが、コンバージョンは約2%ほどです。

B案件はコンバージョンが1%未満でした。

C案件はコンバージョンが1%未満でした。

 

結論として、A案件を紹介するしかないサイトを作ってしまいました。

 

そこそこボリュームがあるサイトなので、「やっちまったなぁ!」という感覚です。

もうジャンル選びに大失敗したわけです。

 

これでわかるのは、確定率が高くても、そもそもコンバージョン率が悪い案件は稼げないということです。

 

こうなると、新しい案件が出て来るまでA案件だけ紹介して、そのサイトは放置することにしました。

 

 

医療系はとにかくコンバージョン率が低いし確定率も悲惨です

医療系はこういうケースが多いです。

承認条件が深いとか言いますよね。

 

来店予約で承認ではなく、

カウンセリング→契約完了→支払い完了→やっと承認!

 

みたいな案件は、承認率2割とかそういう悲惨な感じです。

千葉名人

もうやらねーわ、こんなゴミジャンルw

何千時間かけてサイト作ったかわかんねーよwwwwwwww

なにが非承認だよ畜生!!!

30万とかの治療を成約させても、6発生の5却下とかされてるんですよw

 

そんなもん、やってたらこっちは商売あがったりじゃんけ!!!

 

 

それぞれのクリニックの特徴

ちなみに、A案件はみんな知ってるCMバンバン流している病院です。

B案件は、ネットでPRだけ有名人にステマ頼んでるセコい病院です。

C案件は、知名度ゼロの病院でステマすらしてないし、誰も知らんレベルです。

 

この結果から、知名度が信頼となり「高額案件でもコンバージョン率に多大なプラス効果」を生み出すことがわかります。

知名度が低い案件は、まぁだれも予約すらしないケースがあります。

 

脱毛エステとかも同じです。コンバージョン率が酷くなるわけです。

挙句は、承認率も酷いわけです。

 

こんなもん、誰が紹介し続けるんだ???

 

 

どんだけ苦心してお客さんを公式LPに送ってるかを考えろ!

1人見込み客を送客するために、どんだけ過酷な作業を

積み重ねてると思ってるんだ?

 

マジこの業界アフィリエイターバカにされすぎ

 

 

ミュゼプラチナムは最強の広告主

どう考えても、ミュゼプラチナムのような会社こそが最強なんです。

集客ベースは基本広告してなんぼです。

 

お客さんが「なにそれ?聞いたこともない」ってなった時点で

まぁコンバージョン率なんて1%未満確定ですよ。

 

挙句、そういう広告主なんかは特に承認率が低すぎて終わりです。

 

 

消費者はイメージが最優先される

どんなに良いサービスであろうが、消費者はイメージや感情が先になりますからね。

単なる安売りをしていてもダメです。

 

基本は広告をして知名度を上げて認知されて信用を先に買う必要があるのです。

 

LPにも注意しないとコンバージョン率が崩壊する

あと、LPにフリーダイヤル書いてる広告主は地雷なので避けましょう。

お客さんを沢山送ってもコンバージョン率が悲惨になる理由です。LPにフリーダイアルがバンバンでてるLPになってるASPは広告主に足元を見られている可能性があります。

ちょっと他のASPのLPを見比べてみてください。ASPによって公式サイトが違うケースがまれにあります。

 

ペラサイトで有名なタイガーさんは、LPにフリーダイアル掲載してる場合は取り扱わないと明言してました。

コールアフィリエイトを導入するなど、ASP側にも頑張っていただきたいものですね。

-アフィリエイト
-

Copyright© スーパーサイトアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.