物販アフィリエイト作業のやる気がしない時の裏技

投稿日:2016年11月20日 更新日:

物販アフィリエイト作業めんどうだ

やる気がしないから作業できない。「やらなければいけないのに困ったにゃ―!シャー!!」

hira88_sya-neko_tp_v

 

どうやったら「やる気」が出せるの?

人間の「やる気」は冷めるもので「やる気の無い状態」のほうが「圧倒的に長い」のが普通なんですよね。

常に「やる気満々」という人は実はいません。躁状態ですよね、そんな状態。下手すると「病気扱い」されます。そういうスゴイ人たまにいて「天才」と呼ばれてたりして物凄い作業量を短期間でこなし続けるのですが、いきなりフェードアウトしてどこか行っちゃうんですよね。そういう人は。ネコみたいに。

プログラマーに多いかも。何事も適度が良いと思います。

 

やる気ゼロでOK!

行動できている状態とは、淡々とやるべきことをこなしている状態なんですよね。やる気ゼロでも行動だけは淡々としている。

結局、行動(作業)することだけが大切。作業さえすれば良い。

→ やる気のあるなしは関係ないということなんです。

☑ 実は「やる気がない状態で淡々と作業できる」ことのほうが大切なんです(‘v‘)r

 

やる気はなくてOK(やる気はすぐに冷めるもの)

やる気がなければ行動できないとすると困ったことが起こります。やる気は外部からの「刺激」を必要とします。

外からの刺激 → やる気 → 行動

になるので、最初に外部からの刺激が必要になります。

 

やる気を出して行動するために、毎回「ロッキー」を見ますか? おかしいですよね。

 

やる気は最高でも2日で冷えるそうです。やる気がなければ行動できないとすると「2日」しか行動できないことになります。

たしかに「三日坊主」って言いますし、実際3日でギブアップすることが多いですよね。

これは昔からの法則なんですね。

 

やる気が冷める理由

行動を続けると変化します。人間は変化を嫌います。だから無意識に「やる気」は出なくなると、どこかの精神科医が本で教えてました。

会社をやめて自分で商売をはじめたことがある人はいますかね?数日間「やる気満々!」でも、徐々に「やる気」は消えていきますよね。

まして「思うようにお客さんが来てくれないと不安」で作業がますます手につかなくなります。

 

結果を出すための「行動」だけを淡々とやる

そこで必要なのは、結果を出すための行動です。アフィリエイトなら作業することですよね。

 

結果が出せる方法で作業を続けていけば、やがて急カーブで結果が出るのが俗に言う「成功曲線」と呼ばれるものです。熱していた釜が突然100℃を超えたら、沸騰する物理法則に類似しています。それまでは、いくら熱しても湯気すら出ない期間が続きます。

あらゆる物事の結果は「最低3ヶ月継続しないと出てくれないことのほうが多い」です。ダイエットやなにかの習い事。アフィリエイトもそうです。

この期間を「継続して行動しつづける」ことが「出来るか?」どうかが「結果を出せるかどうか!?」を決めます。あとは、この精度と作業量とラッキーが重なることが物販アフィリエイトでは重要です。ラッキーパンチが出るまで、記事を量産して不安を叩き潰しましょう。それしかないです。

やる気は2日で消えるので、「刺激を求めてノウハウコレレクター」になっちゃう人が多いのは、人間の性質上当然です。

そうなると、「結果を出すための行動」が全然進まない状態になります。実行しなければ、稼げるようになるわけがないのです。ダイエット方法を学んでも実行しなければ、痩せられないのと同じです。やるしかないんです。イヤでも!

 

やる気なんてどうでもいい

やる気が「あるなし」は関係ないです。

やる気は気分ですので、常にあるものでは無いのです。

また冷めるのが当たり前なので「やる気」の状態なんてどうでもいいんです。

 

大事なことは実際にイヤイヤでも行動することです。

やる気なしの行動のほうが価値が高いんです。

「やる気なしで行動できる?」

できますよね。歯磨きしてますよね?トイレ行きますよね?会社員なら通勤してイヤな仕事もがんばってやりますよね?

 

あなたの「日常を冷静に振り返る」と「答え」が出ている

みんな日常で「やる気」をイチイチ出して「生活」してますか?

お風呂に入るぞ!!しゃーこら!!

・・・みたいにしてませんよね?

 

「トイレ行くぞ!!思いっきり踏ん張って行くぞ!音楽でテンション上げてさぁトイレ行くぞ!!!」

これと同じなんですよね。

「やる気がないと、作業できない」って言ってる人は。

甘えてるだけなんですよ。サボりたいから。失敗したくないから。

 

習慣になるまで「無理やり」やること

「やる必要がある」ことは習慣になります。

「無意識レベル」でできちゃうんですよね。

だから、必要な行動が実行しやすいように計画にして今日やるリストを淡々とこなす。その際、やる気はいらないし「やる気がないけど作業できる」ように計画にするわけです。

計画の目的とは、やる気なしでも次にやることが決まっている状態を作ることです。

 

次やることが決まっていると、こなしていくだけの状態になります。単純化されるので、集中力が持続しやすくなります。フローとか言われる、程よい集中が持続している状態はこれだと言われています。

いわゆる「フロー状態」に入るためには、事前にTODOリストを作って単純化して次やることを考えなくても良い状態にすることがコツです

このように「計画」とはやる気を出すためのものではなくて、やる気がない時にちゃんと行動できるようにするためのものなんですよね。

 

これ気がついてなかったって人、多いんじゃないでしょうか?

シャー!!!

hira88_sya-neko_tp_v

結果が出ないからやる気が失せるに続きます。

>>結果がでないからやる気が失せる恐ろしい罠とは!?

-未分類

Copyright© スーパーサイトアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.