アフィリエイト アフィリエイトの始め方

【大変動】アフィリエイトとgoogleの検索キーワードの順位と仕組み

投稿日:

千葉名人

Google の検索キーワードの順位が決まる仕組みの解説です。

Google の検索窓に入力して出てくる検索結果は Google のアルゴリズムによって決まっています。

アルゴリズムとは検索結果を決める仕組みのことです。

そのアルゴリズムはなにを指標に、検索順位を決定するかを知ることで、サイトアフィリエイトが楽しくなります。

 

また、どうしたら「あなたのサイトがgoogleで狙ったキーワードで上位表示されターゲットが集められるか?

googleの最大のお客さん【ビジネスモデルの中核】はだれか?

 

これらを知ることで、googleのアルゴリズム変化でイチイチそんなに一喜一憂しなくても良い状態になれます。

それでは、アルゴリズム決定要素を順番にチェックしていきましょう。

 

 

ドメインパワー

ドメインが運営されてから長い年月が経っているほど、ドメインパワーが強くなるサイトが増えます。蓄積された評価がドメインと紐付いているので、古いドメインほど強いドメインパワーを持つ傾向がありますが、コンテンツがよくなければ単に古いドメインであるだけで価値はありません。

 

古くから運営されている人気サイトは、 ドメインパワーが強いので新しく記事を投稿した瞬間にすぐ上位表示されるなどの優位性があります。

 

被リンク(外部SEO)

被リンクとは、あなたのサイトに外部のサイトからつけられたリンクのことを言います。

関連性の高いサイトや、信頼性の高いサイトなどから得たリンクはあなたのサイトの上位表示を支援する力になります。

 

アフィリエイトサイトは自然に被リンクを得ることが難しく、リピーターも指名検索も出づらいコンテンツになる傾向があります。

そのため自作自演で外部リンクをつける方法があります。

これをブラックハット SEO と呼びます。低品質な外部リンク、過度な自作自演の外部リンクはペナルティの対象となります。

 

Google が目視などでチェックし自作自演の被リンクを行うことで、人気サイトのように装い上位表示を獲得する手法は、本当に価値のあるサイトの上位表示を妨げる行為です。

 

それは Google の検索ユーザーにとってマイナスですので、 Google にとっても大きなマイナスとなります。自作自演の被リンクなのか、 実力で獲得した本当の被リンクなのかは判別が難しいので Google は試行錯誤し続けています。

 

その結果自作自演を行わないホワイトハット SEO と呼ばれる、実力勝負のコンテンツ作成を行っているサイトがより不利な状況になるというアルゴリズム編動画実施されているのが現状です。

 

それでも基本的に「ホワイトハット SEO が良い」と私は考えています。

 

ブラックハット SEO で一時的に上位表示できても、検索ユーザーの満足度の高いサイトを作るノウハウが伸びないと長期的にサイトアフィリエイトで稼ぎ続けることは困難だからです。

 

ブラックハット SEO の自作自演の被リンクで、月100万円以上稼いでいた人が突然全然稼げなくなってしまうと言う事例をいくつか見てきました。

 

コンテンツ SEO で上位表示を実現するノウハウがないと、突如として稼げなくなってしまうというケースがあります。そのためブラックハット SEO だけに依存した手法はおすすめ

ではありません。

 

ペラサイトなどの小さいサイトではブラックハット SEO は逆に必須だと思いますが、記事数の多いサイトではそれほど必要ないと私は考えています。

私の場合は被リンクを付けたとしても一本程度です。そのリンクから流れてきたユーザーが、このページに訪問できてよかったという場合のみにリンクを付けます。

 

これは Google が禁止しているものではありませんので、ブラックハット SEO ではございません。ハブサイトなどの運営は有益な外部リンクを出すことで行なっています。

 

ハブサイトとはメインサイトの補助となる外部サイトのことです。

必須ではありませんがジャンルにより「ハブサイトがあった方が良い」ものもあります。

 

キーワードの純度を下げずにキーワードのテールを伸ばしたい時に外部化しハブサイトにしてしまうという方法は SEO として利便性が高いと考えます。

 

 

サイトの信頼性

ETA(専門性、権威性、信頼性)が重要であるとも言われています。

例えば医療情報であるならば、病院のドメイン、公共機関のドメインなどが強いです。

人の命に関わる問題ですので、専門知識がない無責任な人が書いた記事が上位表示されると問題になる可能性があります。

 

そのため信頼性の高いドメインが優遇されるようになっています。

YMYL(生活に関わるジャンルの情報)は特に信頼性が重視されてきていると言われています。

 

 

サイト滞在時間

検索ユーザーの満足度が高いサイトほど滞在時間が長くなる傾向があります。

内部リンクで関連記事を表示し、次の記事へ誘導して検索ユーザーが求める情報を提供することでサイト滞在時間を伸ばしユーザーの満足度を高めることができます。

 

ペラサイトなどの小さいサイトではできない方法です。

サイトアフィリエイトワードプレスのブログで行う人がいるのは内部リンクの構築が簡単だからです。自然にサイト滞在時間の長いサイトを作りやすくなるように仕組みが出来上がっているので、WordPress でのサイトアフィリエイトはおすすめの方法の一つです。

 

指名検索(リピートアクセス)

何度も同じ人があなたのサイトにリピートでアクセスしてくれるサイトは強いです。

アクセスが底堅いので Google の変動にマイナスの影響を抜けづらくなるメリットもあります。 また Google にこれが評価される要素になります。

 

リピートでアクセスを得るサイトは「指名検索」を受けています。

指名検索とは、検索ユーザーが「あなたのサイトの名前」を検索エンジンに直接入力してアクセスしてくることです。

 

人気サイトは必ず氏名検索されています。

アフィリエイトサイトで指名検索を得ることは難しいと言われていますが、サイトに独自の名前をつけてユーザーが何度もアクセスしたくなるコンテンツをたくさんサイトに充実させていくことで氏名検索を得ることができます。

 

googleのビジネスモデルから逆算せよ

SEO の専門家は小手先の被リンクなどを重要視するのですが、 Google のビジネスモデルを考えればそのような姑息な方法は全く必要ないということを私が断言します。

 

Google という検索エンジンの最大の価値は何かわかりますか?

 

それは検索するユーザーが膨大にいるということです。

検索ボリュームが増大するほど、そのキーワードに対して競争入札で Google 広告に課金されます。

 

検索ユーザーが検索した時に上位に表示されるサイトの満足度が高ければ高いほど、 Google の広告収入も比例して増えていきます。

 

SEO の専門家が「サイトの信頼性や権威性が重要である」といい、その対策を実行するように顧客にアナウンスするのですが、膨大に存在するキーワードに対してどれだけのサイトが信頼性や権威性を実現できるのでしょうか?

千葉名人
私には絵空事にしか聞こえません。

 

googleの生命線は検索ユーザーの満足度

もう一度言いますが Google ビジネスモデルの中核は検索結果の「満足度」です。

もちろんそこに詐欺サイトや嘘の情報のサイトがあると Google の信頼が傷つきます。

 

重要なのは権威性や信頼性ではなくエビデンスのある正しい情報かつ、検索ユーザーが求めているものに答えることです。

 

 

権威があってもヤブ医者も多い

どんなに立派な病院であろうがヤブ医者は存在し、間違った医療情報も氾濫しています。

ヤブ医者に失望して漢方やサプリを求めている人だって膨大に存在します。全てにおいて万能なものはないのです。

 

また「専門家であることを証明する方法」も限られています。

昔からある医療系のドメイン。公共機関からのバックリンク。そのようなサイトは本業の方が忙しいのでサイトに膨大なコストをかけることはできません。

ですので PDF などのベタ貼り資料が何の翻訳もなく掲載される程度になってしまうのです。

 

 

結果として「ゴミのような検索結果」になる理由

googleが保証人制度のように信頼度の高いドメイン、被リンクを重視するほどPDFやAmazon、楽天などが上位表示されます。

しかし信頼性の高いドメインは情報発信に注力してません。

 

その結果、検索ユーザーが「これじゃない・・・」となる。これはgoogleに対する失望となります。

 

またAmazon、楽天などの場合、サイトを指名検索し内部で検索しユーザーはgoogleを経由せずに利用します。

 

Amazon、楽天ですでに囲われてフォローされている人はそこで扱ってない商品や情報を求めて検索します。

なのに、Amazon、楽天などをgoogleが上位表示する。これは検索ユーザーにとってめちゃくちゃ価値がないのです。

 

つまりgoogleの求める理想と現実が乖離していることが検索結果にそのままでているのです。

信頼できて権威があって安全なサイトで、なおかつ検索ユーザーの希望にドンピシャで答える。

 

そんなサイトを巨大資本側がわざわざ用意する必要性がないのです。

それはgoogleの利益にしかならないし、巨大資本サイトは「自前で集客できちゃってる」からです。

 

 

医者は本業に専念するのが正しい

またそれが間違っているのではなく、専門家は「本業に注力するのが本来正しい」ことです。

冷静に考えてください。

 

病院や医師などが「医療などを2の次に検索エンジンでの集客にコストを割いていたら本末転倒」です。

 

我々ができる最良の方法は、正しい情報をわかりやすくエビデンスを添えて提供するということです。

それさえしっかりできていれば、小手先の対策などは全く必要ありません。

 

信頼性、権威性が重視された。Amazon、楽天、病院機関が上位表示された。だからアフィリエイターもそれを実現するべし!!

という考えはあまりにアホです。

 

それは理想論にすぎないわけで、現実的に考えたら答えはでてます。

 

 

対策はどんなジャンルでも同じ

これは、どのジャンルだろうが一緒で自分が検索ユーザーだった場合に求めるサイトを作れば良いだけということです。

単にユーザーに対して一番役立つコンテンツを準備してるサイトを作っていけば良いのです。

巨大資本サイトは「かゆいところに手が届く」をgoogleのために実現する理由がありません。これは全てのジャンルで同じことです。

 

千葉名人

答えはシンプルです。その穴を補完していくことに専念するだけでサイトアフィリエイトは稼げます。

どんなにアルゴリズムが変動しようが、今後もサイトアフィリエイターやブロガーはgoogle(&検索ユーザー)にとって必要不可欠な存在なのです。

がんばって良いサイトを構築していきましょう!必ず報われます!!

-アフィリエイト, アフィリエイトの始め方
-

Copyright© スーパーサイトアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.