物販アフィリエイトサイトの初心者は量産から入ると良い理由とは?

投稿日:2017年6月10日 更新日:

物販アフィリエイト サイト 初心者 量産

こんにちは 千葉名人です!

今回は

物販アフィリエイトサイトの初心者は量産から入ると良い理由

についてのお話です。

 

物販アフィリエイトサイトの初心者は量産から入ると良い

ページ数の多いサイトでも、ペラサイトでも最初はみんな思うような文章をなかなか書けません

その時の自分の採点で100点の記事を、数ヶ月後に見ると0点だったりすることが多々あります。

 

初心者の時点で最初から完璧なサイトをいきなり作ることはできません。

結果的に「捨て駒」となる記事やサイトが沢山必要です。

 

そのレベルでも、「なんとか売れるように目の前の作業を頑張る」のが基本です。

そのうち、どれかアクセスを集める記事やサイトが生まれます。

これが出てくるまで頑張ります。

 

ここで頑張れず、3ヶ月くらいでみんな脱落していきます。

人間の脳の仕組みとして、3ヶ月やって成果がでないとやる気がでなくなるメカニズムになっているのです。

 

本能レベルのことなので、当然の結果なわけです。自分も実際に一度、完全に挫折しました。

 

運良く、後から数件ものが売れてたので、徐々に復活して今も物販アフィリエイトを継続しています。

 

 

記事数(有益な情報量)の多いサイトは強い

例えば、WordPressやページ数の多い専門サイトなら200記事程度、半年後。

ペラサイトなら100サイトで半年後になっても、月に5000アクセスくらい集めるサイトが出来てないとしたら、やり方が間違っている可能性があります。

 

その段階で、プロのアフィリエイターに相談したり、自分でうまくいかない理由を探して改善をしてみます。

それまでは、とにかく数をこなすのが一番手っ取り早いでしょう。この段階で、売れるサイトができる人はスゴイと思います。

 

自分は、報酬が出ずに挫折状態になった後、少しだけ売れてきて月2万円前後をしばらくウロウロしていました。

 

 

この時に一番最初のコンサルの先生に質問した内容

この時にコンサルの先生に、案件選定とキーワード選定について質問しました。

とにかく「数をこなせ」と言われて、自分が求めている解答はしてもらえませんでした。

 

☑ その時、求めていた解答は今の自分は答えられます。

質問の内容は「どうやって案件とキーワードを選ぶか?」という部分です。

 

これは、「リサーチを徹底して行ってできるかぎり、キーワードと案件の選定精度を高める努力をしましょう」ということになります。

 

なぜ自分で当時の弱点に気がついたのか?

「リサーチにもっと力を入れるべきだ」と気がついた理由は、立ち止まって自分の失敗の山状態のサイトを検証しなおしたからです。

基本的に売れないサイトは、「質が低い」ことがボトルネックになっていました。

 

あのまま、バカみたいにペラサイトを量産しても結果は変わらない可能性が高かったです。

今断言しますが、あのまま量産してたらダメです。無駄でした。

 

質が低いから上位表示できないのです。つまりあのままでは「売れる理由」がないのです。

 

あの時は絶望の中にいました。

そうなると、やる気がまったくでなくなるのです。

 

そこで、コンサルの先生に「数をこなしましょう」と適当な答えだけされて「なんだそれ・・・・・」と思ったわけです。

どうせ「そう言うだけだろうな・・・」と思って質問したら、そのとおりだったので、ズッコケてしまいました。

 

その時の思いが原動力になり、このブログを当時の自分が作りました。

「この野郎!!!」ってタイトルにしてもいいブログです。

 

「全然稼げてないときから、ブログやって記録をつけておけばいいぞ!」と思ったのです。

 

大抵、そうやって始めても大半は挫折しちゃうのと、ある程度稼げるようになってから、はじめる人が多いと思うので、ちゃんと物販アフィリエイトだけで稼げるようになったらおもしろいと思ったのです。

過程が全部わかりますからね。その時の心理状態も含めて。

 

質を高めるためにはターゲットを知る必要があります

質を上げるためには、ジャンルとターゲット抱えている問題。

それを解決する手段を徹底して知る必要がありました。

 

だからリサーチを徹底してやる必要があるという答えに至りました。

その結果、イヤでも質はUPしました。

 

そんなに大変なことではなく、単純に調べることを重視しただけです。

より調べてから記事を書くようにしただけです。

 

数だけに走ると、このリサーチが雑になり人様のサイトのリライト記事ばかりになります。

コピーコンテンツは上位表示できないので、結局は稼げないわけです。

 

そうじゃなく、一次情報にできるだけ近くなるように、狙うジャンルとターゲットに詳しくなることを決めたのです。

その上で「数をこなす」ということです。

 

物販アフィリエイトサイトの中級者になる

沢山サイトや記事を増やしていくことで、徐々にアクセスが集まるサイトが出てきます。最初は運半分の偶発です。

だから、数が大切です。そこまでは、数をこなせばジャンルに詳しくなくても行けると思います。

 

数をこなしていくうちに、リサーチをしていくことを大切にしていると詳しくなっていけます。

 

次に、アフィリエイトサイトであれば売れるようになります。

ポツポツと売れて、そのうち連続で売れるようになってくるものも出てきます。

 

そこで、一度「実際にアクセスがあって売れているサイト」を見て自分で「なぜ売れているのか?」をじっくり検証します。

 

成功パターンと失敗パターンを自分で検証する

ここで、上手くいった方法と、失敗する方法を丁寧に腑分けします。

☑ 上手く行く方法を次の記事やサイトの構成で積極的に意識して採用します。(成功を再現する)

☑ 失敗した方法を避けて、そのパターンや法則から外れるようにします(失敗を回避する)

 

これをするタイミングは、サイト作成開始から約半年から1年後に来る人が多いと思います。

わたくしめの場合は、約半年後でした。

 

半年やっても何も売れてない人はどうしたら良いのか?

なにも売れない状態の人は、失敗した方法を避けて、上手く行く方法を探す必要があるといえます。

少し別の方法にしてそのまま、数をこなすことを継続すると、そろそろアクセスが集まってアフィリエイトで売れるものが出てくる位置にいるケースが多いと思います。

 

諦める直前あたりが「一番成長する直前」だったりすると感じています。

そのタイミングは一番苦しい時だったりすると感じています。

 

ちなみに、今現在ふたたび伸び悩みを感じて苦しんでいる最中だったりします。

 

今、実は伸び悩みを感じてもがいています

20万円→30万円と飛躍するタイミングで新しい壁が見えてきました。

 

初心者時点のときより、はるかにイージーな壁だとも感じていますが「精度を高めてもやっぱり数をこなしていかなければ、当たるものも当たらない」と思いました。

そこで数から逃げたくなっています。

 

質は担保されている状態になった中級者レベルの時こそ、再び数を最重視して良いタイミングだと感じています。

リサーチしていて、ジャンルとターゲットに詳しくなって「雑に書いてもそれなりの情報を提供できる」状態だからです。

あの初心者の時と違って、やるべきことも明確で売れるサイトの仕組みを全体として把握しています。

 

条件がまったく違いますし、恵まれていることです。今はもう、ただ数をこなせば良いのです。

 

検証して成功した方法で再び数をこなす

上記の、成功した方法。失敗した方法の検証を終えた段階で、少し質にこだわってゆっくり丁寧にサイトを見直しながら作ると良いと思います。

そしてその後、再び量産に戻るタイミングが来る人が多いのではないかと感じています。

 

なぜかと言うと、わたくしめがそのタイミングに今現在いるからです。

 

ここ少しの期間「減速して検証」していました。

 

しかし、検証が終わったら再びギアの回転数を上げて数に挑むしかないという結論になりました。

 

もちろん、ずっと数だけを目的化して作業をしてると、それもまたよくありません。

 

数をこなす→半年後に結果から検証する→上手くいった方法をピックアップする→その方法で量産する

 

この過程が良い流れではないかと思います。

 

 

楽したくなる

検証した後、当たる確率が上がる計算ですので「楽」したくなります。

 

初心者の次の段階は、成功した方法だけで記事を量産すること。

さらに、その方法が使えない場面では、失敗した方法以外で新しいやり方にも挑戦して、再び大量に検証することです。

これは、少しでも数が多いほうがいいです。

 

当たり確率が上がると楽したくなる

これまで、100やって1の確率で当たるのが、もしかしたら「100やって10当たるかも?」

・・・と思うと

じゃあ「10やって1でいいじゃん!」と思うのです。

 

ここで、記事をまた沢山書くことから逃げたくなりました。

 

でも、ある程度の数をこなさないと基本的に天才でもなければダメでしょう。

 

 

当たりサイトや記事を作れる確率

自分のこれまでのサイトの検証結果から、そのことも含めてハッキリわかってしまっているわけです。

ちなみに、自分の当たりが出る確率なんて3%くらいです。

 

記事ものなら、100記事かいて3記事とかそんな程度です。

 

ただし、WordPressやページ数の多いサイトの場合は、ドメインパワーがついてくると、結構適当な記事でも、そこそこ人が集まるようになってきます。

そこがペラサイトより楽で、時間が経過するほど強さを感じます。

 

 

そうなると、確率は倍々でUPしますが、そこまで至るまで1%あるかどうかです。

 

ペラサイトは今、あまりやってないのですが、自分は確率的に1%程度ですよ。100サイト作って1サイトが当たるみたいな。

だから、「1割当たればマシ」とか言ってる人は「本当のことを話してるのか???」と疑問に思うのです。

新規サイトが、そんなに高確率なら楽なんだけどなぁ。

 

ちなみに、当たりサイトというのは、月5万円以上を単体で稼ぐサイトを言っております。

1つだけ、たまーに売れる程度のサイトという意味では、たしかに1割は超えると思います。

でも、それはほとんど計算に入らないです。

 

売れるものがバカスカある状態でやっと「当たった!」と判定しています。それが無いと厳しいです。

 

ちなみに、アクセスが爆発的に増えたり報酬が増える時の棒グラフを見て「火柱」と呼ぶようになりました。

火柱が立つサイトができると、爆発的に売れます。

 

単価が高くて「火柱」が立つサイトが出来たら、スーパーアフィリエイターになれるのですね。

ちなみに、高額案件はたまにポツーンと売れるのですが、なかなか伸び悩んでいてこれが、今現在の伸び悩みの原因かも知れません。

高額案件は結果がでるまで時間がよりかかる面があるかも知れません。

 

どうしてもライバルが強いのもあると思います。

 

 

実力がUPしてやるべき作業が半自動でストックされてくる

おそらく、一年後くらいまで続けている人は、キーワード、案件選定、ターゲットなどを決定する速度が劇的に上がっていると思います。

すると、新しくつくるべきサイトや記事が山積みのような状態になります。

 

初心者のころは、やるべき作業そのものが見つけられず、キーワードも案件選定も質が低くなります。

 

「どうせやっても売れないだろ・・・」と意気消沈しますよね。

これで、初心者の時に自分は挫折したので、この精度を高めることが大切なのですが、沢山やって自分で検証する必要があります。

 

今もそういう時があります。だから数から逃げたくなります。

でも数でそこをカバーできるというのが事実です。

 

数をこなしてしっかりリサーチしながら、結果を検証するという流れです。

 

 

経験を重ねてくると半分自動で、やるべきことが山積みになってくる

それが、沢山の数をこなしていくことで、半年後に検証できる状態ができるので、イヤでもやるべきキーワードや案件が無限湧きしてる状態になりました。

 

フォルダーに次にやるサイトや案件、記事テーマなどをストックしています。

順に地道にこなしていくのですが、サイトや記事を作成する都度「どんどん連動」して半分自動で増えていきます。

 

リサーチをすると、同時に他のジャンル、同一ジャンルの別の案件やターゲット。キーワードが出てきます。

 

それをストックしておけば、サイトをつくりながら次のターゲットも膨らむように増えていきます。

この状態になったら、もう最低限の精度は担保されているわけです。

あとはどれだけこなせるか?

 

つまり、ここでまた数をこなすという段階にまた来たんだなと思います。

数から逃げたくなりますが、質を上げてやるべき作業が山積みになったら、あとは再び淡々と作業を地道に重ねる段階に戻ったのです。

 

初心者の方も、この流れを意識すると長期目線で地道に続けやすいと思います。

 

-未分類

Copyright© スーパーサイトアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.