物販アフィリエイトの記事タイトルと文字数への考え方(ここがタイトル(h1タグ)です)

投稿日:2017年9月3日 更新日:

アフィリエイト 記事タイトル 文字数(ここはh2タグです)

「秋の空 今日もおいしい キリン秋味」

ども!千葉名人です!

今回は「アフィリエイトの記事タイトルと文字数」についてのお話です。

これで記事作成の「面倒な作業」が「気楽な作業」に変化します!

 

記事タイトルを決める(ここはh3タグです)

記事タイトルとは、WordPressの場合は一番最初に文字を入れる空欄があります。そこに入れる文字です。

 

☑ htmlの固定サイトの場合は、以下の構成となります。

<title>タイトルを入れる</title>

<h1>大見出し</h1>

<p>文章</p>

 

<h2>中見出し</h2>

<p>文章</p>

 

<h3>小見出し</h3>

<p>文章</p>

 

千葉名人

WordPressだろうが、固定ページサイトだろうが同じです。ただ、WordPressの場合は、基本「h1タグがタイトルと自動で同じ」になります。固定ページの場合は、タイトルタグの中で狙っているキーワードだけを抽出して、入れる場合があります。ファイルのディレクトリー構造と同じでツリー形式になっています。

ポイントはタイトルとh1タグに入れるキーワードをしっかり決めることです。これができるだけで、かなり違います。ウェブ屋でも、ちゃんとやってない人がいます。これはとんでもない重要ポイントです。タダでオレもこんなお宝情報を教えたくなかったです・・・。だから1000円ちょうだい!

 

☑ WordPressのソースコードのタイトルはこうなります。

 

☑ WPテーマ「アフィンガー」でWordPressで「h1タグ」になる個所に文字を入れた画面です。これが同時に「titleタグ」にもなっているのが上の画像で確認できますね。

 

無理に狙いのメインキーワードを入れ込む必要なし(ここは<h3>タグです)

<h2>タグレベルまで、狙っているキーワードを含むようにすると良いです。<h3>タグまで、狙いの「メインキーワード」を無理に入れようとすると、記事が上手く作れない場合が出てきますので、無理に突っ込まないほうが良いと考えています。(もちろん入れられる場合は「入れたほうがよい」でしょう)

千葉名人

この記事の狙いのキーワードは「アフィリエイト 記事タイトル 文字数」です。

<p>タグの中は文章が入るのですが、狙っているキーワードを<strong>タグで強調すると、SEO効果があると言われています。

WordPressの場合は、文字を選んでボタンを押すだけでタグが自動で入るので、htmlの知識がなくても大丈夫です。WordPressなら内部SEO上重要な、カテゴリー設定もカンタンです。スマホにも対応しているテーマが沢山あり、使いながら覚えていけば良いので、初心者の方にもおすすめです。

WordPressなら、このタグを入れる作業も、文字を選んだ状態で「タグ」というボタンから選ぶだけです。

 

文字数が少なくても大丈夫?(h3タグです)

コンテンツボリューム(巨大サイト 1000記事超以上から)で勝負するサイトは、コンテンツの「情報量」と「質」の勝負になります。根気よく記事を増やして、アクセスユーザーの人気を獲得できるように地道にアクセスが無い時期こそ、淡々と記事をUPします。

最初、記事数が不足している段階ではアクセスは要りません。本気でだれも来なくていいです。かといって、後から完成してからまとめて記事をアップロードするのではなく、未完成でも記事を作りながらUPし続けるのが良いです。

早めにインデックスした情報が、googleに優遇されるからです。とりあえずUPして後から未完成な記事は修正しましょう。

 

最初から文字数を意識しない(h4タグです)

巨大サイトの場合は特に、あまり文字数を最初から意識しすぎると、『記事数が増やしづらくなったり、作業開始の腰が重くなる』時があります。

文字数が少なくても上位表示されるケースは『ライバルが弱い OR 少ないキーワード』を記事中に含んでいる場合です。

しかし、最終的に狙うのは強そうなライバルがいるキーワードです。タイトルにライバルだらけのキーワードをセットして「最も優れたコンテンツをUPする」のです。その記事の上位表示を支援する「膨大な数の記事」で上位表示を『内部SEO』で底支えして「真っ向勝負」します!

千葉名人

例えば脱毛なら「E脱毛エステ」のようなサイトを真正面から、時間をかけて「ぶっ潰しにかかる!」のです。

どのサイトだろうが恐れるほどのレベルではありません。すべて真上から見下して『必ずぶっ倒す!』と気合を入れて真っ向勝負しましょう。アフィリエイトサイトなんか『すべてが雑魚』ですよ。もっと上から目線で強気でいきましょう!!

 

文字数を安定的にナチュラルに増やす手法(h4タグです)

なかなか記事を増やすのが苦手な、わたくしめの場合は、とりあえず気楽に300文字くらい投稿してから、記事を改善改良する方式にしています。初稿は「もっと少なくてもいい」です。

DTPなどの世界では、最初の原稿を『初校』といいます。後から修正変更される「たたき台」になります。2校目、3校目、、、ひどいと10校目と修正していくのです。

千葉名人

でも、アフィリエイトの場合は自分で全てできるので、人に言われて修正するような辛さはありません。最初の原稿をライトにUPして、校正しながら仕上げましょう。

この方式なら文字数を意識しなくても良いですよ。むしろ、最終的に「文字が増えすぎて困っちゃいます」

文字数よりも先に質です。後から文字数は勝手に増えてしまいます。削る作業が大変なほどです。

 

後から修正加筆し記事をバージョンアップさせる方式にしましょう

こうすると記事数も「情報量もナチュラルに増やせる」ようになってきました。

千葉名人

後から修正、加筆する前提だと気楽です。どんなに気合を入れて作っても、どこか誤字脱字があったり、あとから見ると修正したくなります。

これはおそらく『知識量が増えている』からだと思います。記事をUPするほど、リサーチも増えて知識量が底上げされます。記事作成の合間にわからないことを、マメに調べるクセをつけると良いですね。

 

最初の投稿記事は300文字程度のツイートレベルでOK!(h4タグです)

後から、冷静に記事を見て大幅に直したい時も、最初の投稿の文字数が少ないほうが、思いきった修正変更加筆がしやすいです。

最初から、「一発で完成形にする!」と気合を入れた記事は、後から修正変更しずらい面があります。そう考えると、最初は軽く100文字でもOKというか、そのほうが良いくらいです。

なにか別のメモ帳やエバーノートなどに下書きをしても良いですし、いきなりWordPressに書いてもOKです。徐々に肉付けしていけば良いと思います。

千葉名人

イラストで言えば、『鉛筆での下書き』くらいの感覚で、100文字未満でもOKです。WordPressでとりあえずUPしちゃえばいいんです。この、サーバーにUPするのが実はとても重要で、とりあえずUPすると「完成度をUPしたい」という気持ちがでてきます。この心理を利用するのです。

あとは、リサーチをしながらしっかりわかりやすく、情報が伝わる文章になるよう、自分なりに試行錯誤しましょう。

 

その結果、300文字→1000文字→1500文字→3000文字→5000文字→10000文字と「質を担保」しながら、自然に情報量が増えて文字数が増えているようなイメージです。

最初から頑張って「文字数が多い情報満載の記事をつくるぞ!」とやるのではなく、後から修正変更、加筆するから「適当にとりあえずUP」する方式です。

 

こうすると、記事をUPするのがとても手軽になります。文字数が重要なのではなく、「結果として文字がふえちゃった」という流れです。

 

文字数を増やそう増やそうと考えると、どうでもいい情報が増える傾向があります。文章は本質として、伝えたいことが伝わるなら「文字は少ないほうが良い」です。

でも、この方式であれば文字が自然と増えることが多く、必要なければ無理に増やす必要もありません。

 

キーワード、h1、h2、とタグレベルでとりあえず「枠」(全体の大まかな骨組み)を作って簡素に少し文字を最低限で入れて「放置後」後から、修正で仕上げる感覚です。

 

デカイサイトは、アクセスが来るのが遅い(h4)

大きいサイトほど、なかなかアクセスが伸びないです。売れもしないし作業が大変に感じます。これは、ペラサイトの真逆です。

だから毎日じゃなくても少しづつ記事をUPするように努めます。

作り方を工夫すると最初、「小さいサイトの規模感」で構成し「チョロチョロと売れる状態」をキープしつつ、『巨大化』させるという手順も踏めると思います。

もし、その段階で「まったくダメ」でも最終的には物量作戦で圧倒的に勝つという戦略が採用できます。これが理想形です。キーワードのバランスが難しいので、初心者の方は気にせず、地味な作業を積み重ねてください。

これは、物販アフィリエイト初心者でも、文章が苦手な人にも適してる手法です。

記事を沢山UPし、改善改良していく過程で「リサーチ」が進みジャンルに詳しくなれます。その間に「作った記事」は無駄になりません。結果がダメでも、その記事は「サイトを下支えする力」になります。時間が経過するほど価値が増大します。思わず当たり記事になることもあります。

また、改善改良が前提なので、「冷静に自分の文章やサイトをチェックする力」も伸びて来ます。一石二鳥です。

 

地道に作られたサイトが一番強い(h4タグです)

一気に作業し作ったサイトよりも、できるだけ毎日、微弱な量でも積み上げた記事で作られたサイトのほうが、最終的に成果が爆発しやすいサイトになります。

簡素なサイトは、だれでもすぐに作れます。

でも、記事数が膨大な巨大サイトは「うわ・・・よくこんなサイト作ったな・・・(このジャンルはやめるか・・・)」とライバルが「見た瞬間意気消沈」します。

また作業も習慣化されるので、「どんどん向上していける」という側面があります。巨大サイトは成果がでるのが遅く、亀のようなスピード感に思える時があります。

 

百戦錬磨のスーパーアフィリエイターでも、1年後にやっと「1つ売れた!」みたいなケースもあるのです。しかし、そのような人は最初から「目先の結果はどうでも良い」と考えています。

千葉名人

なぜなら、ひとたび売れだすと「安定」し、

さらにアクセスが伸びだすと「爆発的に伸びていく」という

一発の夢があるからです。

 

>>さぁ始めよう!物販アフィリエイトを初心者が今すぐ初めて『内部SEO』もバッチリ行う鉄板手法を『全部無料』でぶっちゃけ曝露!!!

-未分類

Copyright© スーパーサイトアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.