アフィリエイト アフィリエイトの始め方

アフィリエイターがTwitterをやめる方法

投稿日:2018年9月7日 更新日:

千葉名人

どうも千葉名人です!

新しいサイトを延々と作ってるのですが、アクセスが増えないのでヘラっています;;

そこで少しでも『無駄な時間』を減らすためにTwitterをやめることにしました。

Twitterとアフィリエイト

 

 

アフィリエイターがTwitterをやめる方法

googleが変動して複数サイトで不安定な動きが続いています。新しいサイトはなかなか上位表示されない状態です。

これは本気にならないと『相当にヤバイ』と思い、とりあえずTwitterをやめました。

 

Twitterをやめる方法は、アカウントをとりあえず削除することです。

 

気が変わったら「1ヶ月間」だけTwitterアカウントは「復活」させることもできます。

その間に、戻したい時は復活させればいいと思って、とりあえずアカウントを思い切って『削除』しちゃう感じです。

 

 

 

アフィリエイトする時間が足りないと思っているならTwitterやめろ

アフィリエイトする時間がほしいなら、Twitterを削除するのがおすすめです。

Twitterは初心者の方はある程度、有益な情報が得られるメリットが大きいと思います。ライバルと切磋琢磨するのも刺激的で良いことです。

 

最新の関連ニュースなども入ってきます。ただ、それ以上に無駄な情報が多すぎる面もありますので、アフィリエイト作業に集中できなくなるデメリットもあります。

 

googleの動きは自分で調べて把握するしかない

SEO関連の話題なども、正直目先の動きばかり追いかけてるSEO業者の受け売りが多く、本質部分の情報は無いなと感じました。

単にわーわーと騒ぎたいだけの人が多すぎるのでしょう。

 

最近のgoogleは色々と混乱した動きをしていて、もっと様子を見ないと方向感すらつかめない状態です。

他の人が運営してるサイトの動きはジャンルが異なることが多く、狙っているキーワードも違う場合がほとんどです。

 

やはり自分の持っているサイトのクエリを「GRC」などで監視しながら、一つ一つ検索して実際の検索結果も見る必要があります。

またライバルの変化も「ahrefs」を使って、被リンクなども含めて細かくチェックしないと肌感覚で状況を把握できません。

基本的に、まだサイトが少ない初心者の方は「とにかくサイトを作ること」が重要になります。

 

兵隊(サイト・狙うクエリ数)を増やすことで自分だけしか知りえない『価値の高いフィードバック』が得られるようになります。

これが一番重要で価値があると感じています。

 

 

ノウハウコレクターになって時間とお金を搾取されないで!

もう一つの問題は、作業そっちのけで『ノウハウコレクター』になってしまうことです。

noteや情報商材、セミナー、サロン、塾、コンサルに誘導されてしまうとお金も無駄に搾取されます。

※ ノウハウコレクターとは・・・「やり方」、「マインドセット()--=笑」などを調べて勉強しているだけで、実際にサイトを作らない人のこと

 

こうなってしまうと、時間の無駄が多くなり「本末転倒」ですので注意しましょう。

ここらへんのデメリットを、『自分で制御できない』と思ったらTwitterごとスッパリやめちゃうのもアリだと思います。

 

 

noteを買うのは馬鹿

情報をnoteなどから買うのも良いのですが、正直役に立たない情報が多すぎて驚きます。

一番の問題は、このようなものに使う時間です。

 

冷静に考えて欲しいのですが、本当に毎月100万円以上純利益で収益を確保している人が、毎日Twitterで必死にカモを集めるためにアホみたいにツイートしまくって、バックエンド案件に送客します?

 

オレならアフィリエイトだけにリソースを集中させて確定報酬を増やし続けますよ。

また、信頼をお金にする仕組みとか言う人がいますが、それってアフィリエイトでちゃんと稼げている部分があってこそですよね?

 

将来的にアフィリエイトで稼げなくなった時に備えて、信頼を作って情報屋やってるって意味がわからんですよw

なんで騙されるの???

 

アフィリエイト報酬は乱高下するのが普通で、今月厳しくなってるとか飛んだとか言ってる人が本当なんですよ。非常に現実は厳しいのですよ。

 

僕はこれだけ稼ぎました•̀.̫•́✧

「その方法はこちら!」

みたいに小賢しい商売してるのはフェイクに決まってるじゃないすかwww

 

 

マインドセットは水増し商法

マインドセットとか言って必ず精神論、自己啓発ネタを入れるのもアフィリエイトとはまったく関係ないですね。

もし自分が「情弱を集めて啓蒙するならどうするか?」を考えると、マインドセットとか言ってコンテンツを水増しするのは非常に便利に思います。

 

こういうものは、単純接触頻度が鍵になります。例えばメルマガなら毎日。ツイートも毎日やるほど、ターゲットは親近感を感じるようになります。

そのためには「アフィリエイトの情報だけ」ではネタがどうしても足りなくなりますので、マインドセット情報は非常に便利なネタ元となるわけです。

そして恐ろしいことに稼げない人ほど「マインドセット」と念仏のように唱えるようになります。

 

マインドセットと念仏のように唱えてペラサイトを量産している人が、1000サイト以上作成しても、やっぱり月10万円も稼げず失踪したりするわけです。

 

 

考えると情弱相手にノウハウ教えるのは美味しい

でも考えると正直間違いなく美味しいジャンルですよね。情弱相手にノウハウ教えて儲けるのは。

 

オレもみんなに、「楽して儲けられたよ!」その方法はこちら

って情弱をカモにした商売やりたくなってきたw

 

でもね。正直アフィリエイトって無茶苦茶大変。これがリアルなんですよ。

 

オレが思ったのは、中古ドメインでアフィリエイトをシコシコやってミニサイトやWordPressブログで、アフィリエイト特化で稼いでる人たちいるじゃないですか。

ここらへんで、情報屋やってない人のほうが圧倒的に信頼できるんですよ。

 

そういう人たちは報酬がやっぱり乱高下していて、「ああ、ガチだなw」とわかるんですよね。

稼ぎました→有料情報はこちら!

って人はフェイクばっかり。

 

さらにヒドイ人は、すぐに「100万円突破しました!」みたいに登場して、すぐに情報屋始める。嘘ついてね。

よくそんなことできるよなぁ・・・

逆にそれだけアフィリエイトで稼ぐのは難しいとも言えるのでしょうね。

 

最初は得に運要素が大きく、そこで波に乗って小さい成功体験ができると後に繋がります。

できないとやる気が消えちゃいますので、作業が続かず挫折することになります。その意味で、最初の半年、一年がかなり重要だと思います。普通の人は、3ヶ月作業継続できずにやめていきます。

これが普通です。

千葉名人

オレも3ヶ月作業してもまったく売れなく、1度完全に挫折してアフィリエイトを辞めたのですが、後から報酬画面に高額案件が発生して「やったぁああ!」と息を吹き返したラッキーマンです。

 

 

同業者と馴れ合うのは時間の無駄

正直、他の同業者と無駄に馴れ合うことは、低レベルで停滞する恐れがありますよね。どんな商売でも同じだと思うんですよ。

どうせなら異業種の人と仲良くなって情報交換するほうが実りが多いです。

 

例えば、受託制作業務をしている場合は複数の業種の方と取引できます。このメリットは大きいです。

仲良くしてもらって様々な話を聞けるのは非常に有益なことです。

 

やはり商売で勝つためには、同業者との競争から『どこかの部分』で優位性を発見し、それを生かして圧倒的に突き抜ける必要があるでしょう。

低いレベルでぬくぬくと安住することを常に危惧するほうが成長できると考えています。

馴れ合いは甘えです。

 

 

Twitterどころじゃねぇ

現在わたくしめのアフィリエイトの売上は横ばいで、売れる案件が一部に集中し伸びてるのですが反面「非常にリスキー」な状態です。

やはり複数案件(30案件以上)が、いくつかのサイトから分散して売れるのが理想形だと感じています。

 

一点集中で飛び抜けたサイトを作りたいというのもありますが、それも含めて『サイトを分散したほうが良い』と感じています。

 

googleのアルゴリズム変動でミドルキーワードがなかなか上位を取れなくなったことと、ロングテールキーワードでも苦しいクエリが増えてるのが原因です。

 

 

アフィリエイトもリスク分散が良い

アフィリエイトは特に、SEOや案件に依存しますので「リスクを分散できないと精神的に落ち着かない商売」です。

 

普通の商売でも取引先を沢山作って、リスク分散させることが基本と言われています。

25社程度取引先ができると、8割の売上が全体の2割の取引先に集中すると言われています。

 

これは、アフィリエイトも同じだと思います。

 

 

困難を克服し「現状打破」したい

頼みの「新しいサイト」がまったく伸びない状態はきついものがあります。

現状を打開するためには、使える時間の全てを『作業に集中』しなければなりません。

 

新しいアルゴリズムの影響かサイトが検索結果で上位に上がるのが、とにかく遅くなっているという実感です。

 

昔作って少し売れて稼いでいたペラサイトの商標サイトは順位をほとんど下げてしまいました。ズラシキーワードでライバル不在のものだけがペラサイトではかろうじて残ってるのですが、売上貢献は弱いです。

わたくしめの手法の場合、稼ぎを伸ばすためには、ある程度のボリュームのあるサイトを作って行かない感じです。

 

現在、googleの変動やアップルのITP2.0などアフィリエイトには『逆風』が吹き続けています。

ある程度、サイトを絞ってリソースを集中させて突き抜けるまで続ける必要がありそうです。

 

 

googleが壊れている

インデックスも遅くなっていてクローラーも巡回頻度も不調です。

なんだかgoogleが壊れているような、残念な状態のクエリが増えています。

 

なんかgoogleが「処理の負荷を抑えるためにセコい動きをしてるんじゃね?」理論がガチっぽい雰囲気があります。

ちょっと前にペラサイトが大量生産されてxyzドメインが上位表示されづらくなった流れを見ると、ガチっぽいんですよね・・・

簡易版Search Consoleに登録してもインデックスされなくなったころから色々と混乱しているんですよね。

 

>> インデックス要求「簡易版Search Console」が廃止された・・・

 

 

ワードサラダの中古ドメインが強すぎる

凄くペラサイトが増えた時、商標キーワードでgoogleがバグってるような状態になって「ワードサラダの中古ドメイン」が上位になったりするのを見ていました。

google側に相当な負荷が増え続けていることは間違いないと思います。

※ ワードサラダとは、ツールで単語を狙うキーワードで自動組み立てした無茶苦茶な文章の文字の塊のことを言います。今も普通にたまに検索してると見かけると思います。

 

またYMYLジャンル規制のためgoogleは被リンクの多い「アットコスメ」、「Amazon」、「楽天」、「Twitter」のハッシュタグなどを検索上位で表示するようになりました。

被リンクの信頼性が乏しいサイトを相対的に下げるために、法人で価値の高い被リンクを獲得している『トラフィックの大きいサイト』をより上位にしているように見えます。

 

千葉名人

いやぁ今回のgoogleの変動や、ITP2.0は本当に厳しいっすね・・・

ホワイトハットも、ここまで冷遇されると本当につまんない。良い意味でのgoogleらしいドラスティックさが足りないですね。

しかし、ここを乗り切ることができたら間違いなく「黄金時代」が来ることでしょう。

はぁー・・・しんどい

-アフィリエイト, アフィリエイトの始め方
-

Copyright© スーパーサイトアフィリエイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.