物販アフィリエイトで売れる案件かどうかを確認する裏技を暴露!

投稿日:

物販アフィリエイトで売れる案件かどうかを確認する裏技

徐々に「内部SEO」で上位表示されるサイトが増えて「ページの効果的な追加方法」もつかめてきました。

報酬の伸びはまだまだ初心者の領域なのですが、手応えを感じてきました。

沢山失敗を重ねて一番強烈に感じる変化は「売れない案件」を見分ける目利きが付いたことです。

 

☑ 今回は「売れる案件」を判別する方法を暴露します。

売れる案件より売れてない案件を見分ける力が重要

その前に、「紹介しても売れない案件」があることに気が付きました。ASPの営業の人はこの案件がおすすめですと、紹介してくれたりします。

でも「これは売れない・・・」と瞬間的に目利きができるようになってしまったら「でも、それ売れない・・・」と瞬時にわかるようになりました。

これは物凄い事だと思います。沢山案件を調べて無差別に紹介しまくった結果、身につけた力です。その意味でペラサイト量産で悲惨な結果になったのは、底力を得るために必要な道だったと思うようになってきました。

あのままペラサイト量産だけでは完全にアウトでしたが、100サイト程度量産してほとんど全滅させるまでは勉強になったとまだ取り返しが付くと感じています。

 

半年後残骸になったペラサイト量産後の取得ドメイン

 

☑ アフィリエイトは売れる案件を紹介することで報酬を得る仕事です。

売れない案件を頑張って紹介して売るのが仕事ではありません。

だから、商品の魅力を強調して「これは凄いんです!」など効果で訴求する切り口はあまりやらなくなりました。ノリで行ったほうがいい感じです。効果には個人差があり、薬事法もありますからね。

☑ 売れる売れないは広告主側の仕事

広告主側が売れる商品、サービスを作り広報し「知名度をUP」し「信頼」を高めてやっと「アフィリエイトする価値がある案件」になります。

その部分まで、アフィリエイターが担う必要はないし担うことも出来ないわけです。「割り切らないといけない」わけです。

アフィリエイターの仕事は売れている案件をさらに売れるように公式サイトに誘導することです。

☑ 売上の加速を手伝うということです

売れてない案件はテコでも動かないので無駄です。その「売れない」案件を扱うと「売れないサイト」とページが増えて「我々」が潰されます

そこで問題になるのは、これは「売れてそう!」と見つけた案件が実際に売れているかを見分ける手段です。

ASPでランクが上がると色々と情報が入りますが、初めて間もない初心者は手段がないのもアフィリエイトの理不尽なところなのですが、色々手段はあるので諦めないでトライすることが重要なわけです。

 

その物販アフィリエイト案件が「PPC広告」されているかどうかチェックする

売れている案件かどうかを判別する方法は、「PPC広告」している人がいるかどうかチェックすることです。

Yahoo!で検索し「PPC広告している人」がいたら「売れている案件」である可能性が高いです。

課金して集客して公式サイトに誘導しているのですから売れなければ赤字です。思っているより「PPC広告」はお金がかかります。

PPC広告の大半は禁止されているのですが「商標以外のキーワード」であれば「OK」という案件も結構あります。

「ダメ」と言われているのに真夜中にこっそりPPC広告を表示している人もいます。

 

そこまでしてPPC広告される理由はたった1つ

そこまでして広告するというのは、基本的に「売れている」からでなければできません。

☑ つまり、その案件は売れるというシグナルです。

やってて感じたのは「売れる案件の割合」が「ものすごく少ない」ということです。

つまりASPに登録されている案件の大半が紹介しても、ほとんど売れない可能性が高いということです。

売れる案件がかなり限られている

ペラサイト量産していた時は「なにもわからなかった」ので、のべつ幕なしで「上から順番に全部のジャンル」を紹介していました。

ペラサイトなので「どんなジャンルでも扱えた」というのもあります。

しかし、ジャンルにおいても売れるジャンル、まったく売れないジャンルがありますね。その差は歴然ですね。やってみてやっと理解できました。

つまり売れるジャンルに絞込み、さらにその中でも「本当に売れる案件だけに絞り込む」必要があるということです。

売れない案件も自分の力量で売る!それがアフィリエイターの実力だ」と思っていたのが全ての間違いの元です。

☑ 売れている。売れる案件だけしか扱ってはいけない

 

紹介できる案件数は貴重な枠なので選別が重要

紹介するにも、枠には限界があります。「この広告に差し替えてください。そうしたら特別単価報酬をお出しします」なんて言われてもそれが売れない、売れにくい案件であれば、収益は減りますよね。

だから、人が集まるサイトを作る力。ターゲットが検索するキーワードを選定する力。そのターゲットそのものの求めているものを把握するリサーチ力。

そして本当に売れる案件。エリート案件だけを扱う徹底したフィルターを持つ。これがもう全てです。

売れるジャンルで一般的に「売れる・儲かる!」と言われているジャンルでももう参入してもきついジャンルが結構ありますね。

逆に、だれもなにも言ってないジャンルですが、穴みたいなところがありますね。

そして一番重要なのは、売れない案件を判別する能力ですね。

 

物販アフィリエイトで稼げない最大の理由

☑ この売れない案件に触ってしまうことが「アフィリエイトで稼げない最大の理由」です。

ランディングページ(LP)を見ただけで、これはダメだ売れないと判別できるようにもなってきました。

 

発生しても承認されない条件の案件も判別できるようになってきました。

最初から売る気がないLPもかなり多いですよね。

絶対に「やっては行けないことを平気でやっているランディングページ」もかなり多いです。

確定しない条件の案件を紹介すると、こっちが潰されます

 

ネット通販に向いている商品やサービスが狙い目

ネット通販に向いている案件、向いていない案件の判別で「ジャンル単位での選別」もシンプルにできるようになってきました。

とりあえ、最初は沢山紹介して実際に売れて確定した案件とその周辺を拡充して水平展開でスケールしていく戦略を進めていくと確率がUPしますよね。

今、発生してくれているサイトは全体のサイト数の5%程度です。

300サイトくらいペラサイトを量産して発生ベースで1万円も稼げない人もかなりいるので、1割当たりサイトが出れば良いというのは嘘です。

体感的に1%です。単なるテンプレ量産型ペラサイトでは100サイトで1サイトですね。初心者なんてそんなものですよ。

相当、キーワード選定のスキルがある人は商標キーワード以外でもアクセスがあるターゲット集客サイトが作れます。人によりけりな数字になるのですが、アフィリエイト経験ゼロの初心者なら1%あるか無いかですよ。夢を見ないほうがいい。

自分の場合はペラサイトの確率は 1/100も無かった・・・

100サイトで5サイトくらい1つくらい商品が売れるサイトができました。

しかもペラサイトじゃない「ページ数」のそこそこあるサイトです。文字数も増やしました。

ペラサイトだと残念ながら「バックリンクなし」では「上位表示」が難しく「狙ったキーワード」で「ターゲットの集客」ができない状態で半年以上経過しました。想像以上に難しいです、ペラサイトでの挑戦は。かと言ってページ数の多いワードプレスでのサイトの場合、そこそこの体裁にするまで時間がかかります。

それでも全然売れないサイトは売れません。しかもペラサイトよりも作り方として全体構成を一応は考えて作れないと複数ページにするシナジーが発揮できないので意味がありません。つまりスキルがちょっと上になります。難しくなるわけです。ただ、ペラサイトよりアクセスを増やせる方法があるし、ドメインも大量に取らなくても良い点で圧倒的に優れているとも言えます。

 

ペラサイトからページ数のあるサイトに戦略を変更してやっと売れだした

途中、戦略を転換しページ数の多いサイトを作ることにしまた。

その結果、ちょっとずつですが報酬が得られる状態にやっとなってきました。

売れない案件を判別できる力が付いたので、打率が向上すると感じています。

これから自分が作るサイトや追加するページは過去の自分が作ったサイトやページより何倍も勝率の高いものになります

なぜなら、売れない案件を判別できるからです。売れる案件のチェック方法も実際に自分のサイトで売れたらそれは売れる案件です。さらにPPC広告の有無で確認できます。

なによりも売れない案件を判別できると最初から無駄がなくなり、売れる可能性のある案件だけ紹介できます。売れる確率がどう考えても上がります。

これが一番のアフィリエイトで重要な目利きのスキルだと思います。直感的にわかるようになってきました。新着案件のメールを1分程度で目を通す。全滅です「売れませんこれは」とすぐにわかる。前は全部紹介しようとしていたのです。この差はヤバイですよ。初心者の頃は絶対にわからない。

最初一番大切なことは「失敗しまくること」ですね。失敗したからこの新しい売れない案件を瞬時に見分けるスキルが身についたわけですからね。

 

物販アフィリエイトで「売れている案件」を探す方法のまとめ

☑ 売れない案件の見極めができるまで案件を紹介しまくり失敗しまくる→売れない案件がわかる→売れる案件がぽつぽつ出る→それは売れる案件

☑ 売れた案件のサイトはページ追加、新しいサイトを別の切り口で作成。同じジャンルで他の案件も紹介できるサイトを作るかページを追加する。

☑ 公式以外のアフィリエイターがPPC広告している場合は迷わずGO!

 

 

おすすめASP「アクセストレード」

アクセストレードは来店型アフィリエイトでも「電話アフィリエイト」も積極的に導入しています。最もおすすめのメインASPです。

アフィリエイトのアクセストレード
>> アクセストレード(アクトレ)

 

 

-未分類

Copyright© スーパーサイトアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.